格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

コラム

LINEの無料通話のパケット通信量ってどのくらい?LINE電話との違いは?

投稿日:2015年11月4日 更新日:

スマホの電話代を抑えるために使えるLINEの無料電話は欠かせないアイテム。

国内利用者は5800万人以上。日本の人口の約40%以上をカバーするLINEは日本でもっとも利用者数の多いSNSとなっています。

LINEには、LINEユーザー同士で使える無料通話機能があります。

これは、インターネット回線を利用した通話で、電話代は無料となり、電話代節約に役に立ちます。

ただし、電話代は無料でもインターネット回線を使っているため、通話代の代わりに通信量が必要となります。

今回は、電話代を節約に役に立つLINEの無料電話の通信量と勘違いしやすいLINE電話について紹介していきます。

LINEの無料音声通話

  • 1分あたり 0.3MB
  • 1時間あたり 18MB
  • 1GBで話せる時間 55時間34分

1日あたり、約2時間通話ができるたので、電話し放題のプランって必要ないですよね。1GB追加してLINEの無料音声通話だけで使い放題できそうですよね。

LINEのビデオ通話

  • 1分あたり 2.1MB
  • 1時間あたり 126MB
  • 1GBで話せる時間 7時間56分

こちらはあまり使われない機能でしょうが、離れた場所で顔を見ながら会話するできるのは、恋人や家族でやってみると電話よりも良いですよ。

電話にはTV電話なんて機能もありますが、若干割高(34円/30秒)でなかなか使えなかった機能かと思います。

この程度ならデータ通信量のみなので、追加で料金がかからない点で嬉しいですよね。

Docomo、au、SoftBankのデータ使用料は2GBで3500円と高額ですが、

データ通信のみの格安SIMなら楽天モバイルが3.1GB、1020円~使えるので2台目のスマホ、無料通話専用にオススメです。

詳しくは楽天モバイルの詳細をご覧ください。

LINEの無料音声通話ってどうなの?

いくつかの条件で実際に使ってみました。

  1. 4G(LTE回線)
  2. Wi-Fi経由の回線
  3. 速度規制状態

3つの異なる条件でもLINEの無料通話は使えました。

特別ノイズが入るわけでもなく、普通の音声通話だった印象です。

最近ではVoLTE(ボルテ)といった高音声通話サービスで従来の通話よりも高音域まで拾える音声通話を大手3キャリアで始めましたが、以前の通話形式で慣れていれば全くわからないレベルでしょう。

LINEの無料通話の注意点

使っているSIMカードによって、通信制限が異なります。

電話は気にならない程度で使えていましたが、無料通話のしすぎで、速度規制がかかる恐れもあります。

格安SIMを使って無料通話を使う方は、「1日定量」や「3日で1GB」の規制がない会社を使うようにしましょう。

LINE電話の通話代ってどのくらい?

LINEの無料通話とは、また別にLINE電話(LINE Out!)というサービスもあります。

無料通話とLINE電話を勘違いしやすいので整理しておきましょう。

LINEアプリ同士の通話は無料ですが、相手にLINEアプリがダウンロードされていることが条件となります。

LINE電話はLINEユーザー以外の電話代を安くするサービスになります。

LINE電話の対象は、LINEアプリを持たない固定電話や、ケータイ、スマホへの通話を安くするサービスになります。

LINE電話

  • 月額基本料:0円
  • 初期費用:0円
  • 接続費用:0円

コールクレジットは、LINE独自の課金で、電子マネーのようなものになります。

120 コールクレジットから購入できます。

30日プランは、コールクレジットよりもさらに安く通話できるもので、決められた時間までお得に話せるプランになっています。

どちらも、高かった電話代を抑えるために使う機能となります。

LINE電話でお店の予約は10分まで無料

LINEの新機能「LINE電話」では、現在、日本国内130万店の店舗や施設に10分間まで無料で電話がかけられる期間限定キャンペーンを実施中!

対象店舗は、レストラン・美容院・ネイルサロン・ホテル・病院など様々です。

ちょっとした予約や問い合わせで無料でかけれるのはいいですよね。

特に格安スマホに切り替えた場合は、電話代がかかりますので。

まとめ

  • LINEの無料通話→LINE同士の通話を無料に
  • LINE電話→LINEユーザー以外の通話を安くする

主にLINEで通話をしている人であれば、データ専用SIMに切り替えても問題ないでしょう。

また、音声通話付きの格安スマホに切り替えたとしても、お店へ連絡は10分無料。LINE同士は無料で通話できるので、キャリアの電話し放題のプランは不要となります。

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

TONE

月額1,000円でインターネット、電話&遠隔サポートが使い放題。
TONEなら難しい設定は不要。届いたらすぐに使いはじめることができます。毎月CD・DVDが1枚借りれるTSUTAYAならではの特典あり!

最新機種【TONE m15】は付属の箱に入れるだけでトラブルを解決出来る新機能を搭載!初めてのスマホを使うからこそ安心できるTONEがおすすめ!

12/31までの期間限定で基本料金を最大6ヶ月間無料キャンペーン実施中!

アドセンス

アドセンス

-コラム
-

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.