格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

コラム

日本製スマホ比較 arrows M03 VS AQUOS mini SH-M03。どちらが買い?

投稿日:2016年7月6日 更新日:

arrows M03 VS AQUOS mini SH-M03

2016年7月下旬に富士通のarrows M03とシャープのAQUOS mini SH-M03が販売されいます。

日本製の格安スマホ向けのSIMフリー機で、海外メーカーでは不安な方にはどちらを買うのか迷うのではないでしょうか。

共通点としては、防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグなど日本仕様のサービスに対応しているところ。

今回は、この日本製の2モデルのどちらを購入すればいいのか?迷っている方に向けてスペックと価格からどちらが買いなのか?を紹介したいと思います。

スペック比較

arrows M03 AQUOS mini SH-M03
arrows M03 AQUOS mini SH-M03
OS Android™ 6.0
Android 6.0
CPU MSM8916 1.2GHz(コア数 4)
Qualcomm® Snapdragon™ 808(MSM8992)1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド) コア数 6
画面サイズ 約5.0インチHD IPS液晶 4.7インチ フルHD
解像度 1280×720 1,080×1,920ドット
メモリ 2GB 3GB
データ容量 16GB 16GB
カメラ 前面500万画素、背面1310万画素 前面800万画素、背面1300万画素
バッテリー容量 2580mAh
2,810mAh
重量 約141g 約120g
外部SDカード microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB) microSDカード対応(最大200GB)
寸法 高さ約144mm×幅72mm×厚さ7.8mm 高さ約126mm×幅66mm×厚さ8.9mm
防水/防塵 ○/○ ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/× ○/×
おサイフケータイ
テザリング
SIM nanoSIM nanoSIM
カラー ホワイト、ブラック、ピンク ホワイト、ブラック、ゴールド
限定カラー Gold(楽天モバイル)
Pink(mineo)
値段 2万9800円~ 4万4800円~

比較すると明らかにAQUOS mini SH-M03の方がハイスペックです。何がどう違うのか?分かりにくい部分を整理していきましょう。

注:用語の解説はわかりやすさを優先するのでニュアンスとして伝える部分もあります。

CPUを比較

  • CPUとは作業する人の頭脳のこと。
  • コア数は作業する人数のこと。
  • クロック周波数(◯GHz)は作業する人のスピード

arrows M03:MSM8916 1.2GHz(コア数 4)→1.2GHzのスピードで仕事ができる人が4人いる。

AQUOS mini SH-M03:

Qualcomm® Snapdragon™ 808(MSM8992)1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド) コア数 6→1.8GHzのスピードで仕事ができる人が2人、1.4GHzのスピードで仕事ができる人が4人いる。

 

仕事ができる人数やスピードを見ても明らかですよね。

RAMが2GBと3GBだとどう違うの?

arrows M03とAQUOS mini SH-M03を比較した際にもうひとつ分かりにくいのがRAMです。

RAMとは作業するスペースの広さのことです。

机などだとが広い方が仕事がしやすいですよね。

 

こちらも2GBと3GBでは数字の多い方が処理能力が高いのですが、2GBであれば十分対応出来る速度でもあります。同一端末で比較した動画があるので参考に見てもらえれば分かると思います。

 

もちろん、多いに越したことはありませんが、大幅な差はないかと思います。ただ、負荷の高いゲームや並列して音楽を流すなど行う場合はRAMは高い方がいいです。

まとめ

AQUOS mini SH-M03の方が約1万5000円高いです。

その分、スペックのCPU、RAM、解像度、バッテリー容量などがarrows M03に比べて高くなっています。使用用途によって、おすすめ出来る人が異なってきます。使用用途別に分けると以下のような形になります。

  • ゲームや動画などに活用するならAQUOS mini SH-M03
  • 一通りの操作ができてSNSや音楽などがメインならarrows M03

対応バンドはarrows M03の方が広くau系の格安SIMでも使える26にも対応しているので、mineoやUQモバイルを使う場合はarrows M03の方が無難な選択になるでしょう。

通信速度が安定しているのはau系なので、当サイトとしてはarrows M03をおすすめします。

セット端末の場合は、キャンペーンなども各社で用意しており、20,000円程度の差が出ているので詳細ページを確認してから買いましょう。

arrows M03

FARM06102 [arrows M03 黒]
価格:32,800円〜 5.0インチHD IPS液晶、MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)、Android 6.0、メインカメラ1310万画素、2580 mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ141g、防水・防塵機能、おサイフケータイ、ワンセグ対応
arrows M03はarrows M02/RM02の後継機種で、電池持ちの良さ、防水・防塵対応に加えワンセグ対応の日本製スマホです。 ドコモ系の格安SIMだけでなくau系の格安SIMも使えるので、日本製のスマホを購入したいならがarrows M03おすすめです。

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03
価格:49,800円〜 4.7インチ、Qualcomm® Snapdragon™ 808(MSM8992)1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド) ヘキサコア、Android 6.0、メインカメラ1300万画素、2810 mAh、メモリ3GB、容量16GB、重さ120g、防水・防塵機能、おサイフケータイ、ワンセグ対応
AQUOS mini SH-M03は4.7インチの手のひらサイズのスマホで防水・防塵、ワンセグに対応しています。 高速スクロールやビデオ撮影時に滑らかな動きを再現。SHARPシリーズでSIMフリー端末を買うならこの端末がおすすめ。

アドセンス

アドセンス

-コラム

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.