格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

ガラケー

ガラケーでLINEは無料で使えるの?料金や注意点を徹底解説!

更新日:

2015年の調査によるとガラケーユーザーが30%弱となり、ますます携帯電話といえばスマートフォンといった流れになってきました。

スマホユーザーが増える中、ガラケーユーザーが困るのはLINEではないでしょうか?

メールの代わりの連絡手段としてLINEを使っている人は増えているだけでなく、仕事の連絡もLINEを使っている職場も増えているそうです。

近年のガラケーではLINE利用は無料ですが、注意しなければとてつもなく高くなってしまいます。

この記事ではガラケー版のLINEを使う方法、料金や注意点をまとめます。

ガラケーのLINEが2018年3月にて提供終了

2017年12月27日にLINEの公式ブログにて、ガラケー版LINE提供の終了する記事が発表されました。

参考携帯電話版LINEのサービス終了のお知らせ

主な要因はガラケー利用者の激減の為とされています。

2017年現在、スマートフォンの全国的な普及により携帯電話版LINEの利用者数は年々減少し、2012年11月時点から5年間で94.5%減少しました。今後、スマートフォン版でのより良いサービス提供に集中するため、サービスを中止する運びとなりました。

ガラケーを使っている方はガラケー以外からLINEを使わなければならなくなりました。

ガラホならLINEは使える

ここで心配してしまうのが、今使っているガラケーでLINEは使えなくなるのという問題です。

でも、安心してください。大手キャリアを使っている人であれば、ガラケーサービスはほぼ終了しており、見た目の変わらないガラホに移行しています。

2015年以降に機種変更をしてあれば、中身がAndroidというOSを使われているガラホです。

購入した当初からガラケーにLINE機能が入っている場合はガラホなので、LINEは引き続き利用できます。

ガラケー版のLINE終了のアナウンスがあり不安になっているかもしれませんが、ガラホユーザーであればLINEは利用できます。

auで解説動画があったので40秒ほどです。気になる方はみてください。

LINEの使えるガラケーに関して

ガラケー版のLINE画面

 

2015年以降ににdocomo,au,SoftBankから販売されているガラホは、中身がスマホと同様の機能のためLINEの全ての機能が使えます。

もしそれ以前のガラケーを使っている場合は機種変更をしなければなりません。ドコモ・ソフトバンクのLINE対応しているガラケーには別途記事を用意しているので以下のページをご覧ください。

ガラケーのLINE料金に要注意!

ガラケーのLINE料金は、過去にヤフー知恵袋では驚くくらい請求されたと相談しているものがありました。

ガラケーでラインをしたら、びっくりする料金がかかりました。なんとか安くできる方法はありませんか?
(中略)ちなみに携帯は中学生が使っていて、勝手にラインを始めてしまいました。今までは通話など一切しなくメール放題で付き千円以内でした。まわりの方に聞くとラインをはじめると、面白くてとまらないから やめさせるのはきびしいねと言われてしまいましたが、パケホにすると月5千円以上かかるので ちょっと家計的にきびしいです。

(ヤフー知恵袋)

こちらはガラケー版のLINE利用者の相談ですが、ガラホでも同様の現象が起こります。

ドコモ ケータイ(spモード)専用の料金プラン「ケータイパック」利用イメージ図を見てください。

300円〜と安い料金で使えるのですが、上限値4200円に達する条件は137MB。スマホの写真1枚分くらいでオーバーしてしまいます。LINEでは画像などを圧縮して送信していますが、テキストメッセージでもスマホに比べて上限値に達しやすいです。

つまり、LINE自体は無料で使えますが、とにかくデータ通信料がかかる。通信料が高くなる

ガラケーでLINEを使ったために2,000円台だった携帯代が4,000~5,000円に跳ね上がるかもしれないのです。

ガラケーを安く使いたいなら2台持ちがおすすめ

今使っているガラケーでLINEを安くしたい!と考えているならガラケーとスマホの2台持ちをおすすめします。

『ガラケー』『ガラケー+スマホ』の2つのプランで料金を比較してみました。

ガラホ料金 2台持ち料金プラン
基本料金 743円(ホワイトプラン) 743円(ダブルシンプルバリュー) ドコモ
インターネット接続料 300円(spモード) 300円(iモード)
パケットパック 0〜4,200円(パケホーダイシンプル) 0〜4,200円(パケホーダイシンプル)
2台持ち用  - 500円(LINEモバイル基本料) 格安スマホ
合計 1,043円〜5,243円 1,543円

