格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

ポケモンGOを格安スマホで使うための条件とおすすめ端末

更新日:

世界中で大ヒットしているポケモンGOが7/22から配信されました。連日ニュースでリリース日が様々なところで予測されている、紹介されていると発売前から社会現象になっていますよね。

今回は、ポケモンGOを格安SIMや格安スマホで楽しむために必要なことをお伝えします。

 

ポケモンGOの対応端末とは?

海外で先行配信されている対応端末に関して以下のように記載されています。

■Pokémon GO対応環境:

対応OSバージョン:Android 4.4 - 6.0

対応端末:Android 4.4以上 RAM2GB以上搭載の端末

※Intel製 Atomプロセッサ搭載端末は非対応です。

※Pokémon GO公式サイト記載の動作環境をご確認ください。

※タブレット端末での動作は保証しておりません。

※一部端末に関しては対応OSバージョン以上でも動作しない場合があります。

(和訳済み)

iPhoneは5以降であれば可能です。

iPhoneを使うのであれば、問題なく使えるのですが、Android端末は注意が必要。ここからはAndroidについてまとめていきます。

条件1:Android 4.4以上 RAM2GB以上の端末

古い端末、低価格のスマホはダメです。

例を挙げていくと

  • FREETEL Priori3 LTE
  • HUAWEI Y6
  • Ascend G620S
  • Blade E01

 

条件2:ジャイロセンサー搭載端末でないとAR機能が使えない

AR機能(モード)とは、カメラ画面でポケモンを表示する機能で以下のような画面のことを言います。

ポケモンGOのARモード

ジャイロセンサー(ジャイロスコープ)とは、スマホがどのくらいの速さで回転しているかを測定するセンサーです。

ジャイロセンサーを搭載しているスマホでは、AR(拡張現実)で楽しむことができます。搭載されていないスマホの場合は、カメラでの映像を通した現実世界ではなく、ポケモンGOの仮想世界でのプレイとなります。

たっぷり楽しみたいならジャイロセンサー搭載の端末がよいでしょう。

ポケモンGO 対応端末まとめ(スマホ一覧)

iPhone5以上なら可能。Androidはいくつか注意が必要。

ジャイロセンサーが必須。

使える端末を一部紹介すると以下の端末です。(注:作成当時の内容なので古い端末です)

比較的低価格なのは、arrows M03、FREETEL SAMURAI REI、honor6 plusで3万前後。iPhoneSE、Huawei P9は5万以上する端末です。

FREETEL SAMURAI REIは注意が必要です。

FREETELの評判・クチコミ

ZenFoneシリーズでも対応を開始しました。

ZenFone 3、ZenFone 3 Ultra、ZenFone 2 Laser、ZenFone 2、ZenFone Selfie、ZenFone Max、ZenFone Go、ZenFone、Padfone

ポケモンGOにモバイルバッテリーは必須

ポケモンGOでは、スマホの地図画面を見ながら移動し、ポケモンを探し出して捕まえる。全地球測位システム(GPS)、カメラ、データ通信などスマホの機能をフル稼働させるため、内蔵電池の消耗が激しい。小型の充電器を持って出掛けるのが定番スタイルになっている。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072000494&g=int

海外ではモバイルバッテリーの売り切れが続出しています。

外出時(通勤、通学を含む)にポケモンGOをプレイする場合はモバイルバッテリーを購入しておきましょう。

ポケモンGOはスマホの寿命を縮める

ポケモンGOの一番の問題点だと思いますが、スマホの寿命を縮めます。

正確にはバッテリーの寿命です。

ポケモンGOはゲームアプリを開いたまま遊ぶゲームなのでバッテリーの消費が激しいです。どんな電池でも同じで、使うと寿命が縮みます。古い携帯・スマホで満タンまで充電したのにスグ切れてしまう経験はありませんか?

ポケモンGOは、他のゲームに比べてバッテリーを劣化しやすいです。

これから任天堂のゲームアプリは多々出る予定なので、ゲーム用にデータ専用SMS機能つきSIMを買っておくのもありです。

とりあえず、3GB程度あれば一定レベル遊べるので端末代入れても2,000円程度。ヘビーユーザーは普通のスマホと分けておくと良いです。

おすすめの格安SIM

高速回線が月3GB程度は上がるという情報があります。

低速でも問題ないのでしょうが、楽しく遊ぶことを考えるとあるていどの量は必要。

端末もセットに…と考えると先ほども紹介したように使える端末の条件でやや選択肢が狭まります。

iPhoneを使うのであればmineo、速度は特別速くなくても使えるはずなので、データ容量をある程度選べるDMMモバイルなどでもいいでしょう。

ポケモンGOに最適な格安スマホ一覧

ポケモンGOを楽しめる端末を一覧で紹介します。比較的画面が大きくコスパの良い端末なので気になるものがあればチェックしておきましょう。

Honor 9

HUAWEI honor9 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM, サファイアブルー)

5.15インチ、HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)、Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1、メインカメラ 1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(ダブルレンズ)、3200 mAh、メモリ4GB、容量64GB、重さ155g、指紋認証あり、ジャイロセンサーあり、DSDS対応

ハイスペックモデルでコスパ最強!

使用しているCPU・RAMはHUAWEI P10と同様のスペックでありながら価格を抑えた端末となっています。

高度な加工を施した3D曲面ガラスを採用。見た目も、性能も重視する方におすすめしたい端末です。

Zenfone Max Plus(M1)

ASUS ZenFone Max Plus M1 ZB570TL【日本版】ブラック【正規代理店品】(オクタコア/4GB/32GB/DSDS/4,130mAh) ZB570TL-BK32S4/A ZB570TL-BK32S4/A

5.7インチ、MediaTek MT6750T (オクタコアCPU)、Android™ 7.0、メインカメラ1600万画素+800万画素、4,130mAh、メモリ4GB、容量32GB、重さ160g、指紋認証、顔認証、DSDS対応

顔認証機能を使えるSIMフリー端末!

5.2インチの本体サイズに5.7インチのスクリーンを搭載しています。低価格ながら最新の機能を使いたい方におすすめ!

 

HUAWEI Mate 10

Huawei 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン ミッドナイトブルー【日本正規代理店品】

6.0インチ、HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU、Android™ 8.0 Oreo、1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(ダブルレンズ)、4000 mAh、メモリ6GB、容量128GB、重さ178g、指紋認証搭載、赤外線リモコン対応、ジャイロセンサー搭載、CA対応、DSDS対応

HUAWEIのフラッグシップモデルでLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラを搭載!

鮮やかな色彩を捉えながらも細部を再現し、ぼかし効果のある撮影やクリアな夜景の撮影ができます。

DSDS対応端末でコスパ良し!ハイエイドモデルでは最もおすすめしたい!

-コラム

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.