格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

コラム

ソフトバンクのスマホ代の節約術。とにかく安くしたいあたなへ3つの提案

投稿日:2015年9月18日 更新日:

SoftBankの携帯代が高い!

そう感じたことはありませんか?

SoftBankの月額使用料を少しでも安くしたい!

そう、考えているあなたに、使い方別の節約方法を提案していきます。

SoftBankの料金体制について

大きく分けて3通りのパターンで見ていきましょう。

  • 電話をかけることが多い
  • 電話もネットも多い
  • 電話は少ないけど、ネットが多い

電話をよくかける

SoftBankでのスマホ代は大きく2通りあります。

ホワイトプラン+S!ベーシックパック+パケットし放題934+300+5,700=6,934円〜

スマ放題+S!ベーシックパック+データ定額パック
2700+300+3,500円=6,500円〜

電話を1ヶ月で1時間以上かける場合は、かけ放題に切り替えることをオススメします。ネットはそこまで使わない場合、定額データを2GBに切り替えると6500円まで節約することが可能になります。

スマ放題ライトは、auのプランの改悪版となりますので、オススメできません。

5GB以上のデータを使うかつ、電話を5分以内の電話を何度もかけるなら良いのかと思いますが、あまりに稀でしょう。

電話もネットも多い

残念ながら節約できるプランはありません。新しく節約する方法が出来ました。

自宅のネット回線をソフトバンク光 または SoftBank Airに切り替えるとやすくなります。

おうち割 光セットの詳細

上記の写真のようにネット回線とソフトバンクのスマホ・携帯電話を一緒に使うと一人に最大2,000円の割引が人数分受けられます。

離れて暮らす家族も適用されるので別に暮らす親、子どもと最大10回線まで適用されます。

ネット回線を光にしている場合、ほとんどがNTT回線+プロバイダー料の2重支払いをしています。

支払い例(金額は近い数字で出しています。)

  • NTT西日本:4200円
  • プロバイダー:950円(2年間割引含)

合計:5150円

ソフトバンク光にすると回線料+プロバイダー料がまとめて支払いになるので切り替えるだけで安くなります

 

注意

不要なオプション加入をさせられる場合があるのでソフトバンクショップや家電量販店でソフトバンク光は契約してはいけません。

参考ソフトバンク光のオプションの恐ろしさと不要なモノの解除方法

ソフトバンクを使いつづける予定があり、回線を切り替えるを検討している方は「ソフトバンク光のおうち割で携帯料金は安くなるの?条件や注意点まとめ」を読んでおきましょう。

すぐに切り替えたい人はこちらの代理店がおすすめです。

アウンカンパニー

  • オプション加入不要でキャッシュバックが早い!
  • 新規申し込み:22,000円
  • 転用申し込み:11,000円
キャッシュバックの受け取りにオプション加入条件なし! 最短3ヵ月後に口座振込で電話で口座番号を伝えるだけ。 他社に先駆けてオプション加入不要、簡単なキャッシュバックを提供を始めています。 2015年設立の若い会社ですが、信頼度NO.1!当サイトで最もおすすめです。

電話は少ないけど、ネットが多い→格安SIMへ切り替え

このパターンが一番節約出来ます。しかし、SoftBankのスマホでは難しい。

安くする手順は

  1. 使っているスマホを売る
  2. (中古のスマホ または SIMフリースマホを購入する)
  3. 格安スマホに切り替える(セットスマホを購入する)

iPhoneを使う場合と、使わない場合で方法が異なるので順番に場合分けをして解説します。

まずは共通しているスマホを売る方法をから説明します。

使っているスマホを売る

わたしは、使っていたiPhoneを売りましたから。

今では、傷が付いていても買い取ってもらえる業者がありますので、こちらで売ることをオススメします。



iPhoneを使い続けたい場合

iPhoneを使い続けたい場合は、

  1. SoftBankのiPhoneを売る
  2. ドコモ SIMフリーのiPhoneを購入する
  3. 格安SIMを契約する

この3つの手順が必要です。SoftBankのiPhoneはiPhone6s以前の端末ではSIMロックを解除できないので他社のSIMで使うことができません。(一部裏技はありますが、複雑なのでおすすめしません)

