格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

格安スマホニュース

2016年Docomo/au/Softbankの学割はいつまで?どこがお得なの?

投稿日:

2016年の春商戦に向けて、大手携帯会社各社のキャンペーンが過熱しています。

中でも、25歳以下の学生を対象にした学割は今まで以上におトクな内容になっています。

学生の方で携帯を購入するならどこで買った方がいいのでしょうか?

今回は、大手キャリアの学割の割引内容、特典や実施期間などの情報を整理し、おトクな学割を紹介していきます。

ドコモの学割の詳細

ドコモの学割2016年詳細

 

実施期間:2016年1月21日~2016年5月31日

対象:25歳以下のお客様

対応機種:iPhone・スマートフォン(指定機種)

対象プラン:データMパック(標準),データLパック(大容量),シェアパック15(標準),シェアパック20(大容量),シェアパック30(大容量)

U25応援割併用が必須:月額500円割引

ドコモの学割・特典内容

  • 最大36ヶ月間6GBのデータ容量が増加。(U25応援割のボーナスパケット1GBを含む)
  • 12ヶ月間カケホが1,300円/月(税抜き、U25応援割の500円割引込)、カケホライトが800円/月の割引

ドコモの学割の特徴・注意点

ドコモは、「家族とデータ通信量をわけあえる点」を大手携帯3会社でも低価格な料金プランの提示ではなく、家族での割引を強調しています。

契約に関しては、iPhone6,6sシリーズ、Xperia Z5などの最新機種を対象としています。(実質0円端末『arrows fit F-01H』は除外されています。)

契約時の注意点として、すでにドコモと契約中の方で契約変更、機種変更の場合は18ヶ月以上の継続利用が必要なため、2014年~2015年にドコモと契約して使っている方はプラン変更ができない可能性があります。

auの学割の詳細

auの学割2016年詳細

  • 実施期間:2016年1月14日~2016年5月31日
  • 対象:25歳以下のお客様
  • 対応機種:特になし
  • 誰でも割加入が条件:2年契約の割引サービス
  • 対象プラン:LTEフラットまたはデータ定額5/8/10/13
    (データチャージの加入が必須)

au 25歳以下の方対象の学割

  • 25歳まで毎月最大5GBもらえる(中学1年生から適用)
  • データ容量最大1000円値引き
  • auスマートパス・うたパス・ビデオパスが2016年7月まで無料
    (注意:うたパスのみ受付期間3月31日まで。割引5月末まで)

au 学割を使う家族向け

毎月1,000円引きが1年間適用

  • 新規契約者:最大1年
  • 他社から乗り換え:最大3年
  • 機種変更:対象外

auスマートパス・うたパス・ビデオパスが2016年7月まで無料
(注意:うたパスのみ受付期間3月31日まで。割引5月末まで)

auの学割の特徴・注意点

3社で唯一付加価値を提示しているのがauです。

中学1年生から25歳以下の方を対象にデータ容量が毎月5GB追加されます。

ただし、データ容量は自動追加ではなく、デジラアプリなどからチャージする仕組みになっています。LTEフラットは契約可能のプランとなっていますが、データ容量追加がチャージ方式なので、LTEフラットではデータの追加できません。プランの選択肢はデータ定額5/8/10/13のどれかになるでしょう。

契約時の注意点として、機種変更の場合は18ヶ月機種変更していないことが必須。MNPの場合はauにのりかえ割との重複の割引は受けられません。

データのシェアはできませんが、ギフト機能を使うことができるため、実質的にシェアは可能です。

ソフトバンクの学割の詳細

ソフトバンクの学割2016年詳細

  • 実施期間:2016年1月15日~2016年5月31日
  • 対象:25歳以下のお客様(申し込み時点で)
  • 対応機種:特になし
  • 対象プラン:適用条件ににて解説

ソフトバンク 25歳以下の方対象の学割

対象 料金プラン パケット定額サービス 特典
データ増量 料金割引
U25回線
(のりかえ
/新規加入)
通話し放題プラン/
通話し放題ライトプラン/通話し放題プラン(ケータイ)
データ定額パック・標準(5/8)/大容量(10/15/20/30) 200GB
増量
(6GB:6,480円相当×36ヵ月)
通信料金より
1,620円/月割引
(1,620円×24ヵ月)
データ定額パック・小容量(2)/3Gケータイ/シンプルスマホ ×
ホワイトプラン パケットし放題フラット for 4G/for 4G LTE 200GB
増量
(6GB:6,480円相当×36ヵ月)
基本料3年間0円
(1,008円×36ヵ月)
上記以外のパケット定額サービス※5 ×

機種変更の場合

対象 料金プラン パケット定額サービス 特典
データ増量 料金割引
U25回線
(機種変更)
通話し放題プラン/
通話し放題ライトプラン/通話し放題プラン(ケータイ)
データ定額パック・標準(5/8)/大容量(10/15/20/30) 200GB
増量
(6GB:6,480円相当×36ヵ月)
×
ホワイトプラン パケットし放題フラット for 4G/for 4G LTE

