格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

Moto G5 Plusのスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

Moto G5 Plusは国内初のDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応機のMoto G4 Plusの後継機種です。

発売日は3月31日。Moto G5、Moto G5 Plusの2種類の発売で両方ともDSDSに対応しています。

Moto G5 Plusはミドルクラスの性能を持端末でMoto G4 Plusに続くDSDS時にSDカードの併用可能な端末となっています。

Moto G5 Plusのスペック

前作のMoto G4 Plusと比較していきます。

Moto G4 Plus Moto G4 Plus
OS Android(TM) 7.0、Nougat Android™ 6.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 625プロセッサ2.0 GHz オクタコア CPU Qualcomm® Snapdragon™ 617(MSM8952)
プロセッサ1.5GHz オクタコアCPU
GPU Adreno 506 Adreno 505
画面サイズ 5.2 インチ 5.5インチIPS液晶
解像度 1,920×1080ドット 1,920×1080ドット
メモリ 4 GB 3GB
データ容量 32 GB 32GB
カメラ 前面500万画素、背面1200万画素 前面500万画素、背面1600万画素
バッテリー容量 3000 mAh 3000 mAh
重量 155 g 約157g
外部SDカード microSDカード対応(最大128GB) microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ150.2 mm×幅74.0 mm×厚さ7.7 mm ~ 9.7 mm 高さ約152.9mm×幅76.5mm×厚さ7.87mm
防水/防塵 ×/× ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/× ×/×
おサイフケータイ × ×
テザリング
SIM nanoSIM×2 microSIM×1・nanoSIM×1
カラー ルナグレー,ファインゴールド ブラック/ホワイト
  • DSDS対応
  • 指紋認証搭載
  • ジャイロセンサー搭載
  • 撥水ナノコーティング

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に関しては『DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ』をご覧ください。

Moto G5 Plusの対応バンド

  • LTE:B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41
  • W-CDMA:B1/2/5/6/8/19

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。
  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です。28も徐々に増えています。

ドコモの電話(3G)回線はFOMAプラスエリア(B6:800MHz)に対応していないのでやや注意が必要です。

ドコモの3Gはバンド1/6を主に使っています。都市部で使う場合は問題ありませんが、バンド6は山間部のエリアを補っているので田舎に行く場合・暮らしている方は使えない可能性があります。

バンド5(850MHz)に対応しており、FOMAプラスエリアをつかめる場合があります。
だたし、完全につかめるわけではないので補助的に考えておいた方が良いです。

不安な方はドコモのエリアを確認しておきましょう。

参考:ドコモのサービスエリア

auの格安SIMは利用できない

au回線はバンドに対応していても通信規格が異なるので利用できません。

SIMフリー端末では、VoLTEに対応している端末のみ利用可能です。

au回線を使いたい場合は、ZenFone 3を利用しましょう。

Moto G5 Plusの評価・評判

前作のMoto G4 Plusは、5.5インチでしたが、G5 Plusは5.2インチと小型化しています。

Moto G4 PlusもDSDS+SDカード併用可能で十分おすすめできました。しかし、後発の端末スペックが向上され魅力が薄くなっていました。

今作のMoto G5 Plusは、同じDSDS端末のZenFone 3・HUAWEI novaと同じCPUを搭載し、価格帯も最も安いです。

3万円台のミドルスペックでは最もおすすめできる端末となりました。

Qualcomm® Snapdragon™ 625のCPUなので負荷の高い3Dゲームでもカクついたりすることなく利用できます。

Moto G4 Plus改良されたMoto G5 PlusはDSDS端末の売り上げランキングで1位になるでしょう

15分の充電で最大6時間稼働

付属のTurboPowerチャージャーを利用すれば15分の高速充電で6時間のバッテリー稼働時間が得られます。

Moto G5は、15分で最大4時間で魅力を感じなかったのですが、Moto G5 Plusなら最大6時間。急速充電のメリットは十分ありますね。

カメラ性能

カメラ性能はGalaxy S7と同じ技術を利用。サムスンの1年前のフラッグシップ(現在も発売している)モデルです。

デュアルピクセル・オートフォーカス技術を導入しており、従来モデルに比べ最大60%高速にフォーカス可能としています。そのためシャッターチャンスを逃さず、昼夜を問わず撮影可能です。

G5と比較すると1200万画素と若干画素数が低くなっていますが、性能はG5 Plusの方が上です。

Moto製品のカメラは特徴的で出っ張りがあります。カバーなどを利用すれば問題ありませんが、そのまま使う人は注意が必要です。

Moto エクスペリエンス

Moto G5 Plusには、Moto アクションというMoto独自の機能が利用できます。

  • ワンボタンナビ:指紋センサーを使用して「戻る」「最新のアプリ履歴」
  • 2回振り下ろしてフラッシュライトを操作
  • 手首を2回ひねってカメラ起動
  • スワイプして画面縮小
  • 持ち上げて着信音停止
  • 下向きにおいて無音化

スマホを片手で操作できるような工夫がされているので慣れると使いやすいです。

Moto G5 Plusはどこで購入できるの?

発売は3月31日~

Amazonでは事前予約を実施しています。

格安SIM業者では、IIJmio、DMMモバイル、BIGLOBE SIMを予定しています。

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2017 AllRights Reserved.