格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

コラム

Phone6sの買い替えにMNPを使うと50,000円以上損します。

投稿日:2015年9月12日 更新日:

iPhone6sをMNPで購入した場合の維持費を予測していきます。

2年間で支払う金額の総額をお伝えしていきます。

各社のiPhone6sの端末代一覧

MNP価格をまとめていきます。

iPhone 6s Docomo au SoftBank
容量 16GB 64GB 128GB 16GB 64GB 128GB 16GB 64GB 128GB
端末代 93,312円 99,792円 99,792円 84,240円 97,080円 109,920円 93,600 円 106,560 円 119,520 円
月々サポート -3,456円 -3,186円 -2,646円 2,840円 2,840円 2,840円 2,835 円 2,835 円 2,835 円
独自のサポート 417 円 417 円 417 円
実質負担 432円 972円 1,512円 670円 1,205円 1,740円 648 円 1,188 円 1,728 円

auのみ、税別価格。

実質負担のみを見ると、Docomoが優勢となっています。

参考元一覧

各社のMNP条件

各社のMNPの条件としては、

  • 電話かけ放題プランの加入+パケット容量2GBからの加入
  • フラット型のデータプラン(7GB)+基本使用量(980円程度)の加入

の2通りで、おおよそ6500円〜7000円の間が最安値帯となっております。

かけ放題プランに関しては、2年契約で、途中解約は9500円の違約金を用意しています。

2年間での金額

Docomoもモデルで計算していくと

端末の実質負担価格は、10,368円

月料金:7020円 (税込価格に合わせました)なので2年間で168,480円

最安値帯での合計金額は、178,848円となります。

1年でおよそ9万円となりますね。2年縛りの固定金額でですよ。

また、ソフトバンクは鬼畜な解約金になるかもしれません。(他者はまだ優しいかと…)

iPhone6sSIMフリー版購入+格安スマホの場合

16GB:8万6800円(税別)
64GB:9万8800円(税別)
128GB:11万800円(税別)

実は、SIMフリー版のほうがキャリアと比べても安いです。

 

iPhoneのSIMフリー版でも分割購入が可能?

Appleストアで購入した経験がない方は、「一括購入のみ」のイメージではありませんか?

実は、Appleストアでも24回払い特別分割金利0円キャンペーンを実施しています。

2016年3月31日まで、Apple Online Storeまたはお近くのApple Storeで合計30,000円(税込)以上購入すると、Appleローンが24回払いまで実質年率0%でご利用いただけます。
*ただし、提携ローン会社との契約が成立した場合に限ります。

期間が決められていますので、気になる方は公式ページをごらんください。

→Appleのローンに関して

格安スマホでもiOSの動作確認を素早く実施しているmineoで料金を比較してみましょう。Docomo版(au版ですとiOSに不具合が出る為)で考えていきます。

多くの乗り換え条件と同様にするために、3GBで計算します。キャリアスマホよりも1GB多いですね。

データ容量3GB音声通話付き料金は1,600円明らかに維持費が安くなりますね。

2年間での合計料金は、

端末代 :86,800円

通信費合計:38,400円

2年間での合計金額125,200円。税金を加算すると135,216円

Docomo、au、SoftBankとの料金プランと比較しても約4万円は節約することができます。

格安スマホの解約金の発生条件がキャリアスマホに比べても優しい内容となっており、キャリアが2年縛りに対してmineoでは6ヶ月で解約が可能になります。

傾向的にiPhoneのSIMフリー版は使い終わっても、売る際にも高値がつきやすく、端末の価値として考えてもSIMフリー版を購入するほうがいいでしょう。

iPhoneを使うならmineoがおすすめ↓

格安スマホと比べてみよう

計算されてもよく分からないって方に、表にして比べてもらいましょう。iPhoneで使いたい場合は格安スマホにが絶対にオススメ。

キャリアスマホはDocomo、au、ソフトバンクの料金プランをまとめています。各社ともに同じ料金なんですよ。

キャリア キャリアスマホ mineo
基本料金(プラン名) 2,700円(電話かけ放題)
インターネット接続料金 300円(LTENET)
1GB 1,500円
2GB 3,500円
3GB 4,200円(auのみ) 1,600円
5GB 5,000円 2,280円
7GB
月額料金合計 6,500円〜 1,500円〜

比べてみるとお分かりいただけますね。最安値価格を比べると約5,000円も安い。電話をほとんどしないなら、年間で5万円削減できますよね。

最新のiOSを安心して使える格安SIM→mineoの評価・口コミと他の格安SIMとの比較

iPhoneは売ることまで考えて購入しよう

トータルで考える場合、売る機種代まで考えるとさほど高くないことがわかります。

来年には、iPhone7とか出てますって!今回買い換えるなら絶対に買うでしょ?その時、iPhone6sどうしますか?

下取りに出すとしても正規で売る価格と比べて低くなります。キャリアは目先の端末割引を用意していますが、実際に支払う金額はSIMフリー版を購入するよりも高額になります。

まとめ

MNPは2年間で機種代をキッチリと回収します。怖いですよね。早期解約は、きついペナルティありますし。

今、SIMフリー版に切り替えると2年で最低でも5万円は安くなりますよ。使うデータ容量が多ければ、さらに割引額は増加していきます。

MNPのお得なキャンペーン情報を集める前に、期間合計で考えて使い方を考えてみましょう。

iPhoneを格安SIMで使う場合はいくつか注意が必要です。以下のガイドを参考に選んでください。

iPhoneで格安SIMを使う手順・方法まとめ(iPhone6s対応)

大手キャリアから格安SIMに切り替える方は手順をまとめていますので、参考にどうぞ。

アドセンス

アドセンス

-コラム

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.