格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

MVNO 比較

LINEモバイルの評価・口コミと他の格安SIMとの比較

投稿日:2016年9月3日 更新日:

LINEモバイル

LINEモバイルはSNSアプリで有名なLINEの100%出資会社LINE mobile提供する格安SIMです。

一般発売は2016年10月1日からスタートします。

ドコモの回線を使っており、LINEやTwitter,Facebookのデータ通信が無制限で使えるプランを提供しています。

公式サイト→LINEモバイル

LINEモバイルのおすすめポイント

  • 月額500円~使える
  • LINEの通信料が無料になる
  • Twitter・Facebookの投稿が無料
  • LINEの年齢認証が格安SIMでもできる

LINEモバイルの料金プラン

2016年9月5日に料金プランが発表されました。

LINEフリープラン

LINEフリー データ容量 料金
データ通信のみ 1GB 500円
SMS機能つき 1GB 620円
音声通話つき 1GB 1,200円

LINEフリープランとは、LINEの音声通話、トーク、画像・動画の送受信、タイムラインが無料になるサービスです。

LINEの無料通話はそれなりにデータ量を消費するので使う人のメリットは大きいですね。

参考:LINEの無料通話のパケット通信量ってどのくらい?LINE電話との違いは?

LINEを使いたいからスマホを持ちたいと考えているユーザー向けとなっています。

コミュニケーションフリー

コミュニケーションフリー 容量 料金
データ通信+SMS 3GB 1,100円
5GB 1,640円
7GB 2,300円
10GB 2,640円
データ通信+音声通話 3GB 1,690円
5GB 2,220円
7GB 2,880円
10GB 3,220円

コミュニケーションフリープランは、LINEフリープランにTwitter、Facebookの通信料が無料になるプランを提供する形になります。

カウントフリーになるもの

Twitter:タイムライン、ホーム・ニュース・通知、メッセージ機能、プロフィールの編集

Facebook:タイムライン・ニュースフィードの投稿、リクエスト・お知らせ・その他の画面表示、プロフィールの編集

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルの特徴はLINEを含む主要SNSのデータ通信量が無料になることです。

無料になるもの

  • LINE:無料通話,トーク,タイムライン
  • Twitter:投稿,閲覧
  • Facebook:投稿,閲覧

対象外

LINE LIVE

同じような機能を持っているのはFREETELの「メッセンジャーアプリ データ通信料0円サービス」です。

こちらにはTwitter,Facebookが含まれていないので特にSNSを活用する方に嬉しい最高のサービスだと言えます。

ただ、どこまでの速度で0円で提供するのかは微妙です。

というのもLINEやTwitterだけでかなりのデータ容量を使うヘビーユーザーは多いです。大手キャリアで7GB通信規制をくらっている人も多いので不安には感じます。

公式ブログを見ている感じ本気である程度の速度を確保していきそうですね。

現状は、スマートフォンの普及率も人口の約半分程度。さらに、スマートフォンのゲームや音楽・動画などの楽しいコンテンツが増えるたびに、「ギガが足りない」「動画を見すぎてTwitter/LINE両方つながりにくくて友だちと連絡がとりづらい」といった声も数多く出ています。
そこで、LINEは、スマートフォンユーザーの皆様とサービス/コンテンツとの距離を縮めて、もっと楽しめる環境を提供するために、モバイル通信サービスも手がけるべきだという考えに至りました。
「LINEモバイル」で、今のスマートフォンの環境を変え、ユーザーとモバイルの関係をより良くしていく。

こうした驚異的なサービスを提供しだすと他の格安SIMも追随する傾向があるのでSNS無料を一般化してくるかもしれません。

格安SIMで年齢認証ができる!

これまで格安SIMはLINEの年齢認証が出来ないことで有名でした。

参考:格安SIMでLINEの年齢認証は出来ないの?解決方法は?

LINEモバイルの登場によって格安SIMで年齢認証が出来なかった時代は終わります。

年齢認証はIIJ(インターネットイニシアティブがドコモに加入者管理機能の連帯に関する申し込みをしており、2017年下旬には年齢認証がIIJmio系で出来るように動いています。

参考:【フルMVNO】LINEなどの年齢認証がIIJmio系で出来るようになる

ID検索を使いたい人にとっては2016年時点でLINEモバイルを利用するメリットはあります。

LINEモバイルの評価・評判

LINEモバイルのMVNEがNTTコミュニケーションズとなっているのでOCN モバイル ONEの回線を使用します。

OCNモバイルONEの回線は特別早い速度を出しているわけでもなくイマイチです。実際にLINEモバイルを使ってみないとなんとも言えませんが…。

そもそもSNS利用を目的としており、通信速度も少ないのでSNS利用でには問題なく利用できるでしょう。

カウントフリーには通信規制がある(読み込めるレベルですが)

まとめ

先行発売は2016年9月5日14時。一般発売は2016年10月1日。

当初の予定では一般販売が2016年10月1日からでしたが、急遽前倒しをしているので予測しているよりもユーザーが集まらなかったのかもしれないです。

LINEモバイルは買いか?

LINEモバイルは「LINEが無料・SNSが無料になる」とインパクトのある発表となりましたが、冷静に考えると微妙な部分があります。

ガラケーからの乗り換えでスマホ初心者はTONEがおすすめです。

TONEは月額料金1,000円で500Kbpsの低速ですが使い放題なのでTwitter、LINE、Facebookは使い放題です。

LINE使い放題という観点で考えれば、低速通信でもLINEは問題なく使えるので200Kbps(低速モード)だけの格安SIMで十分使えます。

SNSが無料に魅力を感じるのでああれば、UQ mobileです低速モードでSNS,低速の動画が、カウントフリー(データ消費なし)になります。

TONE

月額1,000円でインターネット、電話&遠隔サポートが使い放題。
TONEなら難しい設定は不要。届いたらすぐに使いはじめることができます。毎月CD・DVDが1枚借りれるTSUTAYAならではの特典あり!

最新機種【TONE m15】は付属の箱に入れるだけでトラブルを解決出来る新機能を搭載!初めてのスマホを使うからこそ安心できるTONEがおすすめ!

12/31までの期間限定で基本料金を最大6ヶ月間無料キャンペーン実施中!

UQmobile

格安SIMの実測スピードNO.1! 無料通話のついたぴったりプランは1,980円〜。時間帯によっては大手キャリアよりも通信速度が速い場合あり!速度で選ぶならUQmobileがおすすめ! MNP(乗り換え)でセット端末を実質0円で販売中!

アドセンス

アドセンス

-MVNO 比較

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.