格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

キャリアスマホ

iPhone8/8 PlusとiPhone Xならどれを買うべき?機能・スペック・価格から徹底比較!

投稿日:

9月13日深夜2時にiPhone8とiPhoneX(アイフォーンテン)が発表されました。

iPhoneXはiPhone発売10周年の特別なiPhoneと位置付けられています。

iPhone 8/8Plus・iPhone Xと3つも端末が発売されてしまい一体どれを買えば良いのか分からない方も多いかと思います。

そこでiPhone8/8 Plus・iPhone Xの3つの端末を比較し最適なiPhoneを選べるようしました。気になる方は読み進めてください。

iPhone8/8PlusとiPhoneXの違い

 

まずは表で新しいiPhoneの違いを整理してみました。

項目 iPhone 8 iPhone 8Plus iPhone X
ディスプレイ 4.7インチ 5.5インチ 5.8インチ
画面解像度 2,436 x 1,125 1,920 x 1,080 1,334 x 750
チップ A11 Bionicチップ A11 Bionicチップ A11 Bionicチップ
カメラ 12MPカメラ
ƒ/1.8の開口部
最大5倍のデジタルズーム
12MP広角カメラと12MP望遠カメラ
広角:ƒ/1.8の開口部
望遠:ƒ/2.8の開口部
光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
ポートレートモード
ポートレートライティング
12MP広角カメラと12MP望遠カメラ
広角:ƒ/1.8の開口部
望遠:ƒ/2.4の開口部
光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
ポートレートモード
ポートレートライティング
認証方法 Touch ID Touch ID Face ID
機能 防沫性能
耐水性能
塵性能
AR機能
ワイヤレス充電
防沫性能
耐水性能
防塵性能
AR機能
ワイヤレス充電
防沫性能
耐水性能
防塵性能
AR機能
ワイヤレス充電
Face ID(学習機能)
ジェスチャー機能
価格
(AppleStore)
64GB:78,800円
256GB:95,800円
64GB:89,800円
256GB:106,800円
64GB:112,800円
256GB:129,800円

表で違いをまとめてみました。

iPhone8/8 Plus・iPhone Xは共通している点も多いので、進化点は『iPhone8はどこで買ったらお得?キャンペーンや在庫のあるお店はどこ?』にてまとめています。

今回、iPhone 8とiPhone Xにて決定的な違いがあるのでまとめてみました。

全てがスクリーンのディスプレイ

これまでiPhoneにはホームボタン(物理ボタン)がありましたが、こちらを廃止し、全面ディスプレイになりました。

iPhone 8とiPhone 8 Plusの中間に位置する大きさながらも、画面は5.8インチ。

デザインから一新する仕上がりです。

これまでiPhoneの物理ボタンに慣れているとホームに戻る際、ロック解除をどうやるのか?

気になるかと思います。その疑問も全てiPhone Xは解消済みでした。

ジェスチャー操作

上記のようにホーム画面の一番下から一回スワイプすると、ホームに戻れたり、途中で止めるだけで使用中の全アプリを表示するマルチタスキングができます。

直感的なジェスチャー操作でボタンを排除することができました。

Face ID

iPhone Xでは、これまでホームボタンで行なっていた指紋認証は顔に切り替わります。

通常のカメラではなく、TrueDepthカメラで30,000以上の目に見えないドットを投射して解析し、パスワードとして機能してくれます。

Face IDには、A11 Bionicチップの機械学習を使い、外見の変化を認識し、適用認識してくれます。

デザイン面を大きく変え、機能を刷新したのがiPhone Xです。

iPhone8とiPhoneXは発売日が異なる

iPhone8とiPhoneXはそれぞれ、発売日が異なります。

iPhone 8/8 Plus iPhone X
予約 9月15日16:01〜 10月27日16:01〜
発売日 9月22日 11月3日

iPhone8/8 Plusは予約を開始されています。予約状況によっては出荷日が遅れてしまいます。9月15日22時時点では、iPhone8/8Plusの出荷日は1〜2週間となっています。

検討中の方は先に見ておきましょう

iPhone8は物理ボタンが欲しい人向け

iPhone8の基本性能に関しては『iPhone8はどこで買ったらお得?キャンペーンや在庫のあるお店はどこ?』にて解説しています。

今回のiPhoneシリーズで使われているチップは、A11 Bionicで統一されています。このチップの性能がMacBook Pro並みで恐ろしく優秀となっています。

+ iPhone8の性能の秘密はこちら

かなりマニアックな話になるので事前に説明させてください。

PC・スマホなどの性能比較をするための指標の一つにベンチマークスコアというものがあります。

これは、パソコンやスマホの処理能力を測定するもので高い方が性能が良いと考えてもらえればOKです。

iPhone8の性能の話に移りましょう。

先日のiPhone8の発表後、ベンチマークツールで有名な『Geekbench』に「iPhone X」のスコアが掲載されていました。※iPhone8も『A11 Bionicチップ』を利用しているので結果は一緒です。

  • シングルコアスコア:4200前後
  • マルチコアストア:10200前後

という結果になっていました。

いくつか調べてみると以下のような結果になっていました。

端末 シングルコアスコア マルチコアスコア
iPhone7
Apple A10
3500 5700
iPad Pro(10.5-inch)
Apple A10X Fusion
3922 9339
MacBook Pro
(13-inch Mid 2017)
Intel Core i5-7267U
4439 9296
Phone8
A11 Bionic
4201 10211
MacBook Pro
(15-inch Mid 2017)
Intel Core i7-7700HQ
4815 15200

2017年に発売したMacBook Proと同等の処理能力を持つわけです。

iPad Pro(10.5-inch)もかなり高速。過去のiPhoneシリーズと比べられないならないくらい性能が上がっています

処理速度ではiPhone8とiPhoneXは一緒。唯一変わるとしたら物理ボタンの有無です。

一つのポイントとしてホームボタンを引き続き使いたいのか?ということが考えられます。従来のiPhoneが良いと思われる方はiPhone8/8 Plusにしておきましょう。

基本的にはiPhone Xを選びたい

物理ボタンに特別こだわりがなければiPhone X一択です。

iPhone 8/8 Plusは、これまで築き上げてきたスマートフォンの改良です。高級感を高めたり、チップの性能を良くしたりと前作よりも良くなることが命題でした。

しかし、iPhone Xは、デザイン・操作方法を完全に変えスマホの未来を見据えるものとなりました。

iPhoneシリーズ10周年にふさわしい端末でしょう。

 

全く新しい操作性のスマートフォンを使いたい。その先駆けとなるのがiPhone Xです。

性能は一緒でも全く新しいiPhoneを使いたい方はiPhone Xを選んでくださいね。

 

アドセンス

アドセンス

-キャリアスマホ

Copyright© かくすま , 2017 All Rights Reserved.