格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

ZTE Blade V7 MAXのスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

ZTE Blade V7 MAX

ZTE Blade V7 MAXはZTEから販売されるSIMフリースマートフォンです。

発売は9月22日を予定しており、希望小売価格は34,800円。

国内販売おいて、DSDS(デュアルスタンバイ)機能付きの端末ではMoto 4G Plusに次ぐ2番目の端末です。

ZTE Blade V7 MAXのスペック

ZTE Blade V7 MAX
OS Android 6.0
CPU MTK6755M Octa-core 1.8GHz
GPU
画面サイズ 5.5インチIPS液晶
解像度 1,920×1080ドット
メモリ 3GB
データ容量 32GB
カメラ 前面800万画素、背面1600万画素
バッテリー容量 3000 mAh
重量
約 167g
外部SDカード microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ約154mm×幅77mm×厚さ7.2mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIM×2
カラー ゴールド/シルバー
  • 指紋認証搭載
  • ジャイロセンサー搭載

ZTE Blade V7 MAXの対応バンド

  • LTE(FDD):B1/3/5/8/19
  • 3G(WCDMA):B1/6/8/19
  • GSM/EDGE:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。
  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です。28も徐々に増えています。

ZTE Blade V7 MAXの評価・評判

ZTE Blade V7 MAXの特徴は、6層指紋認証機能とデュアルスタンバイ(DSDS)対応端末ということです。

指紋認証センサーがZTE Blade V7 MAXの右側に配置されており、片手で持っただけで認証できるようになっています。

ZTE Blade V7 MAXの指紋認証

指紋センサーが6つなのは特定のアプリを認証で一発起動するためです。

ZTE Blade V7 MAXは一発起動

ZTE Blade V7 MAXはデュアルスタンバイ(DSDS)対応機種

国内販売2機種目のデュアルスタンバイ対応機種です。

ZTE Blade V7 MAXはDSDS

デュアルスタンバイを簡単に説明すると、通信専用のSIMカードと通話専用のSIMカードを同時に使えるようになる機能のことです。

詳しくは「DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ」でまとめています。

ZenFone3と同様にスロット2がSDカードとSIMカードで共有して使う仕様になっているので、メモリは32GB+クラウド保存といった感じです。

発売されているデュアルスタンバイ(DSDS)対応機種をざっくりと評価しました。

  • Moto 4G PlusSDカードが使えるがややスペックが低い(微差)
  • ZTE Blade V7 MAX:SDカードが使えない
  • ZenFone3SDカードが使えないが、ハイスペック

価格帯を比較しても1000円前後するだけで大きく変わらない。

メリット・デメリットもちょうど中間くらいです。

ZTE Blade V7 MAXを購入できるところは?

発売は2016年9月22日を予定しており、セット端末で販売するという情報もありません。

Amazonや楽天などのショップサイトからの購入となると思います。

セット端末として発売して、キャンペーンで安くなるなら購入するのも良い端末になるのですが、現状は別の端末の方がおすすめですね。

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.