格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

HUAWEI nova3のスペック・評価・評判まとめ

更新日:

HUAWEI nova 3は2018年10月5日発売のカメラ性能に特化したSIMフリースマートフォンです。

カメラ性能にはダブルレンズが標準化されてきましたが、nova3にはさらに素人でも簡単にクオリティの高い写真を取れるAIを搭載しています。

AI専用のHUAWEI Kirin 970プロセッサを採用しており、HUAWEIでも上位モデルにします。

発売価格は54,800円で、格安SIM会社のキャンペーン価格で安く購入できます。

この記事では、HUAWEI nova 3のスペック・評価・特徴、安く買う方法を紹介します。

\10月30日まで限定セール中/

nova 3 最安値はここ

10/30 11:00までの価格です。1分でも過ぎると値上がりするのでお早めにお申し込みください。

Huawei nova3のスペック

端末名 Huawei nova3
OS Android 8.1 / EUMI 8.2
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)
画面サイズ 約6.3インチ FHD+
解像度 2340 x 1080ドット
メモリ 4 GB
データ容量 128 GB
カメラ 前面:約2400万画素 + 約200万画素 / FF
背面:約1600万画素カラーセンサー(開口部 F1.8)+ 約2400万画素モノクロセンサー(開口部 F1.8)/ 像面位相差AF+コントラストAF
バッテリー容量 3750 mAh
重量 166g
外部SDカード 最大256 GB
寸法 高さ約157mm×幅73.7mm×奥行き7.3mm
防水/防塵 ×/×
(非対応)
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ ×
テザリング
SIM nanoSIM×2
(DSDV対応)
カラー ブラック、アイリスパープル
  • 指紋認証あり
  • USB Type C
  • CA対応機
  • DSDV対応

Huawei nova3の対応バンド

  • FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28
  • TDD LTE: B38 / 40 / 41
    キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応予定 ※1
  • WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

※1:更新によりauVoLTE対応予定。

ドコモの格安SIMで使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です。

ソフトバンク系・ワイモバイルの格安SIMで使える

ソフトバンクのバンドは1/3/8/28

  • BAND1(2100MHz):広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3(1.7GHz/1.8GHz):ワイモバイルで利用
  • BAND8(900MHz):プラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND28(700MHz ):速度対策用の補助的な活用
  • BAND41(2.5GHz):4G(SoftBank Air,AXGP) なので気にしない

※BAND28は2015年開始でまだ普及していない

au回線はVoLTEのアップデートにより対応

auのBANDは1/11/18/26/28/41。

auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

Huawei nova3の評価・評判

Huawei nova3は、P20やP20 Proに搭載しているKirin 970を採用しながら5万円台に抑えたコスパの高い端末となりました。

これまでnovaシリーズは、ミドルスペックの若者向けに訴求してきましたが、nova3ではHuaweiフラッグシップのP20・P20Proより価格を下げコスパの良さを売りとしています。

  • フルビューディスプレイ
  • 基本性能は上位モデルと一緒
  • 顔認証機能追加
  • AIカメラ搭載
  • DSDV対応

コスパで選ぶならnova3が最もおすすめです。

スペック:iPhone8級の性能

P20 liteのCPUは、HUAWEI Kirin 970です。

【オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53) 】で基本性能は格段に向上しています。

基本性能を調べるAntutuのスコアでは213380点。iPhone8並みのスペックとなりました。

+ 他のAtutuスコアと比較

Antutuスコア参考数値(Total Score)

  1. iPhone 8Plus:217385
  2. iPhone 8:212175
  3. HUAWEI Mate 10:173003
  4. HUAWEI Honor 9:144308
  5. HUAWEI Mate 9:138858
  6. Moto Z:138050
  7. HUAWEI P10 Plus:134593
  8. ZenFone 4:111748
  9. HUAWEI P10 lite:60190
  10. arrows M04:27343
  11. ZenFone Live:26748

目安

ハイスペック:6万以上、ミドルスペック:4〜6万点、エントリーモデル:2〜4万点

4万以下はカクツキあり。ゲームをやるなら最低でも4万以上

ゲーム性能に関しては賛否両論

P20と同じKirin 970を利用しているため、P20利用者の口コミを確認しました。軽いゲームなら問題ない。ヘビーユーザーには物足りない印象でした。

ゲームはあまりやらないので分かりませんが、PokemonGOは問題なし。グラブルも問題なし。FGOが戦闘の読み込みスピードが前機種のiPhone6Sと比べると僅かながら遅いイメージ。宝具発動時にカットインが入る瞬間だけスルッといかず固まります。それ以外はFGOでも全く問題なく動きます。

参考amazon

ゲーム専用ということであれば、ASUS ZenFone 5Zが最も高評価を得ています。

口コミであるようにnova3で注目したいのは欲しいのはカメラ性能です。

カメラ:AIカメラで最適な写真を撮影できる

カメラ性能では、ライカレンズを利用したP20の方が上です。発売時には世界3位のカメラ性能となっていました。

  • 1位:【109】Huawei nova3 Pro
  • 2位:【103】HTC U12+
  • 3位:【102】Huawei nova3
  • 参考:【94】Apple iPhone 8 Plus

参考DxOMark

nova3のカメラにはライカレンズを採用していませんが、22種類のシーンを自動判別して最適な撮影方法を判断してくれます。

少しでも安いスマホでプロ並みの写真を撮りたい人にnova3のAIカメラはおすすめです。

インカメラにもAIダブルレンズカメラを採用

AIカメラはインカメラにも採用しています。

2400万画素と200万画素のダブルレンズで、8シーンに対応しています。

さらに、インカメラに搭載されたHDR Pro機能で、逆光環境でも顔も背景も細かい部分を補正できます。

インスタ、Tik Tokなどで自撮りされる方におすすめの機能です。

Huawei nova3はどこで買えるのか?

Huawei nova3は各格安スマホ会社で販売します。ECサイトの場合は、キャンペーンなどでお得度が変わるので各社の販売価格をご確認ください。

格安スマホ会社で以下の会社が販売しています。

会社名 価格 キャンペーン
OCNモバイルONE
(一番安い)
2万7600円 10/30までのキャンペーン
楽天モバイル 5万4800円
mineo 4万9800円
BIGLOBEモバイル 5万4720円

Huawei nova3 関連記事

HUAWEI nova 3はどこが安い?最安値を徹底調査!

続きを見る

HUAWEI nova 3 おすすめのケース・ガラスフィルムまとめ

続きを見る

HUWEAI nova 3 とHUWEAI P20の違い

続きを見る

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.