格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

arrows M03のスペック・評価・評判まとめ

更新日:

arrows M03

arrows M03は富士通から販売されている日本製のSIMフリースマートフォンarrows M02/RM02の後継機種です。

前回の機種と同様で価格は3万円程度。

arrows M03は、お財布ケータイ、防水、防塵、VoLTE対応でありながら電池持ちが良いので、型落ちのスマホではなく最新のスマホとして取り扱いができます。

arrows M03のスペック

前回の端末arrows M02/RM02と比較しながら紹介します。

arrows M03 arrows M02/RM02
OS Android™ 6.0 Android 5.1
CPU MSM8916 1.2GHz(クアッドコア) MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
画面サイズ 約5.0インチHD IPS液晶 5インチ有機ELディスプレイ
解像度 1280x720 1280x720
メモリ 2GB 2GB
データ容量 16GB 16GB
カメラ 前面500万画素、背面1310万画素 前面240万画素、背面810万画素
バッテリー容量 2580mAh 2330 mAh
重量 約141g 149g
外部SDカード microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB) microSDカード対応
寸法 高さ約144mm×幅72mm×厚さ7.8mm 高さ約141mm×幅約68.9mm×厚さ約8.9mm
防水/防塵 ○/○ ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/× ×/×
おサイフケータイ
テザリング
SIM nanoSIM nanoSIM
カラー ホワイト、ブラック、ピンク ホワイト、ブラック
限定カラー Gold(楽天モバイル) Gold(楽天モバイル)
Pink(mineo) Pink(mineo)
- Royal Blue(J:COM)

前回の端末の欠点であったカメラの性能が良くなっています。内部カメラ、外部カメラ共に画素数が向上しています。

料理や人物の撮影をSNSでシェアすることを想定して製作されており、屋内外での写真をキレイに残す3つの技術を採用しています。

arrows M03のカメラの性能

より幅広く取れるように改良を加えています。

arrows M03で撮った写真

arrows M03の対応バンド

  • LTE 2.1GHz(1),1.7GHz(3),900MHz(8),800MHz(19,26)
  • 3G 2.1GHz(1),850MHz(5),900MHz(8),800MHz(6,19)
  • GSM 850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

なのでBAND1/3/19があればDocomoの回線は問題なく使えます。

auの格安SIMは?

auのBANDは1/11/18/26/28/41。

auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

メインのBAND18が対応していないので、安心して使えるとは言えません。ただBAND1の対応エリアが追いついてきていることもあり、mineoでは、Aプランでも使えるマルチキャリア対応の端末として発売されます。

arrows M03の評価・評判

現在、格安スマホの端末ランキングでは前作のarrows M02が2位です。(1位はHUAWEI P9 lite)

おそらく発売と同時に1位になるでしょう。2016年8月時点で1位になりました。

arrows M02の人気の理由は…

  • MIL規格の防水防塵対応
  • 電池持ちの長さ
  • 日本製のスマホ
  • edy対応

海外ブランドのスマホを使うことに抵抗のある人も多く、国内メーカーの端末を使うことが多いです。

参考:arrows M02/RM02のスペック・評価・評判まとめ

edyやワンセグに対応している日本のメーカーだから購入する方も多いものです。

arrows M03には、今の時代に合わせて改良を加えています。

音楽や動画のダウンロードを高速化するシステムも搭載。

  1. Wi-Fiと3G/LTEの自動切り替え(設定で速度の早い方に切り替えます
  2. 独自の高速化技術により早送りしてもすぐに再生

arrows M03のダウンロード高速化技術

YOUTUBEやAppleMUSICなどの動画や音楽をストリーミングで楽しむ時代にはより楽しめる機能が搭載されています。

arrows M03を購入できるところは?

かなり古い端末になってきたので取り扱っている格安SIM業者が減ってきました。

最も安いのは楽天モバイルです。

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!

どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
月々の支払いで楽天ポイントが貯まる!使える!

契約中は楽天市場でのポイントがずっーと2倍

とにかく期間限定キャンペーンで格安スマホをどこよりも安く手に入れられます!

mineo(マイネオ)

2015年9月から日本初トリプルキャリア。利用満足度は84%。
音声通話対応で1,310円〜。au、Docomo、SoftBankの端末で利用可能!
iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.