格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

Moto G5のスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

Moto G5は国内初のDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応機のMoto G4 Plusの後継機種です。

発売日は3月31日。Moto G5、Moto G5 Plusの2種類の発売で両方ともDSDSに対応しています。

Moto 5GはMoto G5 Plusの安価版です。一部注意が必要な端末なので購入を考えている方は注意して読み進めてくださいね。

Moto G5のスペック

Moto G5
OS Android™ 7.0 Nougat
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430 (MSM8937) 1.4 GHz
GPU Adreno 505
画面サイズ 約 5.0インチ IPS液晶
解像度 1920×1080ドット
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(ダブルレンズ)
バッテリー容量 4000 mAh
重量 190g
外部SDカード microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ約144.3mm×幅73mm×奥行き8.7mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIMスロット×2
カラー ルナグレー、ファインゴールド
  • 指紋認証センサー
  • ジャイロセンサー
  • DSDS対応

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に関しては『DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ』をご覧ください。

Moto G5の対応バンド

  • LTE:B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40
  • W-CDMA:1/2/5/6/8/19

ドコモの格安SIMで使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です。

DSDS用の3G回線は、ドコモ・ソフトバンクの回線が利用可能です。(夏以降)

Moto G5の評価・評判

Moto G5の特徴は2万円台の安い価格帯でありながら

  • DSDS対応 かつ SDカード併用可能?(実機を確認していので調査中です)
  • バッテリー交換可能
  • 指紋認証付き

低価格なだけあって背面はプラスチック製ですが、Moto G5 Plusと同色なのでパッと見た感じでは変わらないです。

全面に指紋認証があり、片手で使える設計のMoto エクスペリエンスの機能を搭載したスマホとなっています。

Moto エクスペリエンス

Moto G5は特別大きな機能はありませんが、Moto アクションというMoto独自の機能が利用できます。

  • ワンボタンナビ:指紋センサーを使用して「戻る」「最新のアプリ履歴」
  • 2回振り下ろしてフラッシュライトを操作
  • 手首を2回ひねってカメラ起動
  • スワイプして画面縮小
  • 持ち上げて着信音停止
  • 下向きにおいて無音化

スマホを片手で操作できるという、ユーザーの欲しい機能を揃えています。

DSDSは夏から

注意したいのはDSDSについて。

DSDS対応しているのですが、実際に利用できるのは夏以降となります

価格帯では安いのですが、若干タイムラグがあるので購入を検討中の方はすぐに使えないので注意してください。

Moto G5はどこで購入できるの?

発売は3月31日から。価格は2万2800円〜。Amazonでは予約を受け付け中。

格安SIM業者では、IIJmio、DMMモバイル、BIGLOBE SIMを予定しています。

BIGLOBE SIMは、フォローとリツイートでG5 または G5 Plusが当たるキャンペーンを実施しているのでフォロー&リツイートをしておきましょう。

また価格などがわかったら追記していきます。

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2017 All Rights Reserved.