格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

AQUOS SH-M01のスペック・評価・評判まとめ

投稿日:2016年2月3日 更新日:

AQUOS SH-M01

AQUOS SH-M01はシャープ製のスマホで、MVNO事業者向けに制作された格安スマホです。
最大の特徴は世界ではじめて量産化に成功したIGZOを使った液晶ディスプレイで省エネ機能が高いことです。
これまでAQUOSケータイを使っていた方におすすめのスマホでしょう。

AQUOS SH-M01のおすすめポイント

  • 幅63mmのスリムボディ
  • 安心の電池持ち3日間
  • 防水でコンパクトなデザイン

AQUOS SH-M01のスペック

OS Android 4.4.2
CPU MSM8974 2.2GHz(クアッドコア)
画面サイズ 4.5インチ
解像度 1,080×1,920(フルHD)
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面120万画素、背面1310万画素
バッテリー容量 2,120mAh
重量 120g
外部SDカード microSDカード対応(最大32GB)
寸法 約128mm x 63mm x 9.8mm
防水/防塵 ○/×
ワンセグ/フルセグ ○/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM microSIM
カラー ホワイト、ブラック
限定カラー レッド(楽天モバイル)販売終了

バッテリー交換は電池が内蔵されているため出来ません。

AQUOS SH-M01の対応バンド

2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz(プラチナバンド)

BAND 1/3/19/21

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があればDocomoの回線は問題なく使えます。

au系の格安SIMは対応していません。

AQUOS SH-M01の評価・評判

2014年12月発売とやや古い端末。現在は後継機種のAQUOS SH-RM02が販売されています。

IGZO液晶なので解像度が高く見えるのに加えバッテリーの減りが少ないと多くの方が評価しています。

タッチパネルの操作性が向上しており、反応が良く細いペン先にも反応します。

発売当時の販売価格は57,000円程度とやや高めの設定となっています。

AQUOS SH-M01の購入できるところは

過去に楽天モバイルやDMMモバイルでも取り扱っていた端末ですが、現在ではBIGLOBEのみで取り扱っています。終了しました。

現在の料金は以下のとおりです。

購入場所 一括 分割 備考
Amazon 48,000円

AQUOS SH-M01の後継端末AQUOS mini SH-M03が販売をしています。こちらで購入するよりも性能的には上なので中古端末を買うよりもこちらを新品で買った方が良いです。

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03
価格:49,800円〜 4.7インチ、Qualcomm® Snapdragon™ 808(MSM8992)1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド) ヘキサコア、Android 6.0、メインカメラ1300万画素、2810 mAh、メモリ3GB、容量16GB、重さ120g、防水・防塵機能、おサイフケータイ、ワンセグ対応
AQUOS mini SH-M03は4.7インチの手のひらサイズのスマホで防水・防塵、ワンセグに対応しています。 高速スクロールやビデオ撮影時に滑らかな動きを再現。SHARPシリーズでSIMフリー端末を買うならこの端末がおすすめ。

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.