格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

MVNO 比較

ぷららモバイルLTEの評価・口コミと他の格安SIMとの比較

投稿日:2015年10月23日 更新日:

ぷららモバイルLTEは、NTTグループ会社の「NTTぷらら」が運営する格安スマホで、MVNO事業者の中でも老舗企業です。

ぷららモバイルLTEは、格安SIMでもデータ容量無制限の先駆けとなるプランを提供したり、独自の事業特典として動画サービス「ひかりTV」とセキュリティーサービスを無料で提供しています。

無制限プランのイメージが強い格安スマホですが、他にも定額(7GB)のコースなども用意されています。

ぷららモバイルLTEのおすすめポイント

  • 全プラン初月利用料金無料
  • 無制限プランで通信制限なし
  • ひかり TV エントリープラン(324/月)が無料
  • セキュリティが無料

ぷららモバイルLTEの料金プラン

データ

プラン名 通信速度 料金
定額無制限 3Mbps 2,980円
定額(7GB) 150Mbps 2,036円
定額ライト(110MB/日) 972円
二段階定額(100MB/日) 390円〜2,550円

 

音声通話付きSIM

プラン名 通信速度 料金
定額無制限 3Mbps 3,736円
定額(7GB) 150Mbps 2,792円
定額ライト(110MB/日) 1,728円

その他必要な必要

初期費用:3,000円

解約金:8,000円(音声通話のみ、最低利用期間:6ヶ月)

MNP転出:3,000円

通話料は21.6円/30秒

ぷららモバイルLTEの通信速度ってどうなの?

通信速度は、2通り

  • 定額無制限プラン:3Mbps
  • 定額プラン:150Mbps

他社ではOCNモバイルONEUQモバイルが、500Kbpsと言った低速で売り出しているのでのスピードと言えるでしょう。

3Mbpsはどのくらいの速さなのか。

速度をまとめていきましょう。

通信速度 KB(容量) ヤフートップページ表示速度
500Kbps 63KB/s 3.7秒
1Mbps 130KB/s 1.8秒
2Mbps 260KB/s 0.9秒
3Mbps 390KB/s 0.6秒

比較的簡素なサイト236KBの容量のサイトを想定した場合は、以上のような速度になります。

一般的には1MB程度のサイトが多いので、4倍程度かかるでしょう。

YOUTUBEなどの動画は画質を360Pと落としておけば600Kbpsの速度で十分対応できます。

テザリングを使ってPCを使う場合も1Mbpsの速度が出ていれば、インターネットも表示速度は5秒程度かかるにしても問題なく使えます。

ぷららモバイルLTEの口コミはどうなのか?

ここで掲載されている速度は、ベストエフォート方式で理論上の数値になります。実測値はどうなのでしょうか?

ぷららモバイルLTE 無制限

定額ライト(150Mbps)

ぷららモバイルLTEの速度は遅い!

設備増設に関しても、2015年4月27日発表分で最終となっており、2016年7月時点ではありません。他社のMVNO業社に比べて投資活動が遅れている様子があります。

公式サイト時代もリニューアルする様子もなく料金もそのまま。サービス内容も変わらないのでそこまで力を入れている様子は無いです。

速度制限の条件

ただ、速度規制に関しては他社と一線を画す形で提供しています。

ITメディアのインタビュー記事にて担当者に伺った内容を引用すると…

―― ヘビーユーザーに対してですが、本当にまったく制限はかけていないのでしょうか。

原田氏 かけていません。今の売り方やうたい方を考えると、それはできません。

下鳥氏 事業者として、そこに制限をかけるわけにはいきません。

無制限プランの規制はありません。

7GBの定額プランに関しても、3日1GBなどの制限もなく、容量を使い終わるまで高速データ通信ができます。

ぷららモバイルLTEの特徴

ぷららが選ばれる特徴をまとめていきます。

規制のない無制限高速データ通信プラン

ハイスピードな速度は出ませんが、使いすぎた場合の規制はありません。ある程度遅くても問題ない使い方なら問題なく使えるでしょう。

動画配信サービスが無料

ひかりTVが提供する映画やドラマ、アニメやバラエティなど約3,000本の人気ビデオ作品を、PC・スマートフォン・タブレットで視聴できるプランです。 通常、月額350円するものが無料となります。 動画サービスでもコンテンツ量はそこそこ多い部類になります。

