格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

乗り換え

SoftBankスマホの2年契約が終わったら、格安スマホ乗り換えるべき

投稿日:2015年10月31日 更新日:

ソフトバンクの携帯を2年以上使い続けようとしていませんか?

実は、大手3キャリアの携帯代は使い続ければ損をする仕組みになっています。

特にソフトバンクの場合は、機種変更も危険な状態になっているのです。

えっ、なんで?

疑問に思いますよね。

普通、使い続ければお得になっていくイメージがあります。お得意様ってことで優遇された料金になってくると思っていました。

でも、長く使えば損をします。少しでも気になる方は最後まで読み進めてくださいね。

2年以上使い続けると損をする

2年以上使い続けることで損する要因の一つが機種代の分割割引がなくなること。

iPhone6sの料金表をごらんください。

購入方法 MNP 新規 機種変更
一括 93,600円 93,600円 93,600円
月割引(24回) -3,051円 -2,835円 -2,835円
購入サポート -417円 -417円 (なし)
月額実質負担 432円 648円 1,065円
実質 10,368円 15,552円 25,800円

新しい端末を買うときに3,000円の分割割引が受けられますね。

最新のスマホ…9万円以上するスマホが最高で1万円程度で購入出来るから驚きですよね。

2年経過したら、3,000円の割引がなくなります。その後の月学料金は分割支払いが終わっただけで大きく変わるものではありません。

そのため、2年サイクルでのスマホの買い替えが一般的になっています。

端末値引きのカラクリ

9万円もする端末が1万円で購入出来ることに疑問を感じたことはありませんか?

これには、カラクリがあります。

実は、通信費に端末代まで含まれた料金プランになっています。

今、大手3社のスマホを購入した場合のスマホ代は、電話かけ放題+データ定額パック+オプション=8,000円程度

3社とも変わらないのが現状なんです。

国内の通信事業者は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのMNO3グループに大別できます。普及拡大の成長フェーズこそ複数社がしのぎを削っていた通信事業者ですが、安定期に入り各社が収斂していった結果3グループとなりました。これを寡占状態と見る向きもあり、今回の中間まとめ案でも構成員から「協調的寡占の色彩が強い」と指摘されています。

huffingtonpost より

3社とも、協調的寡占…つまり、共同戦線を組んで横並びの料金にしているというわけです。

それも、ちょっと様子がおかしい。

長く使っている長期ユーザーよりも、新規ユーザー、MNPユーザーが1万円以上お得になるプランを提供しています。

これって、長期ユーザーが新規ユーザーのために端末代を支払っていることになるんですよね。

この要請が出されたことからでしょうか。格安SIM格安スマホが少しずつ流行り始めたのは。

同じ使い方をしても月に2000円、3000円が当たり前の世界で月8000円も払っているなんてバカバカしいですよね。

それも、他人の端末代が含まれた通信費を支払って。

端末代が含まれるなら機種変更するべき?

先に紹介したプランでは2年で端末代値引きがなくなると解説しました。

では、せっかく使うなら端末代値引きを適用した方がお得なのでしょうか?

いえ、それも危険です。

新規ユーザーがお得になるプランを提供している

継続しているユーザーは値引きの割合が引かれています。2年間で計上すると1万円以上は差が出ます。

さらに、1年経過すれば、月300円の利用料を支払うことを条件に、7ヶ月分の分割支払いを無視した【機種変更先取りプログラム】も提供しています。

しかし、こちらのプランを利用すると2年更新月のズレ、18ヶ月までは2重月賦支払いとデメリットが多くあります。

オプションも300円上乗せ…と。

2年契約が終わったら格安スマホに切り替えよう。

2年契約が終了したら、ソフトバンクを捨てて格安スマホに切り替えましょう。

わたしも4月から格安スマホに切り替えました。

残念なことに、多くの格安スマホがドコモの回線を使っています。

ソフトバンクのスマホを使うことが出来ません。でも、心配いりません。新品のスマホセットを販売しています。

月8000円していた携帯代が、新しいスマホ付きで3000円以内。驚きませんか?

夫婦で格安スマホに切り替えたので、通信費を節約したお金は車のローンの支払いにしています。

当サイト一番のオススメなのが、楽天モバイル。常にキャンペーンを実施しており、セット端末が一番安く購入できます。

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)

乗り換えなら、端末代が実質0円の格安スマホUQ mobileもおすすめです。こちらは、無料通話付き・端末実質0円・通信速度が格安SIMでNO.1の実績があります。

UQmobile

格安SIMの実測スピードNO.1! 無料通話のついたぴったりプランは1,980円〜。時間帯によっては大手キャリアよりも通信速度が速い場合あり!速度で選ぶならUQmobileがおすすめ! MNP(乗り換え)でセット端末を実質0円で販売中!

やっぱり、iPhoneを使い続けたい

今までiPhoneを使っていた方は、使い慣れたiPhoneを使い続けたいですよね。

実は、iPhoneを安心して扱える格安SIM業者は3社しかありません。当サイトでおすすめなのがmineo。

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

ソフトバンクのiPhoneは原則使えないので、古いiPhoneを売って、新品のiPhone6を手に入れましょう。

格安SIMでiPhoneを使いたい方はこちらを必ず読んでください。

iPhoneで格安SIMを使う手順・方法まとめ

ソフトバンクの2年契約の注意点

2年契約更新月は解約金9500円が発生しません。

1日でも過ぎてしまうと自動更新されて、9,500円の解約金+他人の端末代も含まれている高い通信費を支払うことになります。

今がチャンスです。格安スマホに乗り換えましょう。

【追記】iPhone6購入者は機種変更した方が良い

iPhone7が発売となりiPhone6に機種変・MNPした方が2年経過する頃です。そのまま使いつづける場合は端末割引もなし、2年契約更新とデメリットが多いです。

MNPとか格安SIMとか面倒だ!って方はとりあえずiPhone7に機種変更をしておきましょう。実質1〜2万程度で防水・FeliCaに対応したiPhoneが購入できるので今回は切り替えないと損です。

機種変更はこちらから→ソフトバンクオンラインショップ

アドセンス

アドセンス

-乗り換え

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.