格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

arrows M02/RM02のスペック・評価・評判まとめ

投稿日:2016年1月31日 更新日:

arrows M02/RM02

arrows M02/RM02は富士通から販売されている日本製のスマートフォンです。

価格は3万円程度で、数多くの格安スマホ会社がセット販売をしています。

2015年はZenFoneやP8lateなどの海外製格安端末が人気でしたが、2016年の人気ナンバーワン端末はarrows M02/RM02です。

arrows M02/RM02は、お財布ケータイ、防水、防塵、VoLTE対応でありながら電池持ちが良いので、型落ちのスマホではなく最新のスマホとして取り扱いができます。

arrows M02とarrows RM02に違いはなく、楽天モバイルで販売されているものをarrows RM02をいいます。

購入場所によって、購入金額や、カラーバリエーションが異なるので、整理していきましょう。

→7月下旬に後継機種販売が決定!詳しくは、arrows M03

arrows M02/RM02のスペック

OS Android 5.1
CPU MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
画面サイズ 5インチ有機ELディスプレイ
解像度 1280×720
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面240万画素、背面810万画素
バッテリー容量 2330 mAh
重量 149g
外部SDカード microSDカード対応
寸法 高さ約141mm×幅約68.9mm×厚さ約8.9mm
防水/防塵 ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ
テザリング
SIM nanoSIM
カラー ホワイト、ブラック
限定カラー Gold(楽天モバイル)
Pink(mineo)
Royal Blue(J:COM)

arrows M02/RM02の対応バンド

  • LTE 2.1GHz(1),1.7GHz(3),900MHz(8),800MHz(18,19)
  • 3G 2.1GHz(1),900MHz(8),800MHz(6,19)

詳しくはカタログより

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

なのでBAND1/3/19があればDocomoの回線は問題なく使えます。

auの格安SIMも使える

auのBANDは1/11/18/28/41。

auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

この2つのBANDに対応できていれば問題なく使うことができます。

arrows M02/RM02の評価・評判

これまで格安スマホで人気のあるモデルは海外製の低価格端末はZenFone2,Huawei P8liteでした。

コスパの高いモデルで価格に対して高性能で人気がありました。

今回、arrows M02/RM02が人気が出た理由として

  • MIL規格の防水防塵対応
  • 電池持ちの長さ
  • 日本製のスマホ

の3つが挙げられます。

ZenFone2,Huawei P8liteとの大きな違いとして、防水防塵対応をしているところです。

高湿度条件下での利用は富士通独自の試験基準をクリアしており、お風呂でもつかうことができます。

ただし、湯船につけたり、シャンプーなどの洗剤をつけることは推奨されていないので注意が必要となります。

電池の長さは、アマゾンでのレビューを見ても良好です。

arrows M02/RM02のレビュー

格安スマホに切り替えたいけど、海外ブランドのスマホを使うことに抵抗があって断念していた方が、国内メーカーの高性能端末への切り替えしているケースが多いです。

国内メーカーならではのおサイフケータイ・edyに対応

対応しているサービスは、モバイルSuica、モバイルWAON、楽天Edy、QUICPay モバイル、ローソンモバイルPontaです。

これまでおサイフケータイを使っていた方におすすめです。

arrows M02/RM02は画面が割れやすいので注意が必要

Amazonのレビューを見ればわかりますが、星1つが多いです。その理由の大半が画面割れです。

腰の高さから落としても割れてしまっても、割れてしまって修理が必要になります。

もし、購入するのであればarrows M03の方が強度が高くなっているのでこちらがおすすめです。

arrows M03

FARM06102 [arrows M03 黒]
価格:32,800円〜 5.0インチHD IPS液晶、MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)、Android 6.0、メインカメラ1310万画素、2580 mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ141g、防水・防塵機能、おサイフケータイ、ワンセグ対応
arrows M03はarrows M02/RM02の後継機種で、電池持ちの良さ、防水・防塵対応に加えワンセグ対応の日本製スマホです。 ドコモ系の格安SIMだけでなくau系の格安SIMも使えるので、日本製のスマホを購入したいならがarrows M03おすすめです。

もしarrows M02/RM02を購入する場合は、予防でスマホカバーとガラスフィルムを購入しておくようにしましょう。

arrows M02/RM02の購入するできるところは

買う場所によって限定カラーも違えば、価格も異なります。各社キャンペーンを実施しています。

購入場所 一括 分割 備考
Amazon 27,000円
楽天モバイル 29,800円 1,341円
mineo 24,000円 1,000円
BIGLOBE なし 1,380円
NifMo 1,389円 キャンペーンあり
UQ mobile 34,800円 1,450円 MNPで実質0円

大きくキャンペーンを行っているのは楽天モバイル、NifMo、UQ mobileの3社。

お得度で考えるとUQmobileが端末代金が実質0円でトップ。次にキャッシュバックのあるNifMoです。

UQmobile

格安SIMの実測スピードNO.1! 無料通話のついたぴったりプランは1,980円〜。時間帯によっては大手キャリアよりも通信速度が速い場合あり!速度で選ぶならUQmobileがおすすめ! MNP(乗り換え)でセット端末を実質0円で販売中!

NifMo

コストパフォーマンス部門1位! 2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。 9月30日まで最大20,000円のキャッシュバック実施中!端末セット割・キャッシュバックで大幅値引き!最新端末を安く購入するならNifMoが一番!

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)

 

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.