格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

MVNO 比較

楽天モバイルの評価・口コミと他の格安SIMとの比較

投稿日:2015年8月19日 更新日:

通販販売サイトとして有名な「楽天」の運営する「楽天モバイル」。

格安スマホ業界でも後発組であるにもかかわらず、巨大企業の行う格安スマホだけあってサービスが充実しています。

楽天市場で買い物をする方なら一番おすすめの格安SIMで、最安値帯の月額料金の通話SIMを申し込むと楽天市場での買い物でもらえるポイントがずっと2倍になります。

また、セットで販売されている格安スマホを一緒に購入すると多量にポイントをプレゼントするなど、ユーザーへのキャッシュバックキャンペーンが手厚くしているが特長です。

公式サイトへ

楽天モバイルのおすすめポイント

まずは、楽天モバイルをおすすめできるポイントを整理していきましょう。

  • 初月無料
  • キャンペーンで安く端末を購入できる
  • 楽天電話に申し込むと1500ポイント
  • 月額料金は最安値価格帯
  • データ容量の繰越対応
  • 通話SIMの契約で楽天ポイントが2倍
  • 端末購入にポイントが使える
  • 楽天モバイル専用の店舗がある
  • 通話し放題(5分かけ放題オプション)がある

楽天モバイルの店舗で何ができるの?

格安SIMの業者としては、数少ない店舗で購入できます。

店舗でできることは以下の通り。

  • SIMカード、端末の当日購入&受け渡しが可能!
  • MNP手続きも当日完了
  • 実際に端末をさわって試せる!サービス詳細が聞ける!
  • 特設カウンターでWebお申し込みをサポート

格安スマホの端末を実際に触ることができて、サービス内容についても聞くことができます。単純に売るだけでなく、開通まで面倒を見てくれます。携帯電話を使っている最中のアフターフォローの場としても期待できます。

渋谷の楽天カフェを中心に展開しているサービスなだけあって安心感がありますよね。

店舗詳細こちらから

楽天モバイルショップ情報

楽天カフェ

楽天モバイルの注意点

楽天モバイルの注意点を整理していきます。

  • 3G専用端末では使えない
  • 解約金が他社と比べると厳しい(12ヶ月以内の解約9,800円)
  • SIMカードの再発行手数料がやや高い
  • 200kbpsは遅い→バースト転送ありました。

楽天モバイルの料金プラン

データ

2台目スマホやタブレット向け

通信速度 容量 SMSなし SMSあり
200Kbps なし 525円 645円
150Mbps 3.1GB 900円 1,020円
5GB 1,450円 1,570円
10GB 2260円 2380円

音声付き

通信速度 容量 料金
200Kbps なし 1,250円
150Mbps 3.1GB 1,600円
5GB 2,150円
10GB 2,960円

初期手数料と解約金

  • 初期手数料3,000円
  • SIMカード発行手数料4,000円(他社は3,000円)
  • 解約金は、通話SIMのみ12ヶ月以内で9,800円
  • MNP転出:3,000円

オプション料金

  • アドレス帳・写真移行サービス5,000円 or 11,000円(セット端末申し込み時に申し込み可能)
  • 端末補償 500円/月(端末交換サービスで故障した際に4,000円〜7,000円で交換できます)
  • スマホサポート 500円/月(初期設定や使い方を電話でサポートするサービス)
  • 留守番電話 300円/月
  • キャッチホン 0円
  • 転送電話 200円/月
  • 容量追加パック 300円/100MB

通話料金 20円/30秒

通信速度と速度制限

通信速度は、2015年10月5日までの◯◯GBパックの契約時の旧契約ユーザーと、2015年10月6日からの〇〇GBプランの新契約ユーザーで通信速度が変わっています。

新プランのユーザーの方が旧ユーザーに比べて通信速度が出るようになっています。ただし、設備投資を行っているため徐々に差はなくなりましたが、これから契約するユーザーを優先するかと思われます。

1カ月間の合計通信量が「高速通信容量」を超えた場合、通信速度が200kbpsに制限されます。

さらに各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信料を超えると当日の23時59分まで200kbpsに速度制限をかけられます

楽天モバイルSIMアプリを使えば、高速通信ON/OFFの切り替えができます。

しかし、高速通信をOFFにしても契約したデータ容量を使用することになりますので、3日間の制限に到達した場合は、制限がかかります。DMMモバイルやIIJmioのように200Kbps時のバースト機能がないため、もう一段階の規制はありません。

高速データ通信をオフにしてデータ容量を消費するのは格安SIMでも楽天モバイルくらいなので、インターネットラジオ(radiko)でストリーミング配信のサービスを使うとなるとベーシックプラン(200kbps)のものが一番オススメになります。

