格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

格安スマホニュース

ソフトバンク1GBプランを追加を発表。料金やその他の割引はどうなるの?

投稿日:

2016年1月7日にソフトバンクから1GBのデータ定額パックを導入の発表がありました。

ソフトバンク株式会社は、SoftBankの料金プラン「スマ放題ライト」「スマ放題」において、月額2,900円で1GBまでのデータ通信ができる「データ定額パック・小容量(1)」を、2016年4月以降に導入します。これによりSoftBankのスマートフォン(通話+データ通信)が月額4,900円から利用可能となります。

以前、別の記事で動向を紹介してきました。

参考:携帯料金の引き下げっていつから?デメリットあるの?検討会と各社の動向とは

寡占状態にある料金プランをソフトバンクが崩してきましたが、その内容はどのようなものになるでしょうか?

現行の料金プランからの改正、ソフトバンク光のスマート値引きや、端末購入時の割引などを予測していきます。

ソフトバンクの現在の料金プランと新料金プラン

現在のソフトバンクの料金プランは大まかに解説すると以下のようになります。

スマ放題ライト スマ放題
基本プラン 1,700円 2,700円
S!ベーシックパック 300円
データ定額パック 5,400円〜(5GB) 3,780円〜(2GB)
最低合計金額 7,400円 6,780円

2015年9月にauのスーパーカケホに対抗した料金プランも最低料金の値上げで結果的には料金プランの値下げにはなりませんでした。

今回、発表された2016年4月から実施の料金プランでは、

スマ放題ライト スマ放題
基本プラン 1,700円 2,700円
データ容量(1GB) 2,900円
S!ベーシックパック 300円
合計 4,900円 5,900円

これまでの最低金額よりも1,880円安い4,900円〜スマホが使えるプランを発表しました。

総務省の要望通り5,000円未満の料金プランを提示しています。

プラン改正に伴い、これまで選択できなかった「スマ放題ライト+データ定額(2GB)」の組み合わせで5,500円〜使えるプランの選択肢が増えるかもしれません。

ここで気になることは、これ以上の割引サービスが受けられるか?という疑問です。

ソフトバンク光の割引はあるの?

ソフトバンク光とは、ソフトバンクの提供する自宅のインターネット回線の事で、内容はフレッツ光などと変わらないサービスを実施しています。

ソフトバンクのスマホや携帯電話と組み合わせることでスマート値引きという割引が特典で組み込まれていました。

スマート値引き一覧

対象料金サービス 毎月の割引額
2年間 3年目以降
スマ放題/スマ放題ライト データ定額パック・大容量
(10/15/20/30)
2,000円 1,008円
データ定額パック・標準
(5/8)
1,522円 1,008円
スマ放題 データ定額パック・小容量
(2)
500円 500円
ホワイトプラン 弊社指定のパケット定額サービス※8 500円 → 1,522円 500円 → 1,008円
スマ放題/ホワイトプラン
以外の料金プラン
弊社指定のパケット定額
サービス※9
最大500円 最大500円

(ホワイトプランは現在、増量中)

値引き一覧を確認すると、スマ放題のデータ容量2GBで500円の値引き。

おそらく、導入されたとしてもこれ以上の値引きはされないでしょう。

端末値引きはされるの?

端末値引きに関しては、総務省からの要望で大幅な値引き制度を廃止する方向性で話し合いをしています。

これまでの実質0円がなくなり、やや高めの設定になるかと思われます。

割引率で考えると、①乗り換え②新規③機種変更の順番で優遇され、データ容量が多い方が割引率が高くなる傾向があるでしょう。

格安SIMとの比較

ソフトバンクの新料金プランとiOSの使えるmineoを比較します。

ソフトバンク mineo
基本プラン 1,700円
データ容量(1GB) 2,900円 1,500円
S!ベーシックパック 300円
合計金額 4,900円 1,500円

やはり節約をしようと考えた場合は、格安SIMの方が優勢ですね。

まとめ

今回の値下げは、ソフトバンクを長期的に使っているユーザーでデータ容量も1GB以下の方に取っては月1,000円程度の値下げのチャンスと言えます。

乗り換え/新規ユーザーに取ってはやや高くつくプランになるかもしれませんね。

格安SIMは、1GB2,000円以下で使えますよ。

データ通信専用SIM 1GBプランは、どのくらいの人が使っているの?実際使えるの?

大手キャリアからの乗り換えガイドも用意していますので、スマホ代を節約したい方はキャリアからの乗り換えを検討してみてください。

iPhoneの乗り換えはこちらから

iPhoneで格安SIMを使う手順・方法まとめ(iPhone6s対応)

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

TONE

月額1,000円でインターネット、電話&遠隔サポートが使い放題。
TONEなら難しい設定は不要。届いたらすぐに使いはじめることができます。毎月CD・DVDが1枚借りれるTSUTAYAならではの特典あり!

最新機種【TONE m15】は付属の箱に入れるだけでトラブルを解決出来る新機能を搭載!初めてのスマホを使うからこそ安心できるTONEがおすすめ!

12/31までの期間限定で基本料金を最大6ヶ月間無料キャンペーン実施中!

アドセンス

アドセンス

-格安スマホニュース

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.