格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

MVNO 比較

エキサイトモバイルの評価・口コミと他の格安SIMとの比較

投稿日:2016年7月24日 更新日:

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは月額500円から使える従量型の格安SIMです。

以前は、BB.exciteモバイルLTEとして販売していましたが、エキサイトモバイルとして2016年6月からサービスを一新しました。

一人で使う場合も、家族など複数で使う場合も一括でデータ容量を計算し、使った分だけ支払う形式です。 料金プランは一見他社より高く見えますが、複数で使うなら一番安くなります。家族で使う場合はおすすめします。

公式サイト

エキサイトモバイルのおすすめポイント

  • 最適プランが1GBごとの従量制プランである
  • 長期的にシェアプランを使うなら一番安くなる
  • IIJmioの回線を使用
  • 低価格でシェアプランを使える

エキサイトモバイルの料金プラン

エキサイトモバイルは、使った分だけ支払う「最適料金プラン」とデータ容量を固定する「定額プラン」2通りの料金プランがあります。 エキサイトモバイルの強みは最適料金プランです。 最適料金プラン

データ容量 1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500円
〜100MB 1,050円
〜500MB 630円 1,100円
〜1GB 660円 1,180円
〜2GB 770円 1,340円
〜3GB 880円 1,550円
〜4GB 1,150円 1,780円
〜5GB 1,450円 1,890円
〜6GB 1,600円 1,950円
〜7GB 1,900円 2,100円
〜8GB 2,120円 2,190円
〜9GB 2,220円 2,380円
〜10GB 2,380円 2,540円
〜11GB 2,830円
〜12GB 3,100円
〜13GB 3,450円
〜14GB 3,790円
〜15GB 3,980円

定額プラン

データ容量 1枚コース 3枚コース
1GB 670円 1,260円
2GB 770円 1,450円
3GB 900円 1,680円
9GB 2,250円 2,460円
20GB 4,750円 5,180円
  • SMS機能:140円(データSIMのみ)
  • 音声通話機能:700円

その他必要な費用

初期費用:3,000円(3枚でも一律で3,000円です。)

新規お申込み時には、提供SIM枚数に関わらず新規契約手数料3,000円(税抜)がかかります。 注意事項より引用

SIM追加手数料:3,000円(4枚目、5枚目の申し込み時) SIM再発行/サイズ変更/交換(昨日変更):3,000円

音声通話対応時のみ解約金:9,500円(最低利用期間:12ヶ月)

他社がSIMカード返却をしない場合2,000円の違約金を請求しているところ、エキサイトモバイルの違約金は発生しません。 エキサイトモバイルの解約金

オプション

  • 留守番電話 350円
  • 割り込み着信 250円
  • 追加容量チャージ 580円 上限まで使い切った場合に1GB追加

速度規制 高速データ通信容量超過時や高速データ通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で3日あたりの通信量が366MBを超えた場合に速度制限されます。

エキサイトモバイルの特徴

エキサイトモバイルの特徴は10段階以上に細かく分けれられた段階性プランで効率良く月額料金が決まること、複数のSIMを安く使えることです。

最適料金プランが強み

段階性の料金プランを提示している格安SIMはFREETELの「使った分だけ安心プラン」があります。エキサイトモバイルと比較してみました。(FREETELとの比較なので10GBまで)

データ容量 エキサイトモバイル FREETEL
低速通信のみ 500円
〜100MB 299円
〜500MB 630円
〜1GB 660円 499円
〜2GB 770円
〜3GB 880円 900円
〜4GB 1,150円
〜5GB 1,450円 1,520円
〜6GB 1,600円
〜7GB 1,900円
〜8GB 2,120円 2,140円
〜9GB 2,220円
〜10GB 2,380円 2,470円

料金を比較すると 1GBまではFREETELがお得。

それ以降はエキサイトモバイルの方がお得です。 さらにエキサイトモバイルの段階性は1GBごとなので細かく区切られて安く済みます。

3.5GB使用すると…

  • エキサイトモバイルはデータ容量4GB適用で1,150円 (0.5GB無駄)
  • FREETELはデータ容量5GB適用で1,520円 (1.5GB無駄)

と細かく区切られた方が安く済みます。

エキサイトモバイル・FREETELでは繰越に対応しているわけではないので、無駄な料金が発生します。

使った分だけプランは毎月料金にバラツキがあるので設定なしで、安くできるのはエキサイトモバイルの強みです。

定額プランも一応用意されていますが、こちらは他社と比べてもメリットがありません。 DMMモバイルの方が料金プランが豊富に用意されているので、通信品質を比較しても大きな差はありません。 なので、エキサイトモバイルの定額プランは無視でいきましょう。

複数のSIMが安く使える

シェアプランのある格安SIMを比較してみました。

データ容量 エキサイトモバイル IIJmio DMMモバイル BIGLOBE SIM
最低データ容量 100MB 3GB 8GB 6GB
開始料金 1,050円〜 1,300円〜 1,980円〜 1,450円〜
枚数 3枚~5枚 2枚〜10枚 最高3枚 2枚~4枚

データ容量を毎月8GB~10GBであればDMMモバイルが一番安いです。

しかし、段階型の料金設定なので10GB~13GBまではエキサイトモバイルの方が安い。(ややこしいですが…) 使った分だけなので、複数人数で使う場合ならエキサイトモバイルの方が勝手に安い料金にしてくれるわけですから、長い目線で見た場合はおトクです。

詳細はこちらから→エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの評価・評判

通信回線はIIJmioの設備を使っているため品質は高く、ネットでも評判が良いです。 低速でも一瞬速くなるバースト機能も搭載されています。 知名度で考えるとまだマイナーな格安SIMなので急激にユーザーが増えて速度が遅くなるということもないでしょう。

エキサイトモバイルにおすすめの端末

エキサイトモバイルでは、セット端末を販売していません。

ドコモの回線で使えるスマホかSIMフリー端末を自分で用意する必要があります。 日本製で低価格な端末ならarrows M03がおすすめです。

今話題のポケモンGOも出来る端末です。

海外性の端末で人気が高いのはHuawei P9 liteです。

HUAWEI P9 lite

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-WHITE(ホワイト) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-WHITE
価格:29,980円〜 5.2インチ、Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)、Android 6.0、メインカメラ1300万画素、3000mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ147g、指紋認証
2016年6月に発売されてから、翌月にはランキング1位を達成。 3万円台の端末では、処理能力と省電力を両立させたオクタコアCPUの性能はワンランク上です。 デザインもサンドブラスト仕上げとダイヤモンドカットによる高級感あふれる仕上がりへと進化。 性能も、見た目も最上級の仕上がりです。

こちらはポケモンGOのAR機能が使えません。

エキサイトモバイルにしたほうがいい人はどんな人

  • 1GB以上のデータを使って毎月の通信量にバラツキがある人
  • シェアプランを検討中の人
  • 家族など複数で格安SIMを使いたい人

1GBも使わない人、高速通信回線を使わない人はDMMmobile楽天モバイルの方がおトクに使えます。

毎月の通信にバラツキがあったり、シェアプランを使いたい人にはエキサイトモバイルはおすすめです。

申し込みはこちらから→エキサイトモバイル

エキサイトモバイルのキャンペーン情報

12/15までの申し込みでキャッシュバック または 割引を実施しています。 条件はSIMカード+モバイルオプションの購入です。

端末セット

  • 50GB:28,000円
  • 40GB:15,000円
  • 30GB:9,000円
  • 上記以外:3,000円
  • 最適プラン:3,000円(データSIM/SMS対応)/2,500円(音声SIM)

SIMのみの申し込み時もキャッシュバックまたは割引があります。

エキサイトモバイルの申し込みはこちらから→エキサイトモバイル

アドセンス

アドセンス

-MVNO 比較

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.