格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

ZenFone GOのスペック・評価・評判まとめ

投稿日:2016年9月6日 更新日:

ZenFone Go 端末

ZenFone GOは、ASUSのSIMフリー端末でドコモ・auの回線に対応したマルチキャリア端末です。

5.5インチの端末ではこれまで販売されていた端末の半額程度で発売されているため発売と同時に人気NO.1となりました。(現在は人気3位)

格安スマホのエントリーモデルとして製作されているため性能は高くありません。最低限の内容が扱えれば良い、とにかく低価格で大画面のスマホが欲しい方におすすめのスマホ端末です。

ZenFone GOのスペック

ZenFone Go
OS Android™ 5.1
CPU Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz
GPU -
画面サイズ 5.5インチIPS液晶
解像度 1,280×720ドット
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面500万画素、背面800万画素
バッテリー容量 3010 mAh
重量 160 g
外部SDカード microSDカード対応(最大64GB)
寸法 高さ約151mm×幅76.9mm×厚さ10.7mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM microSIM×2
カラー ブラック/ホワイト/ブルー/レッド/ピンク

SIMは2枚入れれるデュアルSIMですが、スロット2が2G専用なので実質日本ではシングルSIMの扱いになります。

詳しくはこちらへ→DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ

ZenFone GOの対応バンド

  • 3G(W-CDMA):B1/2/5/6/8/19
  • 4G(FDD-LTE):B1/3/5/6/7/8/9/18/19/28
  • EDGE/GSM : 850/900/1800/1900

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。
  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です。28も徐々に増えていきます。

auの格安SIMは使える

auのBANDは1/11/18/26/28/41。 auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。 プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

メイン・準メインのBAND1/18に対応しています。

バンドもそうなのですが、SIMフリー端末のほとんどがau系の格安SIMで使用できません

今回、ZenFone Goがau系の回線で使用できるのは2016年8月5日に実施したシステムアップデートによるものです。

VoLTEに対応でmineoのAプラン・UQ mobileの通信、通話ともに問題なく使えます。

ZenFone GOの評価・評判

2016年8月のアップデートによって、ドコモ・auの回線で使えるマルチキャリア対応端末となりました。

現在販売されているSIMフリー端末では5.5インチの大画面のスマホを購入できるのはZenFone Goです。

低価格で大画面のスマホを持ちたい人向けで中身の性能は高くありません。

ゲームをするのであればポケモンGOをダウンロードできてもARモードは使えません(プレイはできます)。CPUの性能から3Dゲームなどの負荷をかけるアプリは不満が出てきます。

しかし、一般的な使い方であれば問題なく使用可能です。

電話、メール、ネットも出来るし、LINE,Twitter,FacebookのSNSも可能。YOUTUBEは大画面で視聴できます。

もともと大画面で高性能な端末を求めていたらZenFone2ZenFone3を購入する方が良いです。

2万円前半で購入できる・大画面のエントリーモデルのスマホということであれば低価格で使いたい・少しでも安くしたい方に人気です。(2016年のスマホ端末人気ランキングでは3位です。)

ZenFone GOを購入できるところ

一括 一括 分割 コメント
Amazon 20,778円 なし
楽天モバイル 19,800円 891円 キャンペーンあり
DMM mobile 19,800円 1,053円
mineo 19,800円 825円 キャンペーンあり
NifMo 19,800円 - 一括のみ
IIJmio 19,800円 850円
UQ mobile 19,800円 0円 ぴったりプランのみ

どの会社も横並びの値段で19,800円で販売しています。分割になるとやや料金に差が出ます。

キャンペーンなどで安くなる格安SIM業者

最も安いのはUQ mobileです。au・mineoからのMNPは対象外。ドコモ・auからのMNP、新規契約の場合に2年契約のぴったりプランで実質無料の端末提供となります。

次に安いのは1月末までキャンペーンを実施しているNifMoです。データ容量に合わせて8,000円~20,100円のキャッシュバックを受けられます。

楽天モバイルは、時期によって値引き内容がことなるので常にチェックしておいたほうが良いです。

UQmobile

格安SIMの実測スピードNO.1! 無料通話のついたぴったりプランは1,980円〜。時間帯によっては大手キャリアよりも通信速度が速い場合あり!速度で選ぶならUQmobileがおすすめ! MNP(乗り換え)でセット端末を実質0円で販売中!

NifMo

コストパフォーマンス部門1位! 2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。 9月30日まで最大20,000円のキャッシュバック実施中!端末セット割・キャッシュバックで大幅値引き!最新端末を安く購入するならNifMoが一番!

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.