格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

SIMフリースマホ

NuAns NEO [Reloaded]のスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

NuAns NEO [Reloaded]は、2017年6月にTrinity(トリニティ株式会社)から発売されたSIMフリースマートフォンです。

コンセプトは、『すべて新しい。すべてをこれひとつで。約700通りのカスタマイズが個性を演出する』ということで、財布を持たなくてもスマートフォン一つで生活できる工夫がされています。

ターゲットは、シンプルに暮らしたいミニマリスト。暮らしに寄り添った700通りの組み合わせが可能で、暮らしに寄り添ったデザインに変更ができます。

NuAns NEO [Reloaded]のスペック

Mate 10にはシングルSIM版とデュアルSIM版の2種類がありますが、今回はデュアルSIM版のみ紹介します。また、日本版が発表されていないため、海外版のスペックを記載します。

NuAns NEO [Reloaded]
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 625(MSM8953)
GPU -
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1920 × 1080
メモリ 3GB
データ容量 64GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1300万画素
バッテリー容量 3,450mAh
重量 150g
外部SDカード microSD(最大 1TB対応(UHS-I 3.0))
寸法 高さ約141mm×幅74mm×奥行き11mm
防水/防塵 ○(IPX5)/○(IP4X)
ワンセグ/フルセグ ×/×
おサイフケータイ
テザリング
SIM micro-SIMスロット
(nano-SIMアダプター同梱)
カラー -
その他 ・指紋認証
・カードポケットあり

NuAns NEO [Reloaded]の対応バンド

  • 3G(W-CDMA):1/5/6/8/9/19
  • 4G LTE:1/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28

国内3大キャリアのバンドに対応しています。

VoLTE SIMに対応しているため、auでも利用可能です。

NuAns NEO [Reloaded]の評価・評判

NuAns NEO [Reloaded]のスペックは標準的で、大きな機能を持っていません。

売りにしているのは暮らしに寄り添ったコンセプトです。

公式サイトでも、『性能面で満足できても、毎日の暮らしの中で使われる道具としてスマートフォンは本当に馴染んでいるのでしょうか?』と問題定義しています。

コンセプトがコンセプトだけに性能重視よりもデザイン重視の端末となっています。

ベンチマークアプリのAntutuでも、6万点台なので、基本的な性能ではそこそこのレベルです。

Antutuスコア参考数値(Total Score)

  1. iPhone 8Plus:217385
  2. iPhone 8:212175
  3. HUAWEI Mate 10:173003
  4. HUAWEI Honor 9:144308
  5. HUAWEI Mate 9:138858
  6. Moto Z:138050
  7. HUAWEI P10 Plus:134593
  8. ZenFone 4:111748
  9. HUAWEI P10 lite:60190
  10. arrows M04:27343
  11. ZenFone Live:26748

目安

ハイスペック:6万以上、ミドルスペック:4〜6万点、エントリーモデル:2〜4万点

4万以下はカクツキあり。ゲームをやるなら最低でも4万以上

生活に溶け込むデザイン

NuAns NEO [Reloaded]は生活に溶け込むデザインを重要視しています。

カバーを組み替えるだけの700通りの組み合わせが可能です。

さらに、お財布ケータイ機能やクレジットカードを入れれるカード入れを搭載しており、スマホ一つで生活できることを実現しています。

スマホを使った新しいライフスタイルを提案しています。

NuAns NEO [Reloaded]はデメリットがたくさんある?

コンセプトはしっかりとしているのに発売からすぐに不具合が多発していました。

  • 特定の環境において通話時に音声が伝わりづらい問題
  • 一部の環境でWi-Fi接続が断続的に切れる問題
  • 一部の端末でGPSの動作が遅くなる、もしくは動作しなくなる問題
  • 端末を持ち上げてスリープから復帰、機能をOFFにするとジャイロセンサーが停止してしまうことがある問題
  • 暗い場所においてカメラのシャッタースピードが遅くなる問題
  • 充電中にタッチパネルの感度が落ちる問題
  • ファームウェアアップデート時に「No Command」という表示が出てしまう問題

参考NuAns NEO [Reloaded]、現状と取り組んでいる最重要課題について

amazonのレビューでもこの点で差が開いています。

まず6月発売で現在レビュー執筆時点で9月末ですがセキュリティパッチは4月のまま。この部分をウリにしていたのでは?と思っていた矢先に、さらには公式サイトから2年間のアップデートに関する記述をコッソリ削除してTwitterで努力目標だからと言い訳のように言っていたのには正直ガッカリです。

FeliCa対応している数少ないシムフリー機。防水とまではいかないが防滴対応であったり、洒落たラインナップが揃うカバーの着せ替え、何とも言えない画面の艶やかさなど、結構気に入っている部分も多い。
しかし、アップデート後も時折チラつく画面、鬼のように低いGPS精度など、改善されなければならない部分も多く、洒落てるだけでは済まされないとも思う。

 

購入するならある程度機能を捨てる

今後アップデートで改善を目指しているとのことですが、2017年時点では改善されていない点も多いです。

  • カメラ機能
  • 指紋認証機能
  • GPS制度

このあたりは弱いままです。デザインや生活面のコンセプトを重要視して、上記の3点の機能は不要であれば問題ないです。

スペック重視するなら他の端末をおすすめします。

参考格安スマホのおすすめ機種・端末の選び方と比較

NuAns NEO [Reloaded]はどこで購入できる?

 

格安スマホ会社 一括 分割 コメント
IIJmio 39,800円 1,700円 9月より値下げ
エキサイトモバイル 46,200円 1,925円

購入するならIIJmioがおすすめ。

最も安い上に端末保証も別途つけれるからです。Amazonでも端末のみ購入できますが、不具合の多い端末ので保証をつけた方が良いです。(気になる方はAmazonレビューを読んでください。)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

個人向けSIMカードシェアNO.1、2016年お客様満足度総合1位。

IIJのモバイルサービス200万回戦突破!

IIJmioは回線品質が高く、顧客だけでなく企業からの信頼も厚いです。他社の格安MVNOの開発をコンサルティングを行っています。信頼性を重視するならIIJmioがおすすめ。

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.