格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

Desire 626のスペック・評価・評判まとめ

投稿日:2016年2月1日 更新日:

Desire 626

Desire 626はHTCという台湾の会社から日本向けに販売された海外製SIMフリーモデルのスマホです。

5インチのスマホでミドルスペックな端末、デザインに凝っておりひと昔前のauを思わせる仕上がりになっています。

Desire 626のおすすめポイント

  • ポップな色合いのツートンカラーと美しいボディ
  • 高画質ディスプレイで撮影画像がキレイ!
  • スマホ初心者にもやさしいらくらくモード

Desire 626のスペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM 8916 クアッドコア 1.2GHz
画面サイズ 5インチ
解像度 1,280×720ドット
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面1300万画素、背面500万画素
バッテリー容量 2,000mAh
重量 約140g
外部SDカード microSDXC対応
寸法 幅70.9 x 高さ146.9 x 厚み8.19 mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
SIM nanoSIM
カラー マカロンピンク、マリーンブルー
限定カラー ホワイト,ブラック(楽天モバイル)

テザリング対応、バッテリーは2000mAhで背面板が外せないので交換は不可。microSD対応(200GBまで認識)

Desire 626の対応バンド

By: HTC

By: HTC

 

  • LTE:2.1GHz(1),1.7GHz(3),900MHz(8),800MHz(19),700MHz(28)
  • 3G:2.1GHz(1),900MHz(8),800MHz(6,19)

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

なのでBAND1/3/19があればDocomoの回線は問題なく使えます。

auの格安SIMは使えない

auのBANDは1/11/18/28/41。

auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

この2つのBANDに対応できていないため使うことができません。

Desire 626の評価・評判

海外製のSIMフリースマホで、ライトユーザー向けのスマホになっています。

 

選ぶ際の注意点

スリープ状態で電池の容量は4~5日ほど持ちますが、ゲームやネットをバンバン使う方には向いていません。

ジャイロセンサーが付いていないためグーグルマップなどで自分の向いている方向を自動に上向きにはしません。(注)GPSは使えます。

バッテリー交換は出来ないので3年程度が寿命でしょう。

最新情報をホーム画面に表示

SNSの更新情報や時間、天気、ニュースなどの最新情報など、ユーザーに関連する情報をライブストリームとしてホーム画面に表示します。

同時にオリジナルケースでドット表示ができるため、他のスマホとは別の楽しみ方ができます。デザインに飽きてしまった方にはおすすめ

Desire 626を購入できるところは?

購入場所 一括 分割 備考
Amazon 32,184円 現在7%OFF
10%ポイント還元
楽天モバイル 27,800円 1,251円 キャンペーンあり

 

ただ、この端末を購入するなら、防水/防塵、おサイフケータイ対応のarrows M02/RM02を購入した方がいいですね。

arrows M02/RM02のスペック・評価・評判まとめ

また、もっと安くしたい場合は1万円ちょっとの端末もおすすめしています。

Liquid Z330のスペック・評価・評判のまとめ

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.