格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

HUAWEI Mate 9のスペック・評価・評判まとめ

更新日:

HUAWEI Mate 9は、12月16日に日本国内で発売されたHUAWEIのフラッグシップモデルです。

5.9インチの大画面。前回販売したHUAWEI P9からカメラ性能の向上、DSDS対応と大きく性能を上げてきました。

現在、販売されているハイエイドモデルではもっともおすすめの端末です。

HUAWEI Mate 9のスペック

HUAWEI Mate 9
OS Android™ 7.0 Nougat
CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
GPU Mali-G71
画面サイズ 約 5.9インチ IPS液晶
解像度 1920×1080ドット
メモリ 4GB
データ容量 64GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(ダブルレンズ)
バッテリー容量 4000 mAh
重量 190g
外部SDカード microSDカード対応(最大256GB)
寸法 高さ約156.9mm×幅78.9mm×奥行き7.9mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIMスロット×2
カラー シャンパンゴールド、ムーンライトシルバー
  • 指紋認証あり
  • 急速充電
  • ジャイロセンサーあり
  • 赤外線リモコン対応
  • CA対応機
  • DSDS対応

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に関しては『DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ』をご覧ください。

HUAWEI Mate 9の対応バンド

【SIM 1(DSDSではデータ通信用)

  • 4G(FDD-LTE) : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
  • TDD-LTE : B38/39/40/41
  • LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
  • 3G(UMTS): B1/2/4/5/6/8/19
  • TD-SCDMA: B34/39
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

【SIM 2(DSDSでは音声通話用)

  • 3G(UMTS): B1/2/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

LTE CA DLとは、キャリアアグリゲーションのこと。

ドコモのキャリアアグリゲーション

ドコモ PREMIUM 4G より

2つ以上の回線を束ねてダウンロード出来る機能で、B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8に対応しています。

SIMフリー端末でも高性能な端末しか搭載されていません。

ドコモの格安SIMで使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。
  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です

auはHuawei公式サイトでも使えないことを注意書きで提示しています。

本端末はKDDIの移動体通信網を利用した通信サービスには対応しておりません。 それらの通信サービスのSIM でのご利用については、当社では一切の動作保証はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

HUAWEI Mate 9の評価・評判

HUAWEI Mate 9は、HUAWEI P9に次ぐ同社のフラッグシップモデルです。

SIMフリー端末のハイエイドモデルでも性能の割に価格が抑えられているのでコスパが良いです。

第2世代Leicaデュアルレンズカメラ

HUAWEIの端末のカメラは、これまでHUAWEI P9やHonor 8にダブルレンズとして搭載されています。

しかし、Mate 9は、Leica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラを搭載しています。

HUAWEI P9を比較すると2点のカメラ性能が向上しています。

  • モノクロセンサーは1200万画素から2000万画素にアップ
  • 光学式手ぶれ補正機能が追加

この性能の向上により、鮮やかな色彩を捉えながらも細部を再現できるようになりました。

  • 人や物は高速でピントを合わせてぼかし効果を美しく撮影
  • 夜景をクリアに撮影

が可能になりました。

高性能なカメラのついたスマホが欲しいと考えている方におすすめしたい。

カメラ性能にはかなり期待ができます。

DSDS利用時はmicroSD利用不可

HUAWEIの端末で初めてDSDSに対応しましたが、microSDは排他仕様になっています。

内部容量は大64GBと大容量なので、データをスマホに入れておきたい人は気をつけておきましょう。

HUAWEI Mate 9でDSDSを使う方は、クラウド上(Googleドライブなど)にデータを保存する必要があることを前提に考えておきましょう。

赤外線モジュール

Honor 8を実機で使っているのですが、赤外線モジュールを搭載し、一般的な製品のIRコードを内蔵しています。

TVなどのリモコンとして使えるので、地味な機能ですが、意外と役に立ちます。

HUAWEI Mate 9はどこで購入できるの?

Amazon

楽天

【あす楽対象】【送料無料】 HUAWEI MATE9 ゴールド「MATE9/GOLD」 Android 7.0・5.9型・メモリ/ストレージ:4GB/64GB nano×2 SIMフリースマートフォン

価格:65,653円
(2016/12/16 11:07時点)
感想(0件)

一括 一括 分割 コメント
楽天モバイル 50,800円〜 2,286円〜 キャンペーン価格で表示
DMMモバイル 49,800円 700台限定
イオンモバイル 60,800円 2,736円

もっとも安いのはDMMモバイルです。

DMMモバイル

DMM mobileは月額440円〜使える格安SIMで月額料金は業界最安値価格帯!

通信品質も高く、速度も速く、バースト転送などの機能が付いています。

月の途中でプラン変更も可能!豊富なプランを揃えており、月額料金を重視する方におすすめ!

次にセット端末で購入する楽天モバイルです。

こちらだけ分割が可能で格安SIMと端末をセットで購入すると最大10,000円安くなるキャンペーンを実施しています。

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

Amazonでは、12月16日時点で売り切れ。かなり人気の商品です。

なお、 Mate 9は、購入から90日以内に画面が破損した場合に限り、無償で修理してくれるサービスを提供しています。

とは言っても、ディスプレイのフチがギリギリまで狭められているのでカバーや強化ガラスの装着は必須ですよ。

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2017 AllRights Reserved.