格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

店頭販売で購入できる格安スマホ

BIC SIM(ビックシム)が格安スマホ満足度NO.1?選ばれる理由、購入方法や注意点

投稿日:

BIC SIMとは、家電量販店ビックカメラとIIJmioが提携している格安スマホで、店頭契約の出来る格安スマホです。

2013年6月14日(金)から販売をスタートし、専用カウンター設置。格安SIM業者では珍しく、担当員と相談しながらプランを検討することができます。

初めての格安SIM購入やネット経由で購入するのに抵抗がある方にオススメですね。

今回は、BIC SIMが選ばれる理由や購入方法と注意点を紹介していきます。

BIC SIMってなに?

BIC SIMとは、IIJmioがビックカメラのパッケージをつけたもの。

パッケージ、名前が変わっただけで実際には中身が一緒なんです。

  • 料金プラン 同じ内容
  • 通信速度 同じ内容
  • IIJmio独自のオプション 同じ内容(電話が60%オフになるサービスも使えます。)

詳しいことは、以下でまとめていますの確認しておきましょう。

参考:IIJmio(みおふぉん)家族で乗り換えると通信費を70%削減も可能な格安スマホ

名前以外は、全て一緒なんですね。

BIC SIM独自のサービスとは

IIJmioよりもBiC SIMがオススメな理由は、ビックカメラ独自の特典をつけているからなんです。

月額制公衆無線LANサービスが無料

マクドナルドやスタバなどのチェーン店で使える公衆無線LAN「Wi2 300」が無料で使えます。

新幹線や航空などの交通機関でも利用出来るサービスで、本来なら月額390円。

公共Wi-Fiでデータ容量を節約することができます。

IIJmioと同じ値段で、BIC SIMの方が月額390円分上乗せの価値があるわけです。

ビッグカメラでプランを相談しながら検討できる

bsc-image

多くの格安スマホは、ネットで申し込みが定番。そのため、格安スマホを使いたいのにネットで買うのが不安だなぁ。と思うユーザーに対応できていませんでした。

ビックカメラの BICSIMカウンターであれば、担当員と相談しながらプランを検討し購入することができます。

格安スマホを使うために必要となるAPN設定も、やってくれるため格安スマホ初心者でも安心して契約が出来る仕組みとなっています。

ただし、有料サービスなので、注意が必要です。

BIC SIMカウンターでの初心者向けの設定サービスと料金プランは以下のようになります。

  • 60分フルサポートパック 4,980円 (設定+使い方)
  • 【開通作業】データ通信SIMカード開通サポート 1980円
  • BICSIM&スマホはじめてセット 1980円(スマホ契約が初めての方向け)
  • BICSIMスタートセット 1280円(接続設定のみ)
  • BIC SIMのりかえセット 1680円(接続設定+メール設定)
  • BICSIM APN設定 980円(接続設定のみ。キャリア→格安スマホ向け)

※全て税抜価格

用途に応じて教えてもらえますので、不安な方は使ってみるといいですね。

980円の設定だけでもかなり楽ですよ。

BIC SIMでIIJmioのサポートが強化

2015年10月14日よりBICSIMカウンターでのサービス内容が増えました。

出来ることをまとめてると

  • 「BIC SIM音声通話パック」の新規ご契約
  • 「BIC SIM音声通話パック」に新規ご契約で他社から乗り換え(MNP転入)
  • その他「BIC SIM」に関する各種案内

(以下追加内容)

  • SIMカードサイズの変更
  • SIMカードの追加発行
  • SIMカードの再発行
  • 「モバイルオプション」の申し込み

「BIC SIMカウンター」においてSIMカードの変更、追加発行の即日対応を開始 より抜粋)

SIMカードの追加などは、ネット経由で数日時間が必要でしたが、今後は即日で申し込みが完了できます。

IIJmioユーザーのサポート体制の充実がよくわかりますね。

特に、SIMカードの再発行や、追加は急に必要なケースが多いことでしょう。いつでも即日発行してもらえる安心感があるのでユーザーとしては安心できるスマホですよね。

BIC SIMにしたい!契約するには何をすれば良いの?

BIC SIMにする方法は、

  1. 使えるスマホを準備する。
  2. BIC SIMカードを手に入れる。
  3. 設定をする

の3ステップです。

使えるスマホを準備する

BIC SIMで使えるスマホはDocomoのスマホか、SIMフリースマホとなります。

SIMカードのみの販売でセット販売されているスマホはありません。

iPhoneでしたら、中古でも販売されていますので探してみるといいですね。

ドコモの白ロムiPhone6なら5万程度ですよ。

また、SIMフリー機は、様々な種類がありますのでこちらから検討してみてください。

参考:格安スマホでセット販売されているSIMフリースマホまとめ

自分で設定するネットでカードを手に入れる場合

AmazonなどのオンラインストアでBIC SIMを購入できます。

ネット経由での設定は自分で行いますので、IIJmioの設定の仕方を参考にしながらAPN設定を行いましょう。

参考:IIJmioのAPN設定方法

会員登録に必要な情報

  • メールアドレス
  • お名前
  • 日本国内の住所
  • 昼間の連絡先(日本国内の電話番号)
  • ご契約者のクレジットカード情報

店舗に行く場合

 

データ容量などを相談しながら決めることができます。設定も有料でやってもらえます。

必要なもの

  • 本人確認書類(免許証など)
  • クレジットカード
  • メールアドレス

対応店舗はこちらから

BICSIMカウンター実施店舗

BICSIMはどんな人にオススメ?

  • 店舗対応で格安スマホを購入した人
  • 安定した速度でスマホを使いたい方
  • 公共Wi-Fiを使って節約をしたい方
  • ファミリーで格安スマホを使いたい方

一人であれば音声対応付きで1600円程度から使うことができます。

IIJmioはファミリーシェアプランが売りなのでBICSIMも同様にオススメなんですよね。

誰かに聞きたい方はBICSIMを選ぶようにしましょう。

アドセンス

アドセンス

-店頭販売で購入できる格安スマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.