コラム

格安スマホは結局高くつくのか?キャリアスマホと格安スマホの料金プランを比較してみた

更新日:

「格安スマホは結局、高くつくらしい。」「ワイモバイルは全部コミコミ。」

20分以上の通話の場合と明記してありましたが、本当にそうでしょうか?

格安スマホに切り替える際に気になること。それは電話代金込みの念弾ですよね。

通話込みでどこが安くなるのか。これから検証していきましょう。

Y!Mobileとキャリアスマホの値段比較

まずは、Y!モバイルとキャリアスマホの値段の比較をしてみましょう。

キャリア Docomo au SoftBank Y!mobile
基本料金(プラン名) 2,700円(カケホーダイ) 2,700円(電話カケ放題) 2,700円(電話し放題) -
インターネット接続料金 300円(spモード) 300円(LTENET) 300円(S!ベーシック) -
1GB - - - 2,980円
2GB 3,500円 3,500円 3,500円
3GB - 4,200円 - 3,980円
5GB 5,000円円 5,000円 5,000円 -
7GB - - - 5,980円
月額料金合計 6,500円〜 6,500円〜 6,500円〜 2,980円

比べるまでもないですよね。キャリアと比べた場合は明らかに安くなります。

通話に関しては、月に300回までの10分の通話なら無料で、短い時間の通話には強いのが特徴。オプションとして、スーパーだれとでも定額を追加すれば、かけ放題プランと同様のサービスを受けられます。

1GBであれば、3,980円〜かけ放題のプランを利用できるので比べても安価で通話し放題のスマホを使えることでしょう。

では、格安スマホとの比較はどうでしょうか。

格安スマホとY!モバイル比較

Y!mobile DMMmobile mineo IIJmio
1GB 2,980円 1,260円 1,410円 -
3GB 3,980円 1,500円 1,510円 1,600円
5GB - 1,970円 2,190円 2,220円
7GB 5,980円 2,560円 - -

 

基本使用料を比較すると、通話無しの状態なら格安スマホが圧勝ですね。

通話料分を加えてみましょう。

通常、各社の通話料金は20円/30秒となっていますので、

  • 20分通話:800円
  • 30分通話:1200円
  • 40分通話:1600円

こちらを考慮して計算していきましょう。

20分通話した場合(800円追加)

Y!mobile DMMmobile mineo IIJmio
1GB 2,980円 2,060円 2,210円 -
3GB 3,980円 2,300円 2,310円 2,400円
5GB - 2,770円 2,990円 3,020円
7GB 5,980円 3,360円 - -

あれ…全部Y!モバイルの方が高いじゃん…。

30分通話した場合(1200円追加)

Y!mobile DMMmobile mineo IIJmio
1GB 2,980円 2,460円 2,610円 -
3GB 3,980円 2,700円 2,710円 2,800円
5GB - 3,170円 3,390円 3,420円
7GB 5,980円 3,760円 - -

まだY!モバイルの方が高い…。あのCM嘘じゃ…。

40分通話した場合(1600円追加)

Y!mobile DMMmobile mineo IIJmio
1GB 2,980円 2,860円 3,010円 -
3GB 3,980円 3,100円 3,110円 3,200円
5GB - 3,570円 3,790円 3,820円
7GB 5,980円 4,160円 - -

おっ!やっと2,980円のプランでY!モバイルより高いプランが出てきました!

おそらく分岐点は40分の通話なんですね。(あのCMは信用しちゃいけません!)

 

格安スマホの通話料は半額になる

格安スマホの通話料はアプリなどを使えば半額になります。

  • 楽天でんわ(すべての格安スマホ)
  • みおふぉんダイアル(IIJmio)
  • LaLa Call(mineo)

楽天でんわ、みおふぉんダイアルは、電話回線を使っているので音質も変わらず使えます。

電話専用のサービスを使えば、電話代金も10円/30秒と通常の半額

  • 20分通話:400円
  • 80分通話:1,600円

電話アプリ使用時の80分通話

Y!mobile DMMmobile mineo IIJmio
1GB 2,980円 2,860円 3,010円 -
3GB 3,980円 3,100円 3,110円 3,200円
5GB - 3,570円 3,790円 3,820円
7GB 5,980円 4,160円 - -

データ容量が少ない場合は、Y!mobileの方がお得なパターンもあるかもしれません。

しかし、データ容量と電話の両方が必要ですよね。この結果を見るとY!モバイルのデータ容量の高さがわかりますね。

 

結論

やっぱり格安スマホの方が安い。

あのCMは少し問題がありますよね。

かと言って、Y!mobileが悪い訳ではありません。

Y!モバイルのメリットは、全国展開している店舗があること。故障時の対応や機種変更などのキャリアよりの対応ができるので安心感はありますよね。

  • キャリアよりも安くしたい方は、Y!mobile
  • もっと安くしたい方は、格安スマホ

格安スマホは、ある程度自分でできる人向けなんですよね。当然、安い訳ですよ。

電話代金込みなら、データ容量が大きくなるにつれてお得度が増していきますよ!

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

TONE

月額1,000円でインターネット、電話&遠隔サポートが使い放題。
TONEなら難しい設定は不要。届いたらすぐに使いはじめることができます。毎月CD・DVDが1枚借りれるTSUTAYAならではの特典あり!

最新機種【TONE m15】は付属の箱に入れるだけでトラブルを解決出来る新機能を搭載!初めてのスマホを使うからこそ安心できるTONEがおすすめ!

アドセンス

アドセンス

-コラム

Copyright© かくすま , 2017 All Rights Reserved.