通話料が半額になる楽天電話

通常の通話料金は20円/30秒ですが、楽天電話を使うと10円/30秒になります。

IP電話サービス(050)などは、相手に電話をかけた際に、050〜の番号表記となって敬遠される場合があります。

楽天電話なら相手に普段使っている電話番号がそのまま表示され、音質も普通の電話と同じくらいなので、ビジネス用途にも活用できます。

さらに楽天モバイル契約時に楽天でんわと同時申し込みで1,500ポイントもらえるので必ず一緒に使うようにしましょう。

楽天でんわの通話料100円につき1ポイント還元されます。

5分かけ放題オプション

2016年1月28日より5分以内の通話を無料にするかけ放題オプションが追加されました。

料金:850円

楽天でんわを使って回数制限なく使用できます。

5分を超えた場合は、30秒当たり10円の通話料が発生します。

楽天モバイルのおすすめセットスマホ

現在の契約では、3G専用端末は使えなくなっているため、LTE(4G)専用端末の使用となります。

購入するなら楽天モバイル限定端末のhonor 8です。

honor 8

honor 8
価格:42,800円〜 5.2インチIPS液晶、Kirin 950 オクタコア(4 x 2.3GHz + 4 x 1.8GHz)、Android™ 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1、メインカメラ1200万画素(ダブルレンズ搭載)、3000 mAh、メモリ4GB、容量32GB、重さ153g、指紋認証搭載、赤外線リモコン対応、ジャイロセンサー搭載、CA対応
楽天モバイル限定、ダブルレンズ搭載の端末! 高級感のあるメタルフレームを使用・カメラの突起なし。シンプルなフラットボディで美しいデザインに見合う性能を持ち合わせた端末です。 ダブルレンズスマホでキメ細かな色彩を表現。多彩な撮影モードで撮影の楽しさを味わえます。

端末補償の加入について

セット端末を購入すると500円/月のオプションで端末補償つけることができます。

  • 故障:急に電源が入らなくなった!画面がフリーズしてしまった!
  • 水濡れ:トイレに落としてしまった!台所の流しに落としてしまった!
  • 落下・破損:机から落としてしまった!衝突した拍子に落としてしまった!

上記の場合に補償は使えます。

最大2年間支払うことを想定すると500円×24ヶ月=12,000円

12,000円に機種交換時の負担金額を足しますので、現在売られているセット端末に補償をつけても良さそうですね。

高額端末の場合は加入した方が故障した際に安くすみます。過去に故障したことがある方は、補償もつけておきましょう。

楽天モバイルの口コミ・評判

旧プランと新プランの差について

新プランであれば、ライトユーザーからヘビーユーザーまで安定した通信速度で使用できますね。

楽天モバイルの詳細はこちら

【楽天モバイル】

楽天モバイルでiPhoneは使えるの?

iPhoneはドコモの端末もしくは、SIMフリー端末で使うことができます。

動作確認済み端末一覧

  • iPhone 6s / iPhone 6s Plus(SIMフリー版/docomo版)
  • iPhone 6 / iPhone 6 Plus(SIMフリー版/docomo版)
  • iPhone 5s(SIMフリー版/docomo版)
  • iPhone 5c(SIMフリー版/docomo版)
  • iPhone 5(SIMフリー版)

ドコモの端末でもテザリングは無料で使うことができます。

ソフトバンクやauのiPhoneに関しては通信規格が異なるため、SIMロックを解除しても使うことができません。

【追記】現在、楽天モバイルはiOS9の動作確認まで行っていますが、iOS9.2を使うことができません。(2016年1月2日調べ)

正しい表記としては、楽天モバイルでiPhoneは使うことができます(iOS9)。ただし、最新のiOS9.2では対応していないためオススメできません。

iPhoneを使いたい方はこちらの記事を絶対に読んで下さい。

iPhoneで格安SIMを使う手順・方法まとめ

楽天モバイルに乗り換える方法

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換える方法は、こちらから確認をしておきましょう。

はじめての格安スマホ。MNPの手順と注意するべき使えない期間

楽天モバイルにしたほうがいい人はどんな人

  • 格安スマホを安く使いたい方
  • 楽天のサービスを使っている人
  • 最新のSIMフリー機を使いたい人

楽天のサービスを使っている人は、ポイントを使える上にキャンペーンによっては、ずっとポイント2倍、ポイント還元を行っています。

 

楽天スーパーポイントで支払いができるため使い方によっては最もお得です。

詳しくはこちらへ→【楽天モバイル】



楽天モバイルの最新キャンペーン情報

期間限定 秋の大特価キャンペーン 2016年12月8日9:59まで

  • ZenFone 2 Laser:1,251円337円/月×24回(データSIMは562円/月)
  • ZenFone Go337円/月×24回(データSIMは562円/月)
  • AQUOS SH-RM02:873円/月×24回
  • Xperia J1 compact:2,466円1228円/月×24回(データSIMは1,786円/月)

【楽天モバイル 2周年記念】2016年12月8日(木)9:59まで

  • honor 8 5,000円割引で端末費用が37,800円

楽天スーパーSALE 特別企画2016年12月8日(木)9:59まで

  • Liquid Z530:980円 (2016年12月3日19:00〜 )
  • P9 lite:17,900円(2016年12月5日22:00〜22:59 )
  • ZenFone MAX:16,800円(2016年12月7日23:30〜23:59 )

2016夏モデル4端末割引キャンペーンも開催中! 2016年12月20日 9:59まで

詳しくはこちらへ→【楽天モバイル】



アドセンス

アドセンス

-MVNO 比較

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.