格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

MVNO 比較

IIJmioのau回線格安SIM【タイプA】の詳細・使える端末の注意点

投稿日:

IIJmio au回線(タイプA)の特徴

IIJmioは2016年10月1日よりauの4G LTE回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」の提供開始を開始しました。

これでIIJmioはmineoに次ぐマルチキャリアとなりました。

IIJmioのau回線の詳細と特徴、使える端末の注意点をまとめてみました。

公式サイトへ

IIJmio au回線のタイプAの料金プラン

プラン名 データ容量 料金 シェア枚数
SMS機能付きSIM(ミニマムスタートプラン) 3GB 900円 最大2枚
SMS機能付きSIM(ライトスタートプラン) 6GB 1,520円 最大2枚
SMS機能付きSIM(ファミリーシェアプラン) 10GB 2,560円 最大10枚
音声通話機能付きSIM(ミニマムスタートプラン) 3GB 1,600円 最大2枚
音声通話機能付きSIM(ライトスタートプラン) 6GB 2,220円 最大2枚
音声通話機能付きSIM(ファミリーシェアプラン) 10GB 3,260円 最大10枚

ほぼドコモプランと一緒です。

シェアプランはミニマム・ライトプランで2枚目で月額+400円。ファミリープランで4枚目以降、月額+400円/枚(3枚までは無料)

  • パッケージ価格(初期費用):3,000円
  • 音声通話機能解除調定金(解約金):最大12,000円((12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜))
  • 追加SIM:2,000円
  • SIMカード再発行:2,000円
  • MNP転出:3,000円

Aタイプの通信制限情報

  • 高速データ通信OFFで最大200Kbps
  • 高速データ通信OFF時に3日366MBを超えた場合は速度規制
  • 高速データ通信ON/OFF関係なく3日6GBを超えた場合は速度規制

IIJmioのau回線(Aプラン)で使える端末は?

Aプランでは使用する端末に注意が必要です。

公式サイトでは、対応端末を以下のように記載されています。

技術基準に適合したVoLTE対応SIMフリー端末
またはau VoLTE対応端末

簡単に言えばauの端末はSIMロック解除が可能な端末のみとなります。

詳しい話はIIJ公式ブログ「てくろぐ」の記事で詳しく紹介されているので気になる方は読んでおきましょう。

参考:IIJmioモバイルサービス タイプAとau販売スマホの関係

SIMフリー端末であればIIJmioで販売されているarrows M03やZenFone Goが対応しています。(IIJmioはあまり端末割引がないのでAmazonで購入した方が安いです。)

arrows M03

FARM06102 [arrows M03 黒]
価格:32,800円〜 5.0インチHD IPS液晶、MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)、Android 6.0、メインカメラ1310万画素、2580 mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ141g、防水・防塵機能、おサイフケータイ、ワンセグ対応
arrows M03はarrows M02/RM02の後継機種で、電池持ちの良さ、防水・防塵対応に加えワンセグ対応の日本製スマホです。 ドコモ系の格安SIMだけでなくau系の格安SIMも使えるので、日本製のスマホを購入したいならがarrows M03おすすめです。

ZenFone Go

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ブルー ZB551KL-BL16
価格:19,800円〜 5.5インチIPS液晶、Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz、Android™ 5.1、メインカメラ800万画素、3010 mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ160g
ZenFone Goは5.5インチで最も安く購入できる端末です。 とにかく低価格で大画面のスマホが欲しい方におすすめです。

IIJmio Aタイプで使えない端末

2015年5月以前(SIMロック義務化以前)に販売された端末だと使用できません。

IIJmio Aタイプの動作確認済み端末一覧の一部 画像

IIJmioで使えない端末の例

  • GALAXY Note Edge
  • GALAXY S5
  • Xperia Z3
  • Xperia ZL2
  • Xperia(TM) Z Ultra

もし、SIMフリー端末を購入するならarrows M03がおすすめです。

IIJmioのau回線(Aプラン)でiPhoneは使えるの?

auのiPhoneは使えますが、iPhoneはテザリングが使えません。

iPhoneもSIMフリー端末のみ対応しています。(最新iOSの動作確認済み)

  • iPhone7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s

au版のiPhone6以前のiPhoneは使えません。

auのiPhoneを持っている人は基本的にmineo一択です。

参考:mineo(マイネオ)でiPhoneを使うための手順・設定方法・おすすめプラン

テザリングも使えないことを考えるとSIMロック解除してドコモプランを選択した方が良いです。

IIJmioとmineoの違い

格安SIM業界ではIIJmioとmineoがマルチキャリアです。

それぞれ優れている点をまとめてみると以下のようになります。

IIJmio mineo
かけ放題
最大10枚までシェア可能
フリータンク機能(毎月最大1GBもらえる)
使用可能端末が多い
プレミアムプランあり

 

通信速度はどちらも同じくらいです。

通話をよくする人はIIJmioです。

3分/5分のかけ放題プランが提供されているため、通話をよくする人はお得になります。

auのSIMをシェアできるのは今の所IIJmioだけなのでau端末でシェアをしたい人はこちらがおすすめです。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio
2015年顧客満足度ランキング1位、MVNO業界シェア2位。 IIJmioは回線品質が高く、顧客だけでなく企業からの信頼も厚いです。他社の格安MVNOの開発をコンサルティングを行っています。信頼性を重視するならIIJmioがおすすめ。 (ただし、IIJmio回線を使っているDMM mobileのほうが低価格なので基本的にこちらをおすすめしています)

 

一方、mineoは、通話オプションはお得度がありません。

mineoのメリットは毎月1GBのデータ通信量をフリータンンクからもらえたり通信回線を優先するプレミアムプランがあるところです。

格安SIMでも通信品質を高めたい人はmineoがいいでしょう。

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

まとめ

IIJmioのau回線サービスはまだ開始されたばかりで利用者も少なめです。

完全にmineoの方が良いように見えますが、家族で使う場合はIIJmioのメリットがあります。

シェアプランや家族通話の割引が適用されるので大人数で使うには最適でしょう。

IIJmioのAタイプで使える端末はSIMフリー機かSIMロック解除可能なau端末のみなので、auのスマホをそのまま使うのであればmineoですよ。

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio
2015年顧客満足度ランキング1位、MVNO業界シェア2位。 IIJmioは回線品質が高く、顧客だけでなく企業からの信頼も厚いです。他社の格安MVNOの開発をコンサルティングを行っています。信頼性を重視するならIIJmioがおすすめ。 (ただし、IIJmio回線を使っているDMM mobileのほうが低価格なので基本的にこちらをおすすめしています)

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

アドセンス

アドセンス

-MVNO 比較

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.