補足説明

1043円で使えるじゃん!と思われるかもしれませんが、パケット定額の上限はドコモ6.4MB、au190MB、ソフトバンク5.1MBとすぐに達してしまいます。LINEを使うなら月額料金は5,000円以上します。

当サイトでは2台持ちのスマホにLINEモバイルをオススメしています。

LINE MOBILE

LINE MOBILEは、LINE機能が通信量無料になるLINEフリープランと主要SNSが無料にコミュニケーションフリープランのある格安SIMです。

格安SIMで唯一LINEの年齢認証が可能!LINEでデータ残量や友達にデータプレゼントができます。SNSをメインで使う人におすすめ。

SoftBank回線に対応開始最速回線に向けたキャンペーン実施中!

2台持ちをすると料金が高くなるイメージを持ってしまいますが、データ通信のみ別の会社で使った方が安くできます。

LINEモバイルでは、月額500円のLINEフリープランでLINEのトーク・無料通話などが通信量無料で使えます。

LINEをどれだけ使っても500円です。ガラケーよりもお得なことがわかりますよね。2台目のスマホをLINE専用+ガラケーは電話専用と使い分ければ安く使えます。

1台にまとめるならY!Mobileがおすすめ

1台に全てまとめたいならY!Mobile(ワイモバイル)のガラケーがおすすめです。

プラン例

  • 機種:AQUOS ケータイ2
  • 料金プラン:スマホプランS 2GB
  • 機種代金のお支払い方法:24回払い

上記の組み合わせで2,354円〜使えます。

2GBとデータ通信料の上限があるのでこれ以上の料金は増えません。

総合的にかんがえるとY!モバイルヘ乗り換えた方がお得かもしれません。

Y!mobile(ワイモバイル)

index-2

Y!mobile(ワイモバイル)は大手キャリアと同じ通信品質と全国1,000店舗以上のショップが強み。10分以内の通話が月300回まで無料。オプションをつければ電話し放題!

ソフトバンクを含む他社からのMNP・新規契約で1年間1000円割引のワンキュッパ割を利用できます。

音声SIM契約者は最大15,000円のキャッシュバックあり!

将来的にガラケーはなくなる?

以前、2018年に向けてガラケーの生産を中止する報道がありました。

各社の動向を確認すると

  • ドコモ:ガラケーを使いつづけることに前向き
  • au:ガラケーからスマホに移行(ガラホという新しい解決策を提示)
  • ソフトバンク:ガラケーは最終的には必要ない

というスタンスで発言していました。

今後のガラケーは基本ソフト(OS)にスマホと同じアンドロイドを使い、スマホメーカーが生産を続けられるようにする。月々の料金は「スマホより安い水準にする」という。従来の通信方式のガラケーの販売は、将来的に打ち切る。

2016年7月7日の報道ニュースより

結果、ガラケーからガラホに移行しただけでした。

日本ではスマホではなくガラケーを使いたいユーザーが多いので当分なくならないかと思います。

ガラホもシンプルながらより便利に機能が向上しているのでそのまま使い続けても大丈夫でしょう。

まとめ

  • ガラケーのLINEは2015年以降に発売されたガラホなら使える
  • LINEは無料だけど通信料が高くつく
  • 安く使うには『ガラケー+スマホ(LINEモバイル)の2台持ち』 または『Y!Mobile(ワイモバイル)』

ガラケーのLINEは料金面で罠があるので用心してくださいね。

LINE MOBILE

LINE MOBILEは、LINE機能が通信量無料になるLINEフリープランと主要SNSが無料にコミュニケーションフリープランのある格安SIMです。

格安SIMで唯一LINEの年齢認証が可能!LINEでデータ残量や友達にデータプレゼントができます。SNSをメインで使う人におすすめ。

SoftBank回線に対応開始最速回線に向けたキャンペーン実施中!

ポイント

スマホ・ケータイの機種変更なら、公式オンラインショップがおすすめ!

  • 頭金不要
  • 不要なオプション加入の必要なし
  • 待ち時間なし
  • 24時間購入可能

公式サイトdocomo Online Shop

公式サイトau Online shop

公式サイトソフトバンクオンラインショップ

公式サイトワイモバイルオンラインストア

-ガラケー
-

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.