ソフトバンク 学割を使う家族向け

新規契約、MNPのみ可能

対象 料金プラン パケット定額サービス 特典
データ増量 料金割引
家族回線
(のりかえ)
通話し放題プラン/
通話し放題ライトプラン/通話し放題プラン(ケータイ)
データ定額パック・標準(5/8)/大容量(10/15/20/30) 100GB
増量
(3GB:3,240円相当×36ヵ月)
通信料金より
1,620円/月割引
(1,620円×24ヵ月)
データ定額パック・小容量(2)/3Gケータイ/シンプルスマホ ×
ホワイトプラン パケットし放題フラット for 4G/for 4G LTE 100GB
増量
(3GB:3,240円相当×36ヵ月)
基本料3年間0円
(1,008円×36ヵ月)
上記以外のパケット定額サービス※5 ×
家族回線
(新規加入)
通話し放題プラン/
通話し放題ライトプラン/通話し放題プラン(ケータイ)
データ定額パック・標準(5/8)/大容量(10/15/20/30) 36GB
増量
(3GB:3,240円相当×12ヵ月)
通信料金より
1,620円/月割引
(1,620円×12ヵ月)
データ定額パック・小容量(2)/3Gケータイ/シンプルスマホ ×
ホワイトプラン パケットし放題フラット for 4G/for 4G LTE 36GB
増量
(3GB:3,240円相当×12ヵ月)
基本料1年間0円
(1,008円×12ヵ月)
上記以外のパケット定額サービス※5 ×

ソフトバンクの学割の特徴・注意点

特典はデータ容量の増量 もしくは、 通信料金の割引の2つから選択となります。両方を併用することはできません。

データ定額パック・小容量(2GB)でも料金割引が有効なため、ライトユーザーの場合はDocomoやauよりも最低金額は安くなります。

家族回線の加入も対象となっていますが、のりかえ(MNP)、新規加入のみなので、現在ソフトバンクを使っているユーザーには家族向けのおトクな学割はありません。

auは中学生以上が対象としていますが、ソフトバンクは25歳以下のお子さまの親権者であれば適用可能となります。(ただし、契約者を子ども名義にする必要はあります。)

他社と比べたら選択の範囲が広いのがソフトバンクの特徴と言えます。

大手3社の学割の残念なところ

今回の学割の特徴であるデータ容量の増量はドコモ,ソフトバンクの6GB、auで5GBの増量を提示しています。

一見お得に見えますが、最低でも5GB以上のデータプランを選択しなければならないので不要であっても11GBも容量も付いてくるようになっています。

ソフトバンクのみ、小容量(2GB)で料金プランから値引きと他社に比べて600円程度大きい値引きをうけれるようになっているので、料金だけを見るならソフトバンクが優勢のように見えます。

では、どこが一番お得なのでしょうか。各社でシュミレーションをしてみました。

料金比較

シュミレーション条件

  • 端末:iPhone6s 16GB
  • 契約:全てお得度の高いMNPにての契約/電話し放題プランで計算していきます。

各社の料金をiPhone6sで1GBのプランを契約した場合にシュミレーションをしてみました。

ドコモ au ソフトバンク
電話し放題 2,700円 2,700円 2,916円
データ容量 5,000円(5GB) 5,000円(5GB) 3,780円(2GB)
インターネット接続 300円 300円 324円
端末代(分割) 3,888円 3,510円 3,900円
端末割引 -2,808円 -3,060円 -3,468円
学割 -1,350円 -1,000円 -1,620円
実質データ容量 11GB 11GB 2GB
毎月のお支払い(1年目)(税込) 8,316円 8,010円 5,832円

ドコモの場合は複雑でMNPだとチェンジ割の割引額を適用しボーナスパケット(5GB分)が適用となります。なので、学割のところはチェンジ割の値段の記載になります。

また、学割を使った場合の最安値価格帯を調べるために各キャリアのデータ容量は一定ではありません。

まとめ

  • 後々、格安SIMに移行を考えているならドコモ
  • auスマートパス・うたパス・ビデオパスなどの特典を使うならau
  • とにかく料金を安くしたいならソフトバンク

もし、ソフトバンクで買おうと考えているなら【おとくケータイ.net】を使うとお得に購入できますよ。

独自のキャッシュバックキャンペーンを実施しているため、学割の特典とは別にキャッシュバックを受けることができます。

購入はこちらから

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】



月々の料金を安くしたい場合は当サイトおすすめの格安スマホを検討してみてください

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

TONE

月額1,000円でインターネット、電話&遠隔サポートが使い放題。
TONEなら難しい設定は不要。届いたらすぐに使いはじめることができます。毎月CD・DVDが1枚借りれるTSUTAYAならではの特典あり!

最新機種【TONE m15】は付属の箱に入れるだけでトラブルを解決出来る新機能を搭載!初めてのスマホを使うからこそ安心できるTONEがおすすめ!

12/31までの期間限定で基本料金を最大6ヶ月間無料キャンペーン実施中!

アドセンス

アドセンス

-格安スマホニュース

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.