格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

AQUOS sense lite SH-M05のスペック・評価・評判まとめ

更新日:

AQUOS sense lite SH-M05は、SHARPから販売されたMVNO向けのSIMフリースマホです。

日本製の端末なので、防水・防塵機能は最高レベルでバッチリ。液晶技術を進化させたIGZOディスプレイを搭載しています。

AQUOS sense lite SH-M05のスペック

 端末名 AQUOS sense lite SH-M05
OS Android™ 7.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(MSM8937)
GPU -
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1920×1080
メモリ 3GB
データ容量 32GB
カメラ 前面:500万画素
背面:1300万画素
バッテリー容量 2700 mAh
重量 147g
外部SDカード microSDカード対応(最大256GB)
寸法 高さ約144mm×幅72mm×奥行き8.5mm
防水/防塵 ◯/◯
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ
テザリング
SIM nanoSIMスロット×1
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド、ターコイズ、ピンク、レッド、ブルー
その他 ・指紋認証

AQUOS sense lite SH-M05の対応バンド

【SIM1】

  • 4G(LTE):Band1/3/5/8/17/19/26/41
  • 3G:Band1/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

ドコモの格安SIMは利用可能

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

auの格安SIMも利用可能

auのBANDは1/11/18/26/28/41。

auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

AQUOS sense lite SH-M05の評価・評判

AQUOS sense lite SH-M05は同じ価格帯のSIMフリー端末に比べると基本性能は高くありません。

ただ、過去のシャープ製のSIMフリー端末に比べると最も現時点で最も高性能。

同じく日本製のSIMフリー端末arrows M04を選ぶよりもこちらの方が性能が高いです。

でも、日本製のスマホだけあって細かいところに手の届いている端末でした。

濡れた手のままレシピのみれるディスプレイ

AQUOS sense lite SH-M05には、ノイズの少ないIGZOディスプレイを利用しています。濡れたままの操作をしても、快適に操作できます。

YOUTUBEに快適な操作性の動画がありました。

 

防水・防塵加工をしている端末は増えてきていますが、細かな部分に手を加えている点が嬉しいポイントですね。

レシピを見たり、お風呂でスマホを使いたい人に向いています。

AQUOS かんたんホーム

アプリサイズを統一する AQUOS Homeを採用しています。シニア・子ども向けにも使いやすい AQUOSかんたんホームへの切り替えもできます。

必要最低限の使い方をしたい方にはこちらの設定がおすすめです。

2年間のOSバージョンアップ

発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応しています。

Android端末はOSが古くなるとセキュリティレベルの問題やアプリのサポート終了などで利用できなくなります。

少なくとも2年間は最新OSで利用できる点で安心感があります。

AQUOS sense lite SH-M05はワンセグ非対応

日本製の端末なので、ワンセグ/フルセグに対応しているイメージがありますが、AQUOS sense lite SH-M05は対応してません。

スマホでテレビを見ようと考えている方は事前に周知しておいてください。

 

AQUOS sense lite SH-M05はどこで買うと安いの?

格安SIM会社で販売するモデルなので多くの会社から販売されています。

格安スマホ会社 一括 分割 コメント
BIGLOBEモバイル - 1,380円
mineo 33,000円 1,375円
楽天モバイル 29,800円 1,341円 3年縛りで9,800円
LINEモバイル 33,800円 1,460円
エキサイトモバイル 24,800円 1,033円
IIJmio 29,800円 1,250円
OCNモバイルONE 24,800円 1,050円
DMMモバイル 29,800円 1,584円

最も安いのはBIGLOEモバイルです。

BIGLOBE mobile

総合満足度NO.1

動画・音楽の通信料が無料になるエンタメフリーオプションで通信制限を気にすることなくエンタメを楽しめます。

動画視聴が多い方におすすめ!

次に安いのは楽天モバイルです。

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

3番目がIIJmioです。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

個人向けSIMカードシェアNO.1、2016年お客様満足度総合1位。

IIJのモバイルサービス200万回戦突破!

IIJmioは回線品質が高く、顧客だけでなく企業からの信頼も厚いです。他社の格安MVNOの開発をコンサルティングを行っています。信頼性を重視するならIIJmioがおすすめ。

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.