格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

Huawei P20のスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

P20

Huawei P20は、HUAWEIのフラッグシップモデルHuawei P10の後継機種です。

ライカのカメラを使用したダブルカメラを搭載しており、人気のある端末でした。今作は、顔認証、ダブルレンズカメラ、大画面のディスプレイを採用しています。

カメラが強みのHuawei P20のスペック・特徴の評価・評判・安く買う方法を紹介します。

Huawei P20のスペック

P 10とスペックを比較していきます。

端末名 P20 P10
OS Android™ 8.1 / Emotion UI 8.1 Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53) + i7 コプロセッサ HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
画面サイズ 約5.8インチ 18.7:9 FHD 約5.1インチ IPS液晶
解像度 2244 x 1080ドット 1080x1920ドット
メモリ 4 GB 4GB
データ容量 128 GB 64GB
カメラ 前面:約2400万画素(開口部F2.0/FF)
背面:1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部 F1.8)+ 2000万画素モノクロセンサー(開口部 F1.6)
前面:800万画素
背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー開口部F2.2(ダブルレンズ)
バッテリー容量 3400 mAh 3200 mAh
重量 165g 145g
外部SDカード - microSDカード対応(最大256GB)
寸法 高さ約149.1mm×幅70.8mm×奥行き7.65mm 高さ約145.3mm×幅69.3mm×奥行き6.98mm
防水/防塵 ○/○
IP53
×/×
ワンセグ/フルセグ ×/× ×/×
おサイフケータイ × ×
テザリング
SIM nanoSIM×2
(DSDS非対応)
nanoSIM×2
カラー  ミッドナイトブルー、ブラック、ピンクゴールド ダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラック
  • 指紋認証あり
  • USB Type C
  • CA対応機

Huawei P20の対応バンド

  • FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32
  • TDD LTE: B34 / 38 / 39 / 40 / 41
  • キャリアアグリゲーション対応
  • WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • TD-SCDMA: B34 / 39
  • GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

ドコモの格安SIMで使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です

au回線は非対応

au回線に関しては非対応でした。

本端末はKDDIの移動体通信網を利用した通信サービスには対応しておりません。それらの通信サービスのSIMでのご利用については、当社では一切の動作保証はいたしません。

 

Huawei P20の評価・評判

Huawei P20は、前作のP10から大きく変化しました。

  • 5.1インチ→5.8インチ
    大画面化
  • 基本性能向上
  • 顔認証機能追加
  • カメラは抜群に向上
  • 非対応:DSDS対応、microSD

前作がオールマイティーに使えるスマホであれば、機能をカメラ性能に絞ってきた印象です。

スペック:最新iPhone級の性能

P20 liteのCPUは、HUAWEI Kirin 970です。

【オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53) + i7 コプロセッサ】で基本性能は格段に向上しています。

基本性能を調べるAntutuのスコアでは206743点程度。iPhon8並みのスペックとなりました。

+ 他のAtutuスコアと比較

Antutuスコア参考数値(Total Score)

  1. iPhone 8Plus:217385
  2. iPhone 8:212175
  3. HUAWEI Mate 10:173003
  4. HUAWEI Honor 9:144308
  5. HUAWEI Mate 9:138858
  6. Moto Z:138050
  7. HUAWEI P10 Plus:134593
  8. ZenFone 4:111748
  9. HUAWEI P10 lite:60190
  10. arrows M04:27343
  11. ZenFone Live:26748

目安

ハイスペック:6万以上、ミドルスペック:4〜6万点、エントリーモデル:2〜4万点

4万以下はカクツキあり。ゲームをやるなら最低でも4万以上

 

追加された性能はほぼP20 liteと同じような内容が追加されています。

参考Huawei P20 liteのスペック・評価・評判まとめ

P20の注目して欲しいのはカメラ性能です。

カメラ:世界3位の性能

 

スマートフォンにおいて性能を評価したスコアを公表している機関DxOMarkにてカメラ性能は3位を獲得しました。

  • 1位:【109】Huawei P20 Pro
  • 2位:【103】HTC U12+
  • 3位:【102】Huawei P20
  • 参考:【94】Apple iPhone 8 Plus

参考DxOMark

この順位を決める要素は、カメラ撮影の性能・システム・あらゆる条件での撮影です。順位を見れば、カメラ性能の高さがわかりますよね。

その秘密は以下の通りです。

  1. 新Leicaダブルレンズカメラ
  2. 最先端のカメラセンサー
  3. AIに夜自動認識機能
  4. AI手振れ補正

新Leicaダブルレンズカメラ

ライカと共同開発したダブルレンズカメラは、色合い表現に優れたカラーセンサーと細部を捉えるモノクロセンサーを搭載しています。

レンズの明るさは、カラーF1.8、モノクロF1.6と明るいです。

最先端のカメラセンサー

画期的なワイドアパーチャレンズを通る光の流れ、1.55マイクロのピクセルサイズの大きな画像センサーに当たります。

光はセンサーに吸収され、光が多くなればなるほど、暗い場所でも、明瞭で詳細で優れた品質の写真が撮影できます。

AIによる自動認識機能

AIが19の被写体やシーンを自動で認識し、最適な明るさや絞りなど様々な設定をしてくれます。難しい知識や面倒な設定は不要。シャッターを押すだけでいい写真が撮影できます。

AI手振れ補正

AI手振れ補正によって、強力に手振れを制御!

光の多い夜景の撮影で力を発揮します。くっきりと綺麗な写真を捉えることができます。素人でもプロ並みの写真を取れるスマホと言えます。

Huawei P20は90日の無償修理サービスあり

Huawei P20は、購入日から90日間以内に発生した画面破損に対して1回のみの無償修理を提供しています。

ただし、それ以降は有料に切り替わるのでケース・ガラスは合わせて購入した方が良いです。

以前購入したhonor 8は落として画面割れを起こしていました。

購入される際は、ガラスシートとカバーを合わせて購入してくださいね。

 

Huawei P20はどこで買えるのか?

Huawei P20は各格安スマホ会社で販売します。ECサイトの場合は、キャンペーンなどでお得度が変わるので各社の販売価格をご確認ください。

 

格安スマホ会社で以下の会社が販売しています。

会社名 価格 キャンペーン
IIJmio
(一番安い)
6万2800円 Amazonギフト券8000円プレゼント
エキサイトモバイル 6万2800円
DMMモバイル 6万9800円
BIGLOBEモバイル 6万9600円
楽天モバイル 6万5400円 台数限定キャンペーンあり
LINEモバイル 6万9800円

以下の記事で徹底比較しています。安く購入したい方はこちらも合わせてご覧ください。

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.