有害サイトをブロックする機能が無料

『ネットバリアベーシック』は、未成年者にとって有害なサイト(暴力、アダルト等)、セキュリティ上危険なサイト(ワンクリック詐欺・フィッシング等)、子供たちに対する性的虐待や児童買春などの犯罪を助長するサイト及び不正な通信をブロックするサービスです。

防ぐ内容は、

  • ワンクリック詐欺
  • フィッシング
  • 青少年に有害なサイト(暴力・アダルト等)
  • 子供たちに対する性的虐待や児童買春等の犯罪を助長するサイト(児童ポルノ)

ネットバリアレベルも3段階に分かれています。

ぷららモバイルLTEの残念な点(デメリット)

無制限データプランの速度が遅い。

ユーザーが増えてきても、速度規制をしないので混雑する場合は遅くなってしまいます。 もう少し投資してくれたら…と思ってしまいます。   選べるプランが少ない 二段階定額プランは複雑な内容になっているので選べたものではありません。 390円と2,550円では差が大きいですよね。ギャンブルみたいなものですよ。

ぷららモバイルLTEにおすすめの端末は?

ドコモの端末、SIMフリー機であれば使用可能です 音声プランに関しては、セットスマホがあります。以前は販売していたのですが、なくなりました。

SIMフリー機であればだいたい使えるので、最新のコスパの高い端末を購入しておけばいいでしょう。

HUAWEI P9 lite

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-WHITE(ホワイト) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-WHITE
価格:29,980円〜 5.2インチ、Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)、Android 6.0、メインカメラ1300万画素、3000mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ147g、指紋認証
2016年6月に発売されてから、翌月にはランキング1位を達成。 3万円台の端末では、処理能力と省電力を両立させたオクタコアCPUの性能はワンランク上です。 デザインもサンドブラスト仕上げとダイヤモンドカットによる高級感あふれる仕上がりへと進化。 性能も、見た目も最上級の仕上がりです。

Wi-Fiがメインで使うという方はバッテリー容量が多いZenFone MAXがおすすめ

ZenFone MAX

【国内正規品】ASUSTek ZenFone Max (SIMフリー/Android5.0.2 /5.5inch /デュアルmicroSIM /LTE)(2GB/16GB) (ホワイト) ZC550KL-WH16
価格:27,800円〜 5.5インチIPS液晶、Qualcomm® SnapdragonTM 410(クアッドコアCPU)1.2GHz、Android™ 5.0、メインカメラ1300万画素、5000 mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ202g、Corning® Gorilla® Glass 4採用
ZenFone MAXは5000mAhという超大容量バッテリー搭載のSIMフリー機です。 インターネット閲覧だけなら約32時間使用可能。他の端末にも充電できるリバースジチャージ機能付でタブレットやスマホとの2台持ちにオススメ!

ぷららモバイルLTEにしたほうがいい人はどんな人

  • 規制のない無制限で使いたい方
  • Wi-Fiを設置していない方
  • 総合的な通信費を5000円以下にしたい。

ベストな状態で3Mbpsの速度がしっかり出るなら、固定回線を切って契約したいところです…。

都心部では、ネットを使う人が密集しているので速度も遅くなる傾向がありますが、田舎の方なら速度も比較的安定しているという話も聞きます。が、回線投資をしていないため、使い続けるには無理があるかと思います。

ストレスのない通信速度で考えるならU-mobile、UQモバイルのどちらかがいいです。

端末までセットで購入するならUQモバイル、SIMだけの購入はU-mobileがおすすめです。

 

UQmobile

格安SIMの実測スピードNO.1! 無料通話のついたぴったりプランは1,980円〜。時間帯によっては大手キャリアよりも通信速度が速い場合あり!速度で選ぶならUQmobileがおすすめ! MNP(乗り換え)でセット端末を実質0円で販売中!

U-mobile

U-mobileは全プランでセキュリティレベルの高いU-NEXT Wi-Fiが無料で使えいます。 音楽聴き放題、映画が毎月1本無料で観れる特典あり! データ無制限プラン LTE使い放題 PREMIUMは通信速度が速め!音楽・映画好きにおすすめの格安SIM!

アドセンス

アドセンス

-MVNO 比較

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.