格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ【2018年版】

投稿日:

DSDS対応!おすすめの端末を紹介!

2018年現在、DSDS端末を搭載する端末は20種類以上とかなり増えました。

一つ一つ精査するのは大変なので、スペック重視・使い方重視・価格重視の3つの視点でおすすめのDSDS端末を紹介します。

スペック重視!防水・防塵加工ありのDSDSスマホ

HUAWEI Mate 10

Huawei 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン ミッドナイトブルー【日本正規代理店品】

6.0インチ、HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU、Android™ 8.0 Oreo、1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(ダブルレンズ)、4000 mAh、メモリ6GB、容量128GB、重さ178g、指紋認証搭載、赤外線リモコン対応、ジャイロセンサー搭載、CA対応、DSDS対応

HUAWEIのフラッグシップモデルでLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラを搭載!

鮮やかな色彩を捉えながらも細部を再現し、ぼかし効果のある撮影やクリアな夜景の撮影ができます。

DSDS対応端末でコスパ良し!ハイエイドモデルでは最もおすすめしたい!

高スペックでコスパを重視

Honor 9

HUAWEI honor9 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM, サファイアブルー)

5.15インチ、HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)、Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1、メインカメラ 1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(ダブルレンズ)、3200 mAh、メモリ4GB、容量64GB、重さ155g、指紋認証あり、ジャイロセンサーあり、DSDS対応

ハイスペックモデルでコスパ最強!

使用しているCPU・RAMはHUAWEI P10と同様のスペックでありながら価格を抑えた端末となっています。

高度な加工を施した3D曲面ガラスを採用。見た目も、性能も重視する方におすすめしたい端末です。

microSDも同時利用可能!使い方重視のDSDSスマホ

Zenfone Max Plus(M1)

ASUS ZenFone Max Plus M1 ZB570TL【日本版】ブラック【正規代理店品】(オクタコア/4GB/32GB/DSDS/4,130mAh) ZB570TL-BK32S4/A ZB570TL-BK32S4/A

5.7インチ、MediaTek MT6750T (オクタコアCPU)、Android™ 7.0、メインカメラ1600万画素+800万画素、4,130mAh、メモリ4GB、容量32GB、重さ160g、指紋認証、顔認証、DSDS対応

顔認証機能を使えるSIMフリー端末!

5.2インチの本体サイズに5.7インチのスクリーンを搭載しています。低価格ながら最新の機能を使いたい方におすすめ!

 

とにかく低価格で使いたい!価格重視のDSDSスマホ

g07++

gooのスマホ g07++(グーマルナナプラプラ) 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, マットブラック)

5.7インチ、MT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4, 1.0GHz ×4、Android 7.0 nougat、1300万画素、3000 mAh、メモリ4GB、容量64GB、重さ150g、指紋認証搭載

1万円台のDSDS対応機です。

DSDS対応機をお試しした人向けで、SIMカードのAPN設定を選択できる「SIM管理」アプリあり。

初心者でも利用できるように設計されています。

DSDS対応スマホ端末を徹底比較!

視点 スペック最強 使い方重視 価格重視
端末名 HUAWEI Mate 10 Zenfone
Max Plus(M1)
g07++
OS Android™ 8.0 Oreo Android(TM) 7.0 Android 6.0 marshmallow
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU MediaTek MT6750T (オクタコアCPU) MT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4, 1.0GHz ×4
画面サイズ 6.0インチ 5.7 インチ 5.5インチ IPS液晶
解像度 2560×1440ドット 2,160×1,080ドット 1,920×1080ドット
メモリ 6GB 4GB 3GB
データ容量 128GB 32GB 32GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(ダブルレンズ)
前面:800万画素
背面:1600万画素+800万画素
前面:800万画素
背面:1300万画素
バッテリー容量 4000 mAh 4130 mAh 3000 mAh
重量 178g 約160g 約150g
外部SDカード microSDカード対応(最大256GB) microSDカード対応(最大256GB) microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ約156.9mm×幅78.9mm×奥行き7.9mm 高さ約152.6mm×幅73mm×厚さ8.8mm 高さ約152mm×幅75.6mm×奥行き7.9mm
防水/防塵 ○(IPX3)/○(IP5X) ×/× ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/× ×/× ×/×
おサイフケータイ × × ×
テザリング
SIM nanoSIM×2 nanoSIM×2 micro SIM + nanoSIM
カラー ミッドナイトブルー、チタニウムグレー ディープシーブラック 、アズールシルバー 、サンライトゴールド ホワイトパネル、ブラックパネル

この他にもDSDS対応端末が増えてきたので箇条書きで紹介します。各リンクから詳細をチェックして下さいね。

※海外モデルでは、DSDS対応端末が多数存在します。このサイトでは国内販売モデルのみを紹介します。(技適の問題があるので)

DSDSを使う手順

  1. DSDS対応端末を購入
  2. SIMカードをセットする

DSDS端末にSIMカードを入れるだけで勝手に設定してくれました。

honor 9で『データ+音声通話(OCNモバイルONE)』『ソフトバンクの音声通話のみ』の組み合わせで試してみました。

SIMスロットを取り出します。

それぞれのSIMカードをセットします。

あとは勝手に認識してくれます。

普段の電話をどちらの番号でかけるか選択

たったこれだけで終わりました。

とても簡単ですよね。小難しい設定不要!

カケホーダイと格安SIMを使うための契約方法

ざっくりと説明をすると

  1. 端末を準備する
  2. データ専用SIMを準備する
  3. ガラケーのカケホーダイプランを契約する

DSDS対応機をセット端末で購入する場合は楽天モバイルBIGLOBEモバイルDMMモバイルOCNモバイルONELINEモバイルあたりが販売をしています。

DSDSを利用する上で使い勝手が良いのは動画見放題オプションのあるBIGLOBEモバイル端末セールをよく実施しているOCNモバイルONEがおすすめです。

BIGLOBE mobile

総合満足度NO.1

動画・音楽の通信料が無料になるエンタメフリーオプションで通信制限を気にすることなくエンタメを楽しめます。

動画視聴が多い方におすすめ!

OCN モバイル ONE

格安SIMシェア数1位!知名度が高く格安SIM業界でも老舗業社です。

格安SIM後発組を比べるとややサービス面は劣るものの、データSIMで050 plusが半額の150円。音声通話SIMで0円で使えます。

格安SIMで唯一口座振替対応。

口座振替、050 plusを使う方におすすめ。

BIGLOBEモバイルでは、取り扱っているセット端末にDSDS端末が多くキャッシュバックもあります。購入のしやすさ、使いやすさで優れているのでこれから購入される方はBIGLOBEモバイルを優先的に選んでください。

ここで、大手キャリアでSIMカードだけの購入ができるの?と不安に感じるかもしれませんが、一定の条件を満たせば購入ができます。

大手キャリアのSIMカードのみ購入の条件

「特定無線設備の技術基準適合証明等(技適など)」を取得し、技適マークが記載されてあること

これは、スマホの設定や端末のケース、バッテリーの近くに記載されてあることが多いです。この技適マークを確認できれば大手キャリアでもSIMカードのみで購入ができます。

DSDS用SIMカードのポイント

  • ドコモ・ソフトバンク :DSDSで利用可能
  • au:DSDSで利用不可(g07++、g08なら可能)

ほぼ販売しているDSDS対応機の音声通話SIMでは、ドコモ または ソフトバンクのSIMカードのみの対応となっています。au回線は使えないので乗り換えが必要です。

各社ショップでSIMフリー端末を持ち込みすれば購入できますが、費用がかかってしまいます。別途ガラケーのかけ放題プランで購入した方が安く済むので以下の記事を参考にしてください。

参考docomoのガラケープランは実質0円で購入可能。おすすめプランと購入方法まとめ

参考ソフトバンクのガラケーは実質0円!おすすめプランとお得な購入方法を紹介!

DSDSのプラン例と料金比較

  • 端末:ZenFone 4 Max
  • データSIM:BIGLOBEモバイル
  • ガラケーSIM:ソフトバンク スマ放題ライト(5分かけ放題)

せっかくなので大手キャリアとの料金を比較してみました。

BIGLOBEモバイル ドコモ
データ通信 1,450円(3GB) 5000円(5GB)
カケホーダイ 2,200円 2700円
端末代(24回) 1,240円 2,376円
値引き(キャンペーンなど) -4,800円 -56,376円
2年間合計 112,560円 185,448円

かけ放題のプランで比較した場合、ドコモのスマホ契約とほぼ同じ条件で7万以上も節約できました!(ドコモの端末は最も安いものを選んでいます。)

まずはDSDS端末が必要です!今すぐ手に入れて2台持ちから1台持ちへと切り替えましょう!

BIGLOBE mobile

総合満足度NO.1

動画・音楽の通信料が無料になるエンタメフリーオプションで通信制限を気にすることなくエンタメを楽しめます。

動画視聴が多い方におすすめ!

OCN モバイル ONE

格安SIMシェア数1位!知名度が高く格安SIM業界でも老舗業社です。

格安SIM後発組を比べるとややサービス面は劣るものの、データSIMで050 plusが半額の150円。音声通話SIMで0円で使えます。

格安SIMで唯一口座振替対応。

口座振替、050 plusを使う方におすすめ。

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.