格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

端末補償のある格安スマホとサービス内容の比較まとめ

投稿日:

格安スマホの補償

格安スマホは、オプションで端末補償をつけれる会社が多く故障・破損といった万が一の事態に備えられるようになりました。

どのMVNO(格安SIM)会社も同じような補償内容を提供しているように見えてややサービス内容が異なります。

格安スマホの補償加入を考えている方向けに主要会社の端末補償をまとめてみました。まだどの会社で購入するか考えている方は参考にしてくださいね。

格安スマホの端末補償とは?

格安スマホの端末補償とは、SIMカードと一緒に購入したセット端末の補償のことです。

メーカーの保証が1年程度ついていますが、初期不良や自然故障を対象しているためほとんど取り合ってもらえません。

一例としてarrowsのメーカー補償を確認してみてください。

保証書の保証期間内に取扱説明書、製品添付ラベルなどの注意書きにしたがった正常な使用状態で製品が故障した場合には、当社無料修理規定に従い無料で修理をさせていただきます。保証期間内に修理を依頼される場合には、必ず保証書を添付してください。また、保証書は再発行できませんので、大切に保管してください。

製品保証のご案内

対応してもらえない場合の補償として、各社で用意しているのが修理や交換費用を補填する端末補償なのです。

端末補償はタダではない

端末補償は故障した際の修理・交換費用は無料ではありません。

回数制限を設けられているところが多く3,000円〜5,000円程度の負担金を支払う必要があります。

端末補償は保険のようなもので、使わなければ支払い損になってしまいます。

事前に入った方が良いのか?を検討しておく必要があります

スマホの端末補償は入るべき?

ざっくりとした話になりますが、端末代が1〜2万円代の安い端末は不要です。

最も安い端末補償オプション料で試算してみました。

月額料金:380円

故障した場合の負担金:5000円/1回

故障なし 1回故障
6ヶ月経過 2,280円 7,280円
12ヶ月経過 4,560円 9,560円
18ヶ月経過 6,840円 1,1840円
24ヶ月経過 9,120円 14,120円

SIMフリー端末は1年で新端末が発売するので買い換えた方が良いのです。

3万円以上の端末…ZenFone3、arrows M03、HUAWEI P9 liteMoto G4 Plusなどは、端末補償をつけておいた方が買い換えるよりも安く済むので入っておいた方が良いです。

格安スマホ補償を行なっている格安SIM

ここからは各社の端末補償を見ていきましょう。

比較のポイントは、価格・負担金・対応の方法です。

各社、自然故障の場合は交換ではなくメーカーの修理になるので注意してください。

DMM mobile 端末交換オプション

DMM mobile

DMM mobileは月額440円〜使える格安SIMで月額料金は業界最安値価格帯! 通信品質も高く、速度も速く、バースト転送などの機能が付いています。 月の途中でプラン変更も可能!豊富なプランを揃えており、月額料金を重視する方におすすめ!
  • 月額料金:350円
  • 負担金:3000円
  • 対象:年一回まで
  • 内容:自然故障、破損、水濡れ
  • 対応方法:リフレッシュ品(整備品)と交換
  • 期間:一年更新

NifMo あんしん保障

NifMo

コストパフォーマンス部門1位! 2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。 9月30日まで最大20,000円のキャッシュバック実施中!端末セット割・キャッシュバックで大幅値引き!最新端末を安く購入するならNifMoが一番!
  • 月額料金:380円
  • 負担金:1回目5,000円、2回目10,000円
  • 対象:2回まで
  • 内容:画面割れ、水没、そのほか故障・破損
  • 対応方法:交換機をお届け(最速で翌日)
  • 期間:最長3年間

