格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

キャリアスマホ

9.7インチ新型iPadはどこで購入すると安い?価格・維持費から徹底解説!

投稿日:

3月27日にアップルは、Apple Pencilに対応した9.7インチのiPad(第6世代)を発売しました。

iPad Proシリーズよりも3万円以上安い端末なので興味を持っている方も多いかと思います。

これまでApple Pencilが使えたのは、iPad Proシリーズだけでしたが、今回の新型iPadは使えるようになりました。

iPad(第6世代)を購入するに当たって購入場所や実質の負担金額、毎月の維持費が気になるかと思います。

初めてiPadを買われる方に向けてWiFi版とキャリア版の違い、iPadを少しでも安く買う方法を解説します。

新型9.7インチiPadの値段を徹底比較

WI-FI版とキャリア版で新型9.7インチiPadの料金・維持費をまとめていきます。

条件

  • 新規契約・機種変更にて購入
  • スマホとセットで利用
  • WI-FI版はAppleにて購入
  • 下取りプログラムなどの割引なし
  • 容量は32GB

結果は以下のようになりました。

ドコモ au ソフトバンク Apple
分割支払い 2476円/月
(24回分割)
1680円/月
(36回分割)
2370円/月
(24回分割)
-
月割引 -1944円/月 -1,080円/月 -1920円/月 -
その他割引 -16200円 - -
実質負担金 432円/月 150円/月 450円 -
総額 10,368円 5400円 10,800円 37,800円

新型9.7インチiPadのWi-Fi版

Apple Storeで購入する場合の価格は以下の通りです。

  • Wi-Fiモデル:37,800円
  • Wi-Fi + Cellularモデル:52,800円

アップルで購入する場合、特別割引などはありません。

『Wi-Fiモデル』と『Wi-Fi + Cellularモデル』との違いは外出的で使えるかどうかです。

  • Wi-Fiモデル:WI-FI環境がある場所のみ。外出先で使う場合はモバイル回線 または テザリングを利用してネット通信する。
  • Wi-Fi + Cellularモデル:SIMカードを挿入でき、携帯電話データネットワークを利用できます。

単純に安いからという理由でWi-Fiモデルを購入すると外出先で使えなくなるので注意してください。

これから紹介するキャリア版で販売するのは『Wi-Fi + Cellularモデル』となります。

ドコモ版のiPadの維持費

ドコモ版のiPadはスマホでパケットパックに加入すれば、シェアパック(500円/月)が利用可能なので以下の料金となります。

端末代 432円
(24回分割)
基本料金 1,700円
シェアオプション 500円
SPモード 300円
毎月の料金
(3年目)
2932円
(2,500円)
2年間 70,368円
3年間 100,368円

au版のiPadの維持費

auのiPadはauスマホとセットでご利用し、タブレットプラン ds(3年契約/L)での契約となります。

端末代 150円
(36回分割)
基本料金 1,700円
LTE NET 300円
毎月の料金 2,150円
2年間 51,600円
3年間 77,400円

注意ポイント

  • タブレットプラン ds(3年契約/L)は実質3年縛り
  • 2年更新月は別途あるので支払い終了時の解約は9,900円必要

36回払いなので月々の負担は少ないですが、2年更新月に対して3年縛り。実質4年利用しなければ無料で解約できません。

ソフトバンク版のiPadの維持費

ソフトバンクはiPadとスマホのセットのプランがあります。

端末代 450円
(24回分割)
基本料金 2,160円
データシェアプラス 500円
毎月の料金
(3年目)
3,110円
(2,660円)
2年間 74,640円
3年間 106,560円

2年間の維持費はWI-FI版が最安値

改めて3年間の維持費を比較すると以下のような結果となりました。

  • WI-FI版:37,800円
  • ドコモ:100,368円
  • au:77,400円
  • ソフトバンク:106,560円

明らかに安いのはWI-FIモデル。ソフトバンクが一番高いという結果になりました。

WI-FI版をキャリア版どちらを購入するべきか?

WI-FI版のiPadを使うには次の組み合わせになるかと思います。

  1. iPad × 自宅WI-FI
  2. iPad × スマホのテザリング
  3. iPad × モバイル回線

光回線など固定回線を契約しており、自宅だけに限定して使うならWI-FI版が最も安くなります。

しかし、外出先で使おうと思ったらテザリングが必要な上にソフトバンク・auだと月額500円のテザリングオプション料がかかるのが痛いところです。

大手キャリアでは大容量プランほど安く利用できる仕組みになっているので、キャリアスマホを使い続けるならWI-FI版よりもキャリア版を購入しておいた方が無難です。

新型iPad9.7インチを安く買う方法とは?

iPadの購入を決めたら買う場所に注意してください。

大手キャリアのiPadを販売している家電量販店やショップでは端末購入時の頭金や手数料をつけるようになりました。

これは、販売店独自の裁量で決めているものでそのまま店舗の利益になるものなんですよね。

それに店舗によって、バラバラの値段で5,000円〜10,000円と気づかれないところで上乗せされてまうのです!

本来なら安く買えたのに、余計な費用がかかり高くなってしまいますよね…。

しかし、大手キャリアの公式オンラインショップなら頭金・手数料不要で簡単に購入できます。

まだ、利用されていない方は新型iPad購入時には公式オンラインショップをご活用ください。

機種変更ならオンラインショップがおすすめ!

  • 頭金不要
  • 不要なオプション加入の必要なし
  • 待ち時間なし
  • 24時間購入可能

まとめ

2018年発売の新型iPadは、これまでApple Pencilを使いたくても高くて買えなかった人におすすめです。

iPadは、ネット、読書、音楽、勉強など幅広く使えるデバイズです。Bluetoothキーボードに取り付ければレポート作成やメール作成なども併用できます。

これ1台でできることが大幅に増えるんですよね。

迷っている方は、今回の新型iPadは買いです!ぜひ、この機会に購入して新生活を迎えてくださいね。

-キャリアスマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.