格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

LINEモバイルの3つの支払い方法と注意点

投稿日:

LINEモバイルの支払い方法は「クレジットカード」「LINE Pay カード」「LINE Pay」の3つに対応しており、クレジットカードを持っていなくても格安SIMを使えます。

しかし、携帯電話の契約ができなくなる可能性があるため注意しなければなりません。

この記事ではLINEモバイルの支払い方法と注意点を紹介します。

LINEモバイルの支払い方法

格安SIMの支払い方法としてよく使われているのがクレジットカードですが、LINEモバイルでは、3つの支払い方法から選ぶことができます。

  1. クレジットカード
  2. LINE Payカード
  3. LINE Pay

クレジットカードについては説明不要ですよね。

LINE Payカード、LINE Payを初めて知った人もいるかと思うのでその違いに整理しておきましょう。

LINE PayカードとLINE Payの違いとは?

LINE Payカード

チャージ式プリペイドカードでJCB加盟店約3000万店舗で利用できます。(事前登録必要)銀行口座、LAWSON レジチャージ、コンビニなどからチャージができます。

LINEモバイルの支払い方法として登録すると、LINE Pay残高から引き落としがあります。

LINE Pay

LINEアプリ内の機能で『LINE Payカード』『コード決済』『クレジットカード決済』の3つから利用できます。

LINEモバイルの支払いでは登録したクレジットカード決済のみ利用できます。にて行います。

LINE Payカード・LINE Payは残高を共有しているので同じように感じますが…決済システムが異なります。

違いまとめ!

  • LINE Pay カード:チャージした残高から支払い
  • LINE Pay:登録したクレジットカードから支払い

 

LINEモバイルの支払いでLINE Payカードは要注意!

これまでの支払い方法をまとめると以下のようになります。

クレジットカード INE Payカード LINE Pay
クレジット機能 あり 不要 登録必要

整理するとLINE Payカードならプリペイド式なのでクレジットカードを持っていなくてもLINEモバイルを使えます。クレジットカードを持っていない人でも登録できるのですが、注意しなければなりません。

支払い失敗でブラックリストに

公式ブログでも紹介していますが、LINE Payカードの残高不足に注意しなければなりません。

LINEモバイルへの支払いができないことで携帯電話のブラックリストになる可能性が出てきます。

LINEモバイルの場合、5日に引き落とし。再請求が15日。ダメなら振込と失敗しても2段階の対応があります。全て忘れてしまうと強制解約となり、ブラックリスト化されてしまいます。

すると他社回線への申し込みをしようとしても「過去に携帯料金の支払いを滞納した」と信頼が落ち、審査で落とされてしまう可能性が高くなります。

参考支払方法は?請求日は?LINEモバイルの決済について

公式ブログでも詳しく紹介していますが、LINE Payカードを利用する際は残高やメールの確実に行うようにしておきましょう。

まとめ

LINEモバイルは、LINE Payカードを利用すればクレジットカードなしでも利用できますが、ブラックリスト化される可能性もあるため、できることならクレジットカードでの支払いをおすすめします。

まだクレジットカードを持っていないのでしたら楽天カードが審査が通りやすいのでLINEモバイルの登録前に発行しておきましょう。

クレジットカードをまだ持っていない方は、楽天カードがおすすめです。

数あるクレジットカードでも審査が通りやすく発行が早いのが特徴です。

-LINEモバイル

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.