格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

ZenFone MAXのスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

ZenFone Max

ZenFone MaxはASUSから2016年3月18日に発売されたSIMフリー端末です。

価格は3万円台のミドルレンジモデルで、5,000mAhという大容量バッテリーが強みです。

ZenFone Maxのスペック

ZenFone Max
OS Android™ 5.0
CPU Qualcomm® SnapdragonTM 410(クアッドコアCPU)1.2GHz
画面サイズ 5.5インチIPS液晶
解像度 1,280×720ドット
メモリ 2GB
データ容量 16GB
カメラ 前面500万画素、背面1300万画素
バッテリー容量 5000 mAh
重量 約202g
外部SDカード microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ約156mm×幅77.5mm×厚さ5.2~10.55mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM microSIM
カラー ブラック/ホワイト

液晶ディスプレーはCorning® Gorilla® Glass 4 (コーニング® ゴリラ® ガラス 4)を採用しており、先代モデルである「ゴリラ®ガラス3」より約2.5倍の強度を持ち、落下テストでも先代と比較して2倍の向上が記録されています。

Corning® Gorilla® Glass 4とは、コーニング社の開発した特殊ガラスの名称です。高い耐久度でガラスフィルムなどで多く使われています。(ユーザーの評価は高いです。)

耐久度テストの様子を公開されているので興味のある方はこちらをごらんください。

ZenFone Maxの対応バンド

  • FDD-LTE: B1/3/5/6/8/9/18/19/28
  • WCDMA: B1/2/5/6/8/19
  • GSM/EDGE:850/900/1800/1900

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

なのでBAND1/3/19があればDocomoの回線は問題なく使えます。

au系の格安SIMに関して

au系はBAND18をメインとして使っているので通信は可能になるのでしょうが、ASUSの端末に関してはややこしいです。

一応、今年から発売されているASUSの端末なら通信は可能だけど、SNSは使えない状況。

Zenfone MaxをAプランで使用し始めてみたので報告させていただきます。
契約sim: Aプラン シングル SMSあり nanoSIM(アダプターでmicro化して使用)

au4G回線は使用可能。初期の認識のみ数分掛かりましたが、以降は機内モードのon,offにも素早く対応して電波をつかんでいる印象です。
テザリングも問題なく使用できています。

話題の中心となっているSMSについては現在のところ使用不可です。ガラケーから送信テストをおこないましたが受信せず、なんの音沙汰もないです。
SMS over IMSについては簡単に設定を変えられないようになっているのか、項目自体わたしは見つけられませんでした。

また、SMSに関連する問題としてセルスタンバイについてですが、電池の仕様状況を確認すると、圏外時間100%の表示(アンテナ表示は立っています)となっており、24時間モバイル通信onの状態でセルスタンバイが12%(1時間あたり約0.5%)消費する結果となっています。

参考:Aプランに対応したZenFoneはMAXだけ? あと、SMSの対応は?

mineoでもセット端末として販売していない(8月下旬発売の「ZenFone Go」もドコモプランで販売)ので避けた方が無難です。

ZenFone Maxの評価・評判

ZenFone Maxで多くの方が評価している点はバッテリー持ちです。

一般的なスマホの2倍以上のバッテリーを搭載しており、2日は余裕で持つといわれています。

ツイッターの様子

「リバースチャージ機能」を搭載しモバイルバッテリーとして他の端末に充電することもできるので、スマホ・タブレットなど2台以上端末を持つ場合は役に立ちます。

リバースチャージ機能

 

 

ZenFone Maxの売りはバッテリー持ちなので長時間インターネット、LINE、YOUTUBEなどを見る方にはおすすめできます。

注意点として

性能面で考えると3Dなど負荷の高いゲームをするには、厳しいです。こちらよりも高性能なZenFone2の方が良いので、「ゲームが長時間できるから」という理由では購入しないようにしましょう。

ZenFone Maxを購入できるところは?

一括 一括 分割 コメント
Amazon 28,370円 なし
BIGLOBE なし 1,150円 キャンペーンあり
IIJmio 27,800円 1,250円

BIGLOBE SIMでは2016年7月31日までの申し込みで最大3ヶ月プラン月額料金無料を実施しています。

  • 「ライトSプラン(6GB) or 12ギガプラン」の申し込みで2ヶ月プラン月額料金無料
  • 「ライトSプラン(6GB) or 12ギガプラン」+「セキュリティセット」の申し込みで3ヶ月プラン月額料金無料

申し込みは公式サイトから 最大3カ月間、プラン月額料金が無料!「BIGLOBE SIM」特典実施中



アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.