楽天モバイル 端末補償

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)
  • 月額料金:500円
  • 負担金:1回目4,000円〜7,000円(端末によって異なります)
  • 対象:2回まで
  • 内容:故障、水濡れ、落下・破損
  • 対応方法:交換機をお届け
  • 期間:35ヶ月末日まで

mineo 端末安心保証サービス

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

  • 月額料金:370円
  • 負担金:1回目5,000円、2回目8,000円
  • 対象:2回まで
  • 内容:破損、破裂、異常電圧、水漏れ、偶然の事故による物損
  • 対応方法:交換機をお届け
  • 期間:最大2年間

mineo(マイネオ)の端末はどれがおすすめ?保証はつけるべき?」でも詳しくまとめています。

IIJmio 端末補償オプション

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio
2015年顧客満足度ランキング1位、MVNO業界シェア2位。 IIJmioは回線品質が高く、顧客だけでなく企業からの信頼も厚いです。他社の格安MVNOの開発をコンサルティングを行っています。信頼性を重視するならIIJmioがおすすめ。 (ただし、IIJmio回線を使っているDMM mobileのほうが低価格なので基本的にこちらをおすすめしています)
  • 月額料金:380円(最大2ヶ月間無料)
  • 負担金:1回目5,000円、2回目8,000円
  • 対象:過去1年間に2回
  • 内容:画面割れ、水濡れ、全損・部分破損
  • 対応方法:交換機をお届け(翌日配送)
  • 期間:記載なし

BIGLOBE SIM 端末安心サービス

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは6GB,12GBプランから、セキュリティの高いWi-Fiサービスを無料で使えます。月額650円で60分の通話が無料になる通話パック60を提供しています。 データSIMは口座振替可能。 毎月30分以上の通話、6GB以上データ量を使うひとにおすすめ!
  • 月額料金:380円(一部300円 or 400円)
  • 負担金:1回目5,000円、2回目10,000円、3回目15000円
  • 対象:2回まで
  • 内容:水没、全損、破損、故障
  • 対応方法:交換機をお届け
  • 期間:24~36ヶ月(端末によって異なります)

UQ mobile 端末補償

UQmobile

格安SIMの実測スピードNO.1! 無料通話のついたぴったりプランは1,980円〜。時間帯によっては大手キャリアよりも通信速度が速い場合あり!速度で選ぶならUQmobileがおすすめ! MNP(乗り換え)でセット端末を実質0円で販売中!
  • 月額料金:380円(一部300円 or 400円)
  • 負担金:上限5000円
  • 対象:上限なし
  • 内容:水没、全損、破損、故障、盗難・紛失
  • 対応方法:回収後修理
  • 代替機使用量:1,000円
  • 盗難補償:10,000円(UQmobile端末購入代金から補填)
  • 期間:端末製造終了後 4 年間まで

TONE 安心オプション

  • 月額料金:500円
  • 負担金:不明※
  • 対象:1年に2回まで
  • 内容:水没、破損、故障、盗難・紛失
  • 対応方法:修理 or 交換
  • 期間:記載なし

端末保証の規約には、

端末の一部故障・損壊の場合には15,000円、全損・盗難・紛失の場合には30,000円を支払限度額とします。

と記載されているため、現在発売されている端末はほぼ無償交換になるとおもいます。

格安スマホ補償比較で選ぶならどこ?

最後に表で比較して見ましょう。負担額は全て1回目を表示しています。

格安SIM業者 DMM mobile NifMo 楽天モバイル mineo IIJmio BIGLOBE SIM UQ mobile TONE
月額料金 350円 380円 500円 370円 380円 380円 380円 380円
負担金 3,000円 5,000円 4000円
〜7000円
5,000円 5,000円 5000円 5,000円 無料
対象範囲 破損、水濡れなどの故障 盗難・紛失対応
対応方法 交換 交換 交換 交換 交換 交換 修理
10,000円補償
修理
交換
回数 1回/年 2回 2回 2回 2回/年 2回 制限なし 2回/年

DMM mobileは、一見安く見えますが、元の端末代が高めの設定なのでお得なのか微妙です。

 

楽天モバイルは、セット端末をキャンペーンで激安なのですが、オプション料金が高いです。

補償だけで考えるとmineoIIJmioNifMoBIGLOBE SIMがいいですね。

ぜひ、格安スマホを購入する際に参考にしてくださいね。

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.