格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

HUAWEI P10 liteのスペック・評価・評判まとめ

更新日:

HUAWEI P10 lite liteは、ロングセラーとなったP9 liteの後継機種で初心者向けのミドルレンジモデルとなっています。

3万円台ながらも、背面にガラスを利用し高級感のあるデザインで価格以上のスペックを持ち合わせています。

2017年の格安スマホ売り上げランキング1位を取る人気端末となるでしょう。

HUAWEI P10 liteのスペック

P10とP10 Plusでスペックを比較していきます。

P10 lite P9 lite
OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1 Android™ 7.0 / Emotion UI 5.0
CPU Huawei Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4x1.7GHz) Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)
GPU - -
画面サイズ 約5.2インチ IPS液晶 5.2インチFHD IPS液晶
解像度 1920×1080ドット 1920×1080ドット
メモリ 3GB 2GB
データ容量 32GB 16GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1200万画素
前面:800万画素
背面:1300万画素
バッテリー容量 3000 mAh 3000 mAh
重量 146g 147g
外部SDカード microSDカード対応(最大128GB) microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ約146.5mm×幅72mm×奥行き7.2mm 高さ約146.8mm×幅72.6mm×厚さ7.5mm
防水/防塵 ×/× ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/× ×/×
おサイフケータイ × ×/×
テザリング
SIM nanoSIM × 2
(DSDS非対応)
nanoSIM
カラー サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド(SIMフリー専用)、サクラピンク(UQモバイル専用) ワイト、ブラック、ゴールド
  • 指紋認証あり
  • USB Type C

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に関しては『DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ』をご覧ください。

HUAWEI P10 liteの対応バンド

スロット1

  • 4G(FDD-LTE): B1/3/5/7/8/18/19/26 (au VoLTE対応予定※3)
  • TDD-LTE : B41
  • 2CA対応
  • W-CDMA : B1/5/6/8/19
  • GSM : 850/900/1800/1900MHz
  • セカンダリーSIM : GSMの上記周波数

Wi-Fiは最新バージョンを使用

  • Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
  • Bluetooth® v4.1 LE

ドコモの格安SIMで使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です

auの格安SIMで使える

au回線は、後日アップデートで対応を予定しています。

HUAWEIのチップセットのKirin初のIOT(相互接続試験)通過しています。

上位モデルのP10/P10 Plusに使用しているKirin 960はまだ通過していないので、UQモバイル・mineo(Aタイプ)で使えるHUAWEI端末はHUAWEI P10 liteのみとなります。

HUAWEI P10 liteの評価・評判

前作のHUAWEI P9 liteは、SIMフリー端末の売り上げランキングで11ヶ月連続1位を獲得し続けていました。

価格・性能のバランスの良さが選ばれてきた理由です。

HUAWEI P10 liteはau・ドコモの回線に対応しているため、2017年の人気端末1位を独占状態になるでしょう。HUAWEIで最も力を入れているのがliteシリーズといえます。

HUAWEI P10 liteのデザイン面で大きく進化

これまで販売されたliteシリーズのデザインを整理すると

  • HUAWEI P8 lite:プラスチックボディ
  • HUAWEI P9 lite:アルミボディ
  • HUAWEI P10 lite:2.5曲面ガラス・ダイヤモンドカット加工メタルフレフレーム

3万円台とは思えないようなデザインに変更されています。

特にサファイアブルーは水をイメージしており、背面のガラス層の下に0.1mmの光沢フィルムを重ねて光により変化する波の反射効果を再現しています。

0.3秒で高速連写可能なカメラ

P10/P10 Plusと同じようにLeicaレンズは利用していませんが、1.25μmピクセルセンサーを搭載し、明瞭な写真を取れるようになりました。

  • 03秒の高速連写
  • 高速フォーカス
  • 電子式手振れ補正機能

で撮りたい一瞬を撮影できます。

指関節で操作するナックルジェスチャー

指関節を使う新機能で、長いWebサイトの情報を画像でシェアしたい時に活用できます。

これまでスクリーンショットを撮るには両手を使う必要(音声・電源ボタンの同時押し)がありましたが、指関節だけで簡単にスクショを取れます。

スマホのスクリーンショットを縦に全体画面撮る場合

見ている画面を撮る場合

2通りの方法で即時に画面をシェア・記録できます。

画像でシェアする時代なのでかなり便利な機能と言えます。

HUAWEI P10 lite Plusはどこで購入できるの?

HUAWEI P10 lite29,800円です。

Amazon

楽天

HUAWEI P10 lite (サファイアブルー) 5.2インチフルHDディスプレイ【送料無料】【ファーウェイ公式】

価格:32,378円
(2017/6/10 15:42時点)
感想(0件)

P10 liteはLINEモバイル以外の主要格安SIM業社全てで販売されています。

1位 NifMoの高額キャッシュバックなら一番安い

スマホセットで購入するなら最も安いのは NifMoです。

プランによっては、2万円を超える高額キャッシュバックを行なっているので、最も安く購入できます。

NifMo

コストパフォーマンス部門1位!

2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。

9月30日まで最大20,000円のキャッシュバック実施中!端末セット割・キャッシュバックで大幅値引き!最新端末を安く購入するならNifMoが一番!

2位 BIGLOBE SIM 13,000円キャッシュバック

スマホセットで購入すると最大20,000円のキャッシュバックを行なっています。

3GBプランから利用できるため、データ容量が少ない場合はBIGLOBE SIMがおすすめ

BIGLOBE mobile

総合満足度NO.1

動画・音楽の通信料が無料になるエンタメフリーオプションで通信制限を気にすることなくエンタメを楽しめます。

SIM購入で5,000円・端末セットで最大13,000円キャッシュバック実施中!

 

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2017 All Rights Reserved.