格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

HUAWEI nova lite2のスペック・評価・評判まとめ

更新日:

HUAWEI nova lite2は、HUAWEI nova liteの後継機種として2018年2月に発売されました。

前作のnova liteはコスパの良い端末をとして評価が高くP10 liteと並ぶトップセラーSIMフリー端末となりました。

HUAWEI nova lite2は若者向けの低価格モデルで最新の流行であるワイドディスプレイ・デュアルカメラを搭載しています。

HUAWEI nova lite2のスペック

HUAWEI nova lite2
OS AndroidTM 8.0 Oreo/EMUI 8.0
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU
(4 x 2.36GHz A53 + 4 x 1.7GHz A53)
GPU MaliーT830
画面サイズ 5.65インチ
解像度 2160×1080ドット
メモリ 3GB
データ容量 32GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1300万画素+200万画素
バッテリー容量 3000 mAh
重量 143g
外部SDカード microSDカード対応(最大256GB)
寸法 高さ約150.1mm×幅72.05mm×奥行き7.45mm
防水/防塵 ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIMスロット×2
(DSDS非対応)
カラー ブルー、ブラック、ゴールド
その他 ・指紋認証

HUAWEI nova lite2の対応バンド

【SIM1】

  • 4G(FDD LTE): B1/3/5/7/8/19/20
  • 3G(WCDMA): B1/2/5/6/8/19
  • 2G(GSM): 850/900/1800/1900MHz

【SIM2】

  • セカンダリーSIM: GSMの上記周波数(音声通話のみ)

ドコモの格安SIMは利用可能

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

いずれのスロットも、国内3大キャリアのバンドに対応しています。

auのVoLTE SIMには対応していないと正式発表があったのでMVNO市場ではドコモSIM専用となりそうです。

HUAWEI nova lite2のデメリット

2万円台の端末でエントリータイプに位置します。購入前に注意しておきたいデメリットを先に上げていきます。

WI-FI規格は11ac非対応

Wi-Fi 802.11 b/g/n 準拠 (2.4GHz)

HUAWEI nova lite2のWI-FI規格は最新規格11ac非対応です。

HUAWEI製のミドルスペックのHUAWEI P10 liteでは『Wi-Fi: 802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)』です。

WI-FI接続はできますが、高速通信は期待できません。

DSDS非対応

2017年に発売したHUAWEI端末はDSDSに対応が多かったのですがnova lite2は非対応となっています。

SIM2が『GSMの上記周波数』と記載があったので2Gまで。海外ではDSDS機能を使えますが、国内では3G回線なので使えません。

ジャイロセンサー搭載なし

https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite2/specs/

ジャイロセンサーもついていません。

ポケモンGOなどのARを使ったゲームをする場合は、拡張現実モードに切り替えができません。

GPSはついているのでゲーム自体は利用できますが、注意してください。

デメリットまとめ

  1. 通信規格がやや低め:WI-FI利用時に速度が出にくいです
  2. DSDS機能なし:SIM2枚利用できません
  3. ジャイロセンサーなし:ポケモンGOの拡張現実機能使えません。

ここまでの段階で性能を重視したい方には向いていません。

再度他の端末を探してください。

参考格安スマホのおすすめ機種・端末の選び方と比較

HUAWEI nova lite2の評価・評判

HUAWEI nova lite2のデメリットを先にあげましたが、コスパが良いです。

『HUAWEI Kirin 659』というCPUを利用しており、Antutuのスコアでは64000点程度です。

+Antutuのスコア比較を見てみる

Antutuスコア参考数値(Total Score)

  1. iPhone 8Plus:217385
  2. iPhone 8:212175
  3. HUAWEI Mate 10:173003
  4. HUAWEI Honor 9:144308
  5. HUAWEI Mate 9:138858
  6. Moto Z:138050
  7. HUAWEI P10 Plus:134593
  8. ZenFone 4:111748
  9. HUAWEI P10 lite:60190
  10. arrows M04:27343
  11. ZenFone Live:26748

目安

ハイスペック:6万以上、ミドルスペック:4〜6万点、エントリーモデル:2〜4万点

4万以下はカクツキあり。ゲームをやるなら最低でも4万以上

2万円台でミドルスペックレベル。さらに注目したいポイントは3つあります。

  • 18:9の縦長ディスプレイ
  • デュアルカメラ搭載
  • デザインがメタル調で高級感がある

スリムなデザインでiPhone8 Plusよりも画面がでかい

 

5.9インチの画面ですが、横幅はスリムに設計しています。

参考

  • iPhone8(4.7インチ):67.3mm
  • nova lite2(5.65インチ):72.05mm
  • P10 lite(5.2インチ):72mm
  • iPhone8 Plus(5.5インチ):78.1mm

iPhone8 Plusよりも大画面でスリムな設計となっています。通常の5.0~5.2インチレベルのサイズなので女性の片手でも扱えるサイズ感です。

マルチスクリーン機能が使える

HUAWEI nova lite2では、大画面を活かしてマルチスクリーン機能を活用できます。

デュアルレンズのカメラでボケ効果を表現

 

一つのレンズは画像の撮影に重きを。もう一つのレンズでボケ具合を表現しています。

撮影時にワイドアパチャー機能を使えば一眼レフのような立体感のある写真を撮影できます。

ただし、光学式手ぶれ補正(OIS)は非対応なこと、サブカメラが200万画素なので画質はP10Mate10などに比べると落ちます。

それでも、4万円台クラスの性能はあります。

HUAWEI nova lite2はどこで買うと安いの?

格安スマホ会社 一括 分割 コメント
OCNモバイルONE 16,800円 - キャンペーン中
BIGLOBEモバイル - 1,080円 別途キャンペーンあり
mineo 22,800円 950円
エキサイトモバイル 23,800円 991円
IIJmio 21,800円 950円
DMMモバイル 25,980円 1,381円
LINEモバイル 25,980円 1,120円
楽天モバイル 20,000円 900円

最も低価格で購入できるのはOCNモバイルONEです。

3月26日までのキャンペーンにて音声通話SIMと同時契約なら8,800円にて購入できます。

OCN モバイル ONE

格安SIMシェア数1位!知名度が高く格安SIM業界でも老舗業社です。

格安SIM後発組を比べるとややサービス面は劣るものの、データSIMで050 plusが半額の150円。音声通話SIMで0円で使えます。

格安SIMで唯一口座振替対応。

口座振替、050 plusを使う方におすすめ。

次に安いのはBIGLOBEモバイルです。音声通話SIM、データSIM共にキャッシュバックを行なっています。

BIGLOBE mobile

総合満足度NO.1

動画・音楽の通信料が無料になるエンタメフリーオプションで通信制限を気にすることなくエンタメを楽しめます。

動画視聴が多い方におすすめ!

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.