SIMフリースマホ

Moto G5s Plusのスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

Moto G5s Plusは、10日12日に日本国内で発売されたMotorolaのスマートフォンです。前モデルMoto G5/G5 Plusから約半年での発売となりました。

G5 Plusの基本性能に加え、新たにダブルレンズの採用によりカメラ性能が強化されたほか、同社のスマ―トフォンで初めて国内3大キャリアは全てに対応するようになり、使い勝手は申し分ないです。

Moto G5s Plusのスペック

前作のMoto G5 Plusと比較していきます。

Moto G5s Plus Moto G5 Plus
OS Android™ 7.1 Nougat Android(TM) 7.0、Nougat
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 625 processor 2.0 GHz オクタコアCPU Qualcomm® Snapdragon™ 625プロセッサ2.0 GHz オクタコア CPU
GPU Adreno 506 Adreno 506
画面サイズ 5.5インチ 5.2 インチ
解像度 1920×1080ドット 1,920×1080ドット
メモリ 4GB 4 GB
データ容量 32GB 32 GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1300万画素(カラー) + 1300万画素(モノクロ)デュアルカメラ
前面500万画素、背面1200万画素
バッテリー容量 3000 mAh 3000 mAh
重量 170g 155 g
外部SDカード microSDカード対応(最大128GB) microSDカード対応(最大128GB)
寸法 高さ約153.5mm×幅76.2mm×奥行き8.04mm(最深部) 高さ150.2 mm×幅74.0 mm×厚さ7.7 mm ~ 9.7 mm
防水/防塵 ○(撥水ナノコーティング)/× ○(撥水ナノコーティング)/×
ワンセグ/フルセグ ×/× ×/×
おサイフケータイ × ×
テザリング
SIM nanoSIM×2 nanoSIM×2
カラー ルナグレー、フラッシュゴールド、ニンバスブルー ルナグレー,ファインゴールド
  • 指紋認証
  • 急速充電
  • ジャイロセンサーあり
  • 4KウルトラHDビデオキャプチャ
  • DSDS対応

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に関しては『DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ』をご覧ください。

これまでMotoシリーズでは、DSDSとmicroSDカードとの排他制御機能がありました。

「G5 Plus」はDSDS+microSDの同時利用が可能でしたが、本機種はnanoSIM2スロット目とmicroSDが排他(片方しかつかえない)となっていますので、注意してください。

Moto G5s Plusの対応バンド

  • 4G(FDD-LTE):B1/3/5/7/8//18/19/20/26/28/38/40/41
  • 3G(WCDMA):B1/2/5/8/19(B6含む)
  • 2G(GSM):850MHz/900/1800/1900MHz

ドコモの格安SIMで使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です

auの格安SIMも利用可能

auのBANDは1/11/18/26/28/41。

auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

同社のこれまでの機種はドコモ、ソフトバンクのデータ通信のみ対応していましたが、本機種はauVoLTE(B18/26)がサポート対象となったため、同社のスマ―トフォンでは初めて国内3大キャリア全てのネットワークに対応するようになりました。

Moto G5s Plusの評価・評判

ミドルレンジクラスの「Moto G」シリーズの最新型で、「Moto G5 Plus」の後継機種にあたります。

基本性能は維持しつつ、カメラ性能を強化、画面サイズを拡大するなど、ゲームやカメラを日常的に使う人にとってはうれしい性能向上になっています。

ダブルレンズのデュアルカメラでカメラ性能大幅アップ

本機種では背面カメラにダブルレンズを採用。さらに、画素数も前モデルの1200万画素から1300万画素にアップするなど、大幅にカメラ機能が向上しました。

  • 撮影後に背景ぼかしができる
  • 色彩調整(撮影後にモノクロにする、モノクロに色を加えるなど)ができる
  • 写真は最大8倍、ビデオは最大4倍ズーム
  • 手首をひねるなど、単純なジェスチャーでカメラが起動

など使い勝手は申し分ないです。

また、前面のインカメラも500万画素から800万画素にアップ。さらに絞り値性能も向上(f/2.2 口径 から f/2.0 口径に)したほか、背面カメラと同じくLEDライトを使用したフラッシュ撮影が可能になるなど、こちらも大幅に機能が向上しています。

大画面かつ美しいデザインのボディ

「G5 Plus」の画面サイズは5.2インチと、スマホの中では比較的大画面の部類に有りましたが、今回さらに0.3インチ大きくなり、5.5インチ(フルHDディスプレイ)となりました。動画をよく見る人、ゲームで遊ぶ人にとってはうれしいですね。

ボディは、前モデルの「背面中央部がアルミ素材+周辺が樹脂素材」から、フルメタルのアルミ素材になりました。見た目や質感を重視する人にとっても、高級感のあるボディに満足できるでしょう。

アンドロイドバージョンが7.1に

また、プリインストールされているアンドロイドのバージョンが7.0から7.1になっています。

アプリの特定機能をショートカット化できる「アプリショートカット」や、バックアップ済みの写真や動画を自動的に削除してくれる「スマートストレージ」などの機能が追加されており、スマホとしての使い勝手も向上しています。

Moto G5s Plusはどこで購入できるのか?

3大キャリア全てのネットワークに対応(auが追加)となったため、その分取り扱うMVNOが増えています。

格安スマホ会社 一括 分割 コメント
IIJmio 39,744円 1,706円 キャンペーン価格で表示
BIGLOBEモバイル - 1,739円 分割のみ
別途キャンペーンあり
OCN モバイル ONE 34,344円 1,512円 一括セット購入時
NifMo 40,800円 1,701円  別途キャンペーンあり

もっともおすすめなのはBIGLOBEモバイルです。

2017年12月3日まで限定で最大15600円のキャッシュバック+3000ポイントプレゼントを実施しています。

さらにBIGOBEモバイルでは、初期設定をするために自宅訪問サービスを無料で実施しています。初めてスマホを使う。乗り換える方はBIGLOBEモバイルを優先的に選んでください。

BIGLOBE mobile

総合満足度NO.1

動画・音楽の通信料が無料になるエンタメフリーオプションで通信制限を気にすることなくエンタメを楽しめます。

動画視聴が多い方におすすめ!

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2017 All Rights Reserved.