格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)の評価・口コミと他の格安SIMとの比較

更新日:

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンク株式会社と株式会社ウィルコム沖縄が2014年8月よりスタートした通信サービスです。

SoftBank系のMVNOのようなサービスで格安スマホとは、別の独自ブランドを築いています。

イメージとしては3大キャリアに続くサブブランドで、位置的には3大キャリア>Y!mobile(ワイモバイル)>他社MVNOとなっています。

以前は、型落ちスマホ、条件の悪くおすすめできませんでした。しかし、改良を重ねた結果、速度・安定性・安心感の観点でおすすめできます。他社との違いやおすすめポイントを整理していきます。

Y!mobile(ワイモバイル)の基本情報

  • 運営会社:ソフトバンク株式会社
  • 回線:SoftBank
  • 対応SIMカード:マイクロ、ナノ
  • MNP対応:可能
  • データ繰越:なし

Y!モバイルは、3代キャリアに続くキャリアで、MVNO業者と中間に位置します。

店舗数も全国展開をしており、約4000店舗(内、約1000店舗は専門ショップ)と窓口が用意されているところが特長。

格安SIMの他社の料金プランとは異なり、3大キャリアと似たような料金体制となっています。

では、細かく料金プランを見ていきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

プラン名 高速データ容量 料金
スマホSプラン 1GB
→2GB
2,980円
→1,980円
スマホMプラン 3GB
→6GB
3,980円
→2,980円
スマホLプラン 7GB
→14GB
5,980円
→4,980円

※キャンペーン適用価格

データ容量のみが変わるシンプルな料金プランとなっています。

電話料金は、すべてのプランで20円/30秒。電話し放題として10分以内の通話300回無料が付いています。

通信規制は、容量を超えた場合に128kbps。容量追加は500MBごとに500円。

大手キャリアからの乗り換えのキャンペーンなどで複雑になるので別途まとめています。

参考Y!mobile(ワイモバイル)の料金がわかりにくいので整理してみる

初期手数料と解約金

  • 初期手数料:3000円
  • 違約金:9500円

違約金の条件は、2年以内での解約となります。

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴

Y!mobile(ワイモバイル)の大きな特徴やメリットを紹介していきます。

気になる箇所をタップして読んでくださいね。

+ 10分以内の電話300回が無料

10分以内の電話が300回無料。

3代キャリアでは電話のかけ放題プランが2700円なので、短時間の電話をするならY!モバイルが断然お得です。

さらにオプションで月1,000円で【スーパーだれとでも定額】に加入すれば、通話時間、回数無制限のプランも用意されています。

他社でも10分間かけ放題をオプションで用意しているところも出てきましたが、別途電話アプリが必要です。

Y!mobile(ワイモバイル)は、アプリ経由の電話ではなく、そのまま通常の電話アプリを利用すればOKです。細かな点ですが、不要な電話アプリを使わなくても良いところがポイントです。

+ 家族割引サービス・おうち割光セット(A)

Y!Mobile(ワイモバイル)の値引きには、家族割引とおうち割光セット(A)があります。

  • 家族割引:複数回線で申し込みにをすると2台目から500円の料金割引
  • おうち割光セット(A):SoftBank光 または SoftBank Air 同時利用で最大1,000円値引き

よくY!Mobile(ワイモバイル)で宣伝している、『コミコミ1480』というのは、

「スマホプラン割」「ワンキュッパ割」「家族割引サービス or おうち割光セット(A)」適用時の値段を言います。

全て適用させると他社格安スマホよりも安いです。

+ 新規契約・MNPキャンペーンを実施

期間限定で、Docomo、auからのMNPに対して2年間のデータ容量を2倍に増やすキャンペーンを実施ています。

  • 1GB→2GB
  • 3GB→6GB
  • 7GB→14GB

DocomoやauからのMNPなら、かなりお得です。

またSIMカードのみの申し込みで最大15,000円のキャッシュバックも実施しています。

参考Y!mobile(ワイモバイル)のキャッシュバックの詳細と受け取り方法

ただ、SoftBankからの乗り換えは以前に比べれば改善したものの、まだまだ弱めです。

+ Y!mobile(ワイモバイル)独自のお得なプラン

申し込みは不要で、Yahoo! JAPANを使った独自のサービスがあります。

データ容量と交換できるマイルを貯めれるパケットマイレージについて紹介します。

マイルを貯めると翌月のランクが決定し、各ランクに応じた高速データ容量を無料で追加することができます。

ランク マイル 翌月追加データ容量
ブロンズ 80~199 0.5GB
シルバー 200~399 1GB
ゴールド 400~599 5GB
プラチナ 600~ 無制限

※79マイル以下は料金プラン通りのデータ容量。

獲得マイルに付いて

アクション 獲得マイル 条件
Yahoo! JAPANデイリーアクセス 1~7マイル 1日1回
ショッピング 1購入1マイル 最大100マイル/月
Yahoo! JAPANアプリ初回ログイン 80マイル 初回のみ
LOHACO初回購入 80マイル 初回のみ
マイルくじ 最大200マイル 条件達成で1回

Yahoo!のサービスを使う方なら毎月0.5~1GBは狙っていけます。

+ ソフトバンクWi-Fiスポットを利用可能

外出時にソフトバンクのWi-Fiスポットを無料でつかえます。主にファーストフード店やカフェ、主要駅に設置しており、国内で使えるWi-FiスポットではNO.1のスポットが存在します。

データ容量の節約にはWi-Fiは必須。

+ オプションサービスが揃っている

故障安心パックプラス:690円/月

2015年8月1日より提供開始。保証内容は以下のとおり

  • 故障保証サービス :100%値引き
  • 電話パック交換サービス :1年継続で電池パック1個プレゼント
  • 破損保証サービス :90%割引
  • データ復旧支援サービス :5,000円で対応
  • 水濡れ・全損保証サービス :修理代金5,000円
  • 盗難・紛失保証サービス :パックプライスで提供
  • セキュリティトラブル補償 :年1回、5,000円補償

ワイドサポート:500円

スマホ以外にも周辺機器のサポートを対応

  • パソコン:初期設定、操作方法、インターネット接続…
  • スマホ:操作方法、各種設定、トラブルシュート…
  • 周辺機器
  • Webサービス

ウィンドウズ、マック問わず行っているので、パソコンで困った際の相談窓口に使えます。

+ サポート体制が揃っている

キャリアほどではありませんが、格安スマホよりも圧倒的に専門店の店舗数が多いため、窓口で対応してもらえます。

スマホが壊れた際の、代替端末の貸し出しはもちろんのこと。即日開通や、APN設定などの初期設定を相談することができます。

自分でやってみたけど、やっぱり分からない。直接聞きたい人にとってはオススメでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の残念なところ

契約前に特に知っておきたいことは悪い部分かと思います。ここは徹底的に確認していきましょう。

2年縛りの自動更新タイプ

契約期間がない基本使用料は以下のようになります。

  • 「スマホベーシックプランS」:基本使用料 月額5,480円
  • 「スマホベーシックプランM」:基本使用料