中古のiPhoneを購入する

ケータイ★アウトレットにて豊富に中古スマホが売っています。

引き続きiPhoneを使いたい場合はDocomoか、SIMフリーのiPhoneを購入するようにしましょう。

今でしたら、iPhone6が6万程度で購入できます。5万切りました。

 

iPhoneを使い続けるならmineoがオススメ

iPhoneを使う場合は、常に最新のOSを動作確認している格安SIMを選んだ方が安心して使い続けられます。

常に最新の情報を提示している格安SIMは3社のみ

特に当サイトでおすすめしているのが、mineoです。

参考mineo(マイネオ)でiPhoneを使うための手順・設定方法・おすすめプラン

もし、iPhone5sでも良い場合は、UQmobileがセット端末として2016年7月から発売を開始しました。セット端末の割引、分割購入と初期費用が必要ないので買いやすいのはこちらでしょう。

UQmobile

格安SIMの実測スピードNO.1! 無料通話のついたぴったりプランは1,980円〜。時間帯によっては大手キャリアよりも通信速度が速い場合あり!速度で選ぶならUQmobileがおすすめ! MNP(乗り換え)でセット端末を実質0円で販売中!

iPhone以外のスマホを使う場合

iPhone以外のスマホを使うならセット端末を販売している楽天モバイル か NifMoがおすすめです。

どちらもキャンペーンなどでSIMフリー端末を安く購入することができます。10GBの大容量でプランを使っても3,500円程度なのでデータ通信をたくさん使う人にも大幅に安くすることができます。

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)

NifMo

コストパフォーマンス部門1位! 2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。 9月30日まで最大20,000円のキャッシュバック実施中!端末セット割・キャッシュバックで大幅値引き!最新端末を安く購入するならNifMoが一番!

格安SIMはいくら節約できるのか?

基本使用料の最安値で比較しても5,000円の差。年間6万円程度は節約可能という結果になりますね。

毎月の固定費が6500円から1600円になるならいいと思いませんか?

  • 1年目:6万
  • 2年目:12万

2年目に至っては、次世代iPhoneが買えますね。タダでiPhone7が買えることになりますよ。

ここでソフトバンクを使い続けている方のツイートを見てましょうか。

そうなんです。使い続けてもお得なことはないんですよ。MNPの顧客を優遇するくらいなので…。

格安SIMにかかる初期費用は?

初期費用を考えてみると

  • 違約金 9,500円
  • MNP料金 2,000円
  • 新規契約金 3,000円
  • 月賦支払の端末代

端末代を除けば、3ヶ月で回収可能です。

SoftBankの端末は使えないので、売り払って補てんするといいでしょうね。わたしは、格安スマホに切り替える際にこの手を使いました。

これから、SoftBankは必要以上に高品質な回線を提供してくると予測されます。どれだけ節約しても6500円以下を下回ることはありません。→光回線の切り替えでやすくなります。

SoftBankのスマホ代を大きく節約するなら、ネット回線をソフトバンク光に切り替えるか、格安スマホへの切り替えの2通です。

どちらの選択肢もアリなので、好きな方を選んでおきましょう。

乗り換えをお考えの方はこちらからどうぞ→ソフトバンクから格安SIMへMNP(乗り換え)の手順・ポイントと注意点

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

12/8までの期間限定で【ウィンターセール】を実施中!

超特価!楽天スーパーSALEのスケジュール

  • Liquid Z530:96%OFFの980円2016年12月3日19:00〜
  • HUAWEI P9 Lite:半額の17,900円(12月5日22:00〜22:29)
  • ZenFone MAX:半額の16,800円(12月7日23:30〜23:59)

mineo

2015年9月から日本初マルチキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomoの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

TONE

月額1,000円でインターネット、電話&遠隔サポートが使い放題。
TONEなら難しい設定は不要。届いたらすぐに使いはじめることができます。毎月CD・DVDが1枚借りれるTSUTAYAならではの特典あり!

最新機種【TONE m15】は付属の箱に入れるだけでトラブルを解決出来る新機能を搭載!初めてのスマホを使うからこそ安心できるTONEがおすすめ!

12/31までの期間限定で基本料金を最大6ヶ月間無料キャンペーン実施中!

アドセンス

アドセンス

-コラム

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.