格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)のスマホでおすすめの最新機種と料金比較【2017年版】

投稿日:2016年12月5日 更新日:

Y!mobile(ワイモバイル)の端末選びで悩む人は多いかと思います

格安SIMなどの販売されているSIMフリー機がほとんどなく、Y!mobile(ワイモバイル)オリジナルの端末が販売されているため、結局どれを選べばいいのか?わからないでしょう。

基本的にY!mobile(ワイモバイル)は2年契約を前提

毎日使うものだから、安くても性能が良いものを選びたいですよね

ここでは、ある程度納得して端末を選べるようにY!mobile(ワイモバイル)の最新機種から当サイトおすすめ端末をまとめています。

特徴・料金・おすすめプランをこの記事一つで徹底比較。契約を考えている方は参考にして見て下さいね。

最もおすすめ!507SH Android One

507SH Android Oneのスペック

507SH Android One
OS Android™ 7.0
CPU MSM8952 1.5GHz + 1.2GHz(オクタコア)
GPU
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1280×720ドット
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面500万画素、背面1310万画素
バッテリー容量 3,010mAh
重量 135g
外部SDカード microSD™・microSDHC™・microSDXC™ /最大200GB
寸法 高さ約142mm×幅71mm×奥行き8.8mm
防水/防塵 ○/◯
ワンセグ/フルセグ
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIM
カラー スモーキーブルー,ホワイト,ブラック

507SH Android Oneの料金プラン

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
分割(24回) 2,160円 (頭金108円)
基本使用料 3,218円 4,298円 6,458円
月額割引 -1,080円 -1,620円 -1,620円
ワンキュッパ割(1年間) -1,080円
月額料金 3,218円 3,758円 5,918円

Android Oneをおすすめする理由は、Androidを作ったGoogleが設計したSIMフリー端末だから。

はっきり言えば、人気の高いSIMフリー機に比べると性能が低くコスパが悪いです。

それでもAndroid Oneが選ばれるのは、

  • 常に最新のAndroid OSを体験できる
  • セキュリティも2年間毎月アップデートされる

の2点があるから。

2年間使うことを考慮し安定感・安心感で選べば、507SH Android Oneが最適ですよ。

507SH Android Oneの詳細を見る

iPhone5sは格安スマホよりも安い!

iPhone5sのスペック

  • 4インチ(対角)Retinaディスプレイ(1,136 x 640ピクセル解像度)
  • 8MPカメラ(True Toneフラッシュ搭載)
  • A7チップとM7モーションコプロセッサ
  • 30fpsの1080p HDビデオ撮影と120fpsのスローモーションビデオ撮影
  • FaceTime HDカメラ
  • Touch ID指紋認証センサー
  • 4G LTEと802.11n Wi-Fi
  • iOS 10とiCloud
  • シルバー、スペースグレイ

iPhone5sの料金プラン

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
分割(24回) 1,620円
基本使用料 3,218円 4,298円 6,458円
月額割引 -1,620円 -1,620円 -1,620円
ワンキュッパ割(1年間) -1,080円
月額料金 2,138円 3,218円 5,378円

4インチのiPhoneを実質108円で使えます。

iPhoneを格安スマホで使いたい人には、最も負担が少なく使い続けることができます。

やや古めの端末ですが、最新iOSのiOS10が使えるので、どのアプリも利用可能です。

iPhoneのSIMフリー機ではテザリングが使えませんが、Y!mobile仕様で設計されているため全ての機能が使えます。

格安SIMで使えるドコモ版のiPhone5sは人気が高く以前よりも値上がりしています。

他社格安SIMと中古iPhone5sの組み合わせで検討中なら実質的にY!mobile(ワイモバイル)の方がお得ですよ。

iPhone5sの詳細を見る

Nexus 5X


Nexus 5Xのスペック

Nexus 5X
OS Android™ 7.0
CPU MSM8992 1.8GHz+1.4GHz(ヘキサコア)
GPU
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1,920×1,080ドット(フルHD)
メモリ 2GB
データ容量 16GB/32GB
カメラ 前面500万画素、背面1230万画素
バッテリー容量 2,700mAh
重量 136g
外部SDカード
寸法 高さ約147mm×幅73mm×奥行き7.9mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIM
カラー カーボン,クォーツ,アイス

Nexus 5Xの料金プラン

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
分割(24回) 1,620円 (頭金108円)
基本使用料 3,218円 4,298円 6,458円
月額割引 -1,080円 -1,620円 -1,620円
ワンキュッパ割(1年間) -1,080円
月額料金 2678円 3,258円 5,378円

nexus 5Xは、GoogleとLGの共同開発されたAndroid端末でシンプルかつ使いやすい端末となっています。

Googleが設計に関わっていることが特徴ではあるものの、microSD(外部ストレージ)に対応していないため容量保存が最大16GB/32GBです。

クラウド上に保存をするなど、工夫が必要です。

Android Oneがやや高いと感じられる方にはnexus 5Xです。

Nexus 5Xの詳細を見る

LUMIERE

 

LUMIEREのスペック

LUMIERE
OS Android™ 5.0
CPU Kirin620 1.2GHz(オクタコア)
GPU
画面サイズ 5.0インチ
解像度 720×1,280ドット(HD)
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面500万画素、背面1300万画素
バッテリー容量 2,200mAh
重量 131g
外部SDカード microSD™・microSDHC™ / 最大32GB
寸法 高さ約143mm×幅71mm×奥行き7.7mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIM
カラー ホワイト,ブラック,ゴールド

LUMIEREの料金プラン

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
分割(24回) 1,620円
基本使用料 3,218円 4,298円 6,458円
月額割引 -1,620円 -1,620円 -1,620円
ワンキュッパ割(1年間) -1,080円
月額料金 2,138円 3,218円 5,378円

2015年発売のLUMIEREは、P8liteとほとんど同じスペックの端末です。発売当時はミドルレンジモデルとして販売されていました。

現在は、P9liteが販売された為最新機種に比べるとやや劣ります。

しかし、実質100円でバランスのとれた端末なので2年程度は現役で使えるレベルです。

LUMIEREの詳細を見る

人気SIMフリー機も追加

Y!mobile(ワイモバイル)では専用端末しか取り扱っていなかったのですが、HUAWEI P9 lite・FREETEL REIが購入できるようになっていました。

ラインナップに提示がないので期間限定かもしれませんが、SIMフリー機をセットで購入したい方にはこの機会に購入しておくといいでしょう。

両方とも最大20,000円のキャッシュバックが適用されます。

HUAWEI P9 lite

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-WHITE(ホワイト) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-WHITE
価格:29,980円〜 5.2インチ、Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)、Android 6.0、メインカメラ1300万画素、3000mAh、メモリ2GB、容量16GB、重さ147g、指紋認証
2016年6月に発売されてから、翌月にはランキング1位を達成。 3万円台の端末では、処理能力と省電力を両立させたオクタコアCPUの性能はワンランク上です。 デザインもサンドブラスト仕上げとダイヤモンドカットによる高級感あふれる仕上がりへと進化。 性能も、見た目も最上級の仕上がりです。

SAMURAI REI(麗)

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (メタルシルバー)
価格:29,900円〜 5.2インチ、MT6753 Octa Core 1.3GHz 64bit、Android6.0、メインカメラ1300万画素、2800 mAh、メモリ2GB、容量32GB、重さ136g、指紋認証あり
FREETELで販売する端末の中で最も薄く、軽いスマホです。 FREETEL初搭載の指紋認証・ナビ機能を集約した「FREETELボタン」が使いやすいです。 ただし、不具合が多く注意の必要な端末です。

まとめ

Y!mobile(ワイモバイル)の端末は大手キャリアと比較すると型落ちの端末。格安SIM各社と比較しても魅力的なSIMフリー機がほとんどありません。(追記しています。)

唯一魅力的なのは507SH Android Oneです。

  • 全体的にシンプル
  • 片手で操作しやすい大きさ
  • 毎月のセキュリティアップデートで安心

スマホデビューの方や2年間しっかりスマホを使いたい人はこちらにしておきましょう。

公式サイトY!mobile

アドセンス

アドセンス

-Y!mobile

Copyright© かくすま , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.