SIMフリースマホ

ZenFone 4のスペック・評価・評判まとめ

投稿日:

ZenFone 4は、9日23日に日本国内で発売されたASUSのスマートフォンです。前モデルZenFone 3から約1年での発売となりました。

基本性能だけでなく、画面サイズ拡大、カメラ機能向上、新機能の搭載など、前モデルから見た目、中身ともに大幅な性能向上となっています。

ZenFone 4のスペック

前作のZenFone 4と比較していきます。

ZenFone 4 ZenFone 3(ZE520KL / ZE552KL)
OS Android™ 7.1.1 Android(TM) 6.0.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 660 (オクタコアCPU) Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコア CPU)
GPU Adreno 512 Adreno 506
画面サイズ 5.5インチ 5.2インチ / 5.5インチ
解像度 1920×1080ドット 1,920×1080ドット
メモリ 6GB 3GB / 4GB
データ容量 64GB 32GB / 64GB
カメラ 前面:800万画素
背面:1200万画素(メインカメラ) + 800万画素(広角カメラ)デュアルレンズ
前面:800万画素
背面:1600万画素
バッテリー容量 3300 mAh 2650 mAh / 3000mAh
重量 165g 144g / 155g
外部SDカード microSDカード対応(最大2TB) microSDカード対応(最大2TB)
寸法 高さ約155.4mm×幅75.2mm×奥行き7.5mm 高さ約146.8mm×幅73.9mm×奥行き7.69mm / 高さ約152.59mm×幅77.38mm×奥行き7.69mm
防水/防塵 ×/× ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/× ×/×
おサイフケータイ × ×
テザリング
SIM nanoSIM×2 nanoSIM×2
カラー ムーンライトホワイト、ミッドナイトブラック サファイアブラック、パールホワイト、クリスタルゴールド / サファイアブラック、パールホワイト
その他 ・指紋センサ(前面)
・ジャイロセンサーあり
・DSDS対応
・急速充電
・NFC
・Googleドライブ100GB(1年間無料版付)
・指紋認証(背面)
・ジャイロセンサーあり
・DSDS対応

※ZenFone3は型式によって性能が異なるため、両方記載。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に関しては『DSDS(デュアルスタンバイ)対応の端末比較と使い方・契約方法まとめ』をご覧ください。

地味ですが、ZenFone 4では指紋センサーが前面に配置されています。背面がすっきりしただけでなく、端末を置いたまま起動が出来るので、使い勝手の向上となっています。

ZenFone 4の対応バンド

  • 4G(FDD-LTE):B1/2/3/5/7/8//18/19/28/
  • 4G(TD-LTE):B38/39/40/41
  • キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
  • 3G(W-CDMA):B1/2/3/5/8/6/19
  • GSM/EDGE:850MHz/900/1800/1900MHz

※キャリアアグリゲーションは、国や地域、対応エリア外では通常のLTE通信になります。

ドコモの格安SIMは使える

ドコモのバンドは1/3/19/21/28。

  • BAND1は広域に広がっているLTE周波数でメインで活用
  • BAND3は東名阪メインで高速回線用
  • BAND19はプラチナバンドとして、安定して電波がつながりやすい
  • BAND21は速度対策用の補助的な活用
  • BAND28は2015年開始でまだ普及していない

BAND1/3/19があれば問題なく利用可能です。28も徐々に増えています。

auの格安SIMは使える

auのBANDは1/11/18/26/28/41。

auのLTEメイン回線はBAND18、準メインにBAND1を使用しています。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

BANDは1/18/26/28対応でメイン、準メインの回線を掴んでいるため使えます。(ただし、VoLTE専用SIM)

ZenFone 4の評価・評判

日本でも知名度の高い「ZenFone」シリーズの最新型で、「ZenFone 3」の後継機種にあたります。

前モデルでは他社新製品に機能面で劣っている点が多々ありましたが、ZenFone 4は他社製品に見劣りしないものとなっています。

CPU/GPUなどの基本性能の向上はもちろん、カメラ性能も格段に向上。画面サイズは拡大、急速準電に対応するなど、日常の利用からカメラ、ゲームまであらゆる利用方法で活躍できます。

CPUから充電機能まで、基本性能の全てが性能アップ

CPUがSnapdragon625から660、GPUがAdreno506から512に上がっており、CPUパフォーマンスでは660の前モデルにあたる653から約20%向上しています。

これによりキャリアアグリゲーションにも対応できるようになりました。

DSDSはSDカードと排他ではあるものの、データ容量が64GBであるためある程度カバーできるくらいです。1年間ではありますがGoogleドライブが100GB仕様できるため、活用するとよいです。

近年は数多くの端末で搭載されている急速充電にも今回対応。3300mAhの大容量バッテリーが36分で約50%充電できるようになり、スマホを多用する人にはうれしい機能です。

デュアルレンズカメラの採用により様々な撮影が可能に

本機種はシリーズで初めて背面カメラにダブルレンズを採用。メインカメラは1200万画素のソニー製フラグシップイメージセンサー(IMX362)、もう一つは800万画素ではあるものの120°の広角レンズを使用しており、場所や時間に応じて最適な撮影が可能となった。

  • 通常のスマホより5倍明るく鮮明な撮影
  • 通常のカメラと比較し約2倍のワイド撮影
  • 光学式・電子式両方の手ブレ補正機能でシャープな撮影
  • proモードで一眼レフカメラと同じような設定が可能

など十分な機能が揃っています。

デザイン面も考慮されており、特有のカメラ部分のでっぱりをなくすことで、シリーズの特徴である”禅”をイメージした同心円状の背面デザインがより強調されたものとなっています。

ZenFone 4の海外版と日本版の違いについて

Amazonで購入する場合は、海外正規品の方が安いですが、いくつか注意点があります。

  • 技適マークなし
  • ATOKプリインストールなし
  • 日本でのサポートなし
  • au VoLTE利用不可(mineo・UQmobileで利用不可)

AUSU JAPANとしても、海外正規品を国内で使う場合は。自己責任としています。

平素より、弊社製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

ASUS JAPAN株式会社では、お客様に安心して弊社製品をお使い頂けるよう、
責任を持って日本国内正規品の輸入・販売・サポートしております。

並行輸入品に関しましては、製品保証・サポート対象外(※注)となります。

並行輸入品は日本国内正規品と仕様が異なり、日本国内での使用に制限がある場合があります。
また、非国内正規品のため、品質保証やサービスの提供は一切致しかねます。
ご購入に関するトラブルにつきましても、弊社では一切対応致しかねますので、ご購入の際は十分に
ご注意ください。

あらかじめご了承の程宜しくお願い申し上げます。

参考並行輸入品についてのご注意

技適に関しては2016年5月に若干緩和されましたが、東京五輪狙うサイバー攻撃対策として、技適マーク基準見直しをする方針だそうです。(2017年12月を目処に対策の方向性をまとめる予定)

このあたり変更もあり得るので、技適を通していないSIMフリー機を使っている方は、総務省の電波利用ホームページをチェックしておいてください。

参考技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

当サイトの結論としては、国内で使う場合は国内版を推奨します。

ZenFone 4はどこで購入できるのか?

格安スマホ会社 一括 分割 コメント
DMMモバイル (61,344円) (3,019円)
IIJmio (61,344円) (2,570円)
NifMo (57,600円) (2,400円)
BIGLOBEモバイル 2,322円

※税込金額
※カッコ外はセットでの購入・キャンペーン適用などの最安値の価格。カッコ内は端末のみ購入時の価格。

これからセットで購入するならBIGLOBEモバイルがおすすめです。キャンペーンに加え、初期設定も無料で行ってくれます。乗り換えを考えている方は優先的に選んでくださいね。

BIGLOBE mobile

総合満足度NO.1

動画・音楽の通信料が無料になるエンタメフリーオプションで通信制限を気にすることなくエンタメを楽しめます。

動画視聴が多い方におすすめ!

DMMモバイル

DMM mobileは月額440円〜使える格安SIMで月額料金は業界最安値価格帯!

通信品質も高く、速度も速く、バースト転送などの機能が付いています。

月の途中でプラン変更も可能!豊富なプランを揃えており、月額料金を重視する方におすすめ!

NifMo

コストパフォーマンス部門1位!

2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。

最新端末をキャッシュバックありで販売中!

アドセンス

アドセンス

-SIMフリースマホ

Copyright© かくすま , 2017 All Rights Reserved.