格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

g07++のスペック・評価・評判まとめ

更新日:

g07++は、低価格で使えるg07シリーズでも最も低価格で高性能な端末で、3キャリア対応のDSDS端末です。

販売するOCNモバイルONEではよくセール端末になるため、非常に安く購入できます。

g07++のスペック

g07++
OS Android 7.0 nougat
CPU MT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4, 1.0GHz ×4
GPU -
画面サイズ 5.7インチ
解像度 2,160×1,080ドット
メモリ 4GB
データ容量 64GB
カメラ 前面:1300万画素
背面:1600万画素
バッテリー容量 3,000mAh
重量 約 150g
外部SDカード microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ約152mm×幅75.6mm×奥行き7.9mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM micro SIM + nano SIM
カラー シャイニングブルー 、マットブラック 、シルバー
その他 ・DSDS対応

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に関しては『DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ』をご覧ください。

g07++の対応バンド

  • LTE: B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
  • W-CDMA: B1(2100) / B6(800) / B8(900)
  • GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
  • CDMA2000: BC0(800) / BC6(2000)

ドコモの格安SIMで使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です

auの通信回線は利用できません。

g07++のDSDS機能に関して

g07++は写真のようにAPN設定を簡単に設定できます。

  • SIM 1:micro SIM(3G音声通話)
  • SIM 2:nano SIM(4G通信+3G音声通話)

DSDSで利用する音声通話SIMは『SIM1』に入れて、通信で利用する格安SIMは『SIM2』に入れて利用します。

g07+、g07++の売りとして3キャリア(docomo・au・softbank)に対応していると記載がありますが、音声通話SIMは3G回線専用となります。

Volteには対応していないのでau系の格安SIMは利用できないので注意してください。

+ 可能な組み合わせは?

  • docomo系格安SIM×docomoガラケーSIM
  • docomo系格安SIM×SoftBankガラケーSIM
  • docomo系格安SIM×auガラケーSIM

これから同時に申込するならdocomoが最もDSDS利用者が多いのでおすすめしています。

参考docomoのガラケープランは実質0円で購入可能。おすすめプランと購入方法まとめ(DSDS機能向けの記載あり)

g07++のデメリット

1万円台の端末でDSDS機能を使えることを売りとしているためデメリットは存在します。購入前に確認しておきましょう。

nanoSIMとMicroSDカードは排他仕様

DSDS利用時…以前にnanoSIMとmicroSDカードを同時利用できません。

つまり、microSDカードを利用できるのはmicroSIM(3G音声)利用時のみです。実質的にmicroSDカードを利用できないと考えてください。

最大64GB以内で使う+グーグルドライブなどに保管する方法を駆使する必要があります。

WI-FI規格は11ac非対応

Wi-Fi 802.11 b/g/n 準拠 (2.4GHz)

g07++のWI-FI規格は最新規格11ac非対応です。

ミドルスペックタイプではHUAWEI P10 liteが『Wi-Fi: 802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)』です。

WI-FI接続はできますが、高速通信は期待できません。もっと高性能な端末が欲しい方は別途端末を探してください。

参考格安スマホのおすすめ機種・端末の選び方と比較

g07++の評価・評判

g07++はmicroSDカードを実質的に利用できないという致命的な端末なのですが、

Antutuのスコアでは43000点程度で、最低限のレベルは突破しています。

+ 参考Antutuを見てみる

Antutuスコア参考数値(Total Score)

  1. iPhone 8Plus:217385
  2. iPhone 8:212175
  3. HUAWEI Mate 10:173003
  4. HUAWEI Honor 9:144308
  5. HUAWEI Mate 9:138858
  6. Moto Z:138050
  7. HUAWEI P10 Plus:134593
  8. ZenFone 4:111748
  9. HUAWEI P10 lite:60190
  10. arrows M04:27343
  11. ZenFone Live:26748

目安

ハイスペック:6万以上、ミドルスペック:4〜6万点、エントリーモデル:2〜4万点

4万以下はカクツキあり。ゲームをやるなら最低でも4万以上

最大のメリットはauの3G音声回線+格安SIMで利用

他にも低価格なDSDS端末はありますが、唯一のau3G音声回線が利用できます。

どうしてもauのガラケーとスマホを一つにして使いたい』場合の解決策としてg07++があるようなものです。

3Dゲームはやらない、動画やネット、SNS利用がメインで使うならぴったりな端末だと言えます。

g07++はどこで購入できる?

一応、Amazonをはじめ各ECサイトでも販売しているのですが、OCNモバイルONEから販売されている端末なので、セット端末購入が最もお得です。

キャンペーン価格で5000円程度の時期もありました。まずは、OCNモバイルONEの公式サイトからキャンペーンを確認して見てくださいね。

OCN モバイル ONE

格安SIMシェア数1位!知名度が高く格安SIM業界でも老舗業社です。

格安SIM後発組を比べるとややサービス面は劣るものの、データSIMで050 plusが半額の150円。音声通話SIMで0円で使えます。

格安SIMで唯一口座振替対応。

口座振替、050 plusを使う方におすすめ。

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.