格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

日本製の格安スマホFREETELのSAMURAI雅と極ってどうなの?SIMフリー機と比較しました。

投稿日:2015年11月3日 更新日:

FREETELから日本製スマホSAMURAI極が11月16日に販売されます。

公式HP SAMURAIには以下のように記載されています。

いよいよ、日本の出番だ。

研ぎ澄まされたフォルム。手の延長のようになじむボディ。

単なる道具を超えて、極限まで磨き上げるデザイン。

このスマートフォンは、武士の魂である日本刀を彷彿とさせる。

日本の技術者たちが、Made by Japanの誇りを賭けた「作品」だ。

格安スマホ市場でのSIMフリー機は、競争が激しく台湾製のZenFoneシリーズと中国製HUAWEIのスマホの戦いが続いています。

日本製のSIMフリー機 SAMURAI雅、極と人気のSIMフリー機を比較していきます。

SAMURAI雅、極ってどうなの?

スペックを表にしました。

端末名 SAMURAI 雅 SAMURAI 極
会社 FREETEL FREETEL
OS Android5.1 Android5.1
CPU Quad core 1.3GHz Octa core 2.0GHz
メモリ 2GB 3GB
画素 1,280×720ドット 2,560×1440ドット
大きさ 5インチ 5.5インチ
カメラ 前面 500 万画素
背面 1300 万画素
前面 800 万画素
背面 2100 万画素
ROM 32GB 32GB
バッテリー 2200 mAh 3,400mAh
重量 150 g 182g
価格 19,800円〜 39,800円

両機ともにコストパフォーマンスが高そうなスマホですね。では、人気SIMフリー機と一緒に比較していきましょう。

SAMURAI MIYABI

miyabi

雅 MIYABI 特有の機能は多々あります。

  • 急速充電対応
  • ヒートシンクカバー(端末の発熱にも安全に対応するため、放熱性の高い金属をバックカバーに使用)
  • ジェスチャーアンロック(スリープ状態から特定文字をなぞると、直接アプリが起動)
  • 手袋モード(手袋を着けた状態で操作が可能)
  • ジェスチャーキャプチャ(自撮りでVサインをすると、自動で撮影)
  • 手ぶれ補正(撮影の際、手ぶれによる映像の乱れを軽減)

ジェスチャーアンロックは、とても便利で、電話、音楽など各アプリで4個設定できます。

例えば、”M”→音楽、”C”→電話など。

同じコンセプトのスマホ(低価格なミドルスペック機)で比べてもほとんど大差はありません。

参考:格安スマホ端末比較「ZenFone 2 Laser」VS「HUAWEI P8 lite」。実際のところどっちがいいの?

ミドル価格帯の端末では最強のコスパではないでしょうか。。

  • 雅:19,800円
  • ZenFone2 laser :28,420円
  • P8lite:28,600円

(上記は発売当時の価格差です)

公式HPでは売り切れってことでしたが…Amazonではまだ販売中ですね。

SAMURAI KIWAMI

SAMURAI KIWAMI

かなりのハイスペック機となります。

Octa core 2.0GHz

  • RAM:3GB
  • カメラ:2100万画素
  • バッテリー:3400mAh

このあたりを見るとSONY製のXperia並みのスペックを感じますね。

海外製のSIMフリー機と十分張り合うだけの性能、コストパフォーマンスになっています。

参考:【SIMフリー機】HUAWEIのP8maxはP8lateとどう違うの?Zenfone2と比べてどうなの?徹底比較!

  • 極:39,800円
  • zenfone2:38,664円
  • p8max:64,778円

(上記は発売当時の価格差です)

SIMフリー機の選択肢としてはなかなかいいのではないでしょうか。

FREETELのSIMカードなら設定不要

FREETELで販売しているSIMカードであれば、初期設定なし、差し込むだけで使えるのでセットで購入するのであれば、オススメできるでしょう。

ただし、一括購入のみ かつ 入手まで予約もできないようになっています。

FREETELセットスマホ

初期費用の高さからして少し手を出しにくいですよね。

一緒にFREETELのプランで契約する場合は、データプランとしてはオススメ。階差的に料金が切り替わっていくので使った分だけ支払いが発生します。

ただ、音声通話となると少々問題がありますので、しっかりと調べておいた方がいいですね。

【FREETEL SIM】2年縛りも、基本料金もなし!299円から使える格安スマホ。でも、注意点が…

まとめ

上位モデル、ミドルモデルともにFEETELのスマホも視野に入れてもいいでしょうね。

一括購入がデメリットになりますが、日本製のスマホを使いたい方はぜひ購入を。

現在、SAMURAI KIWAMIをセット端末としてNifMoで販売しています。

セット割引200円/月×24回もプラスされて実質価格20,100円以下で購入できます。

NifMo

コストパフォーマンス部門1位! 2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。 9月30日まで最大20,000円のキャッシュバック実施中!端末セット割・キャッシュバックで大幅値引き!最新端末を安く購入するならNifMoが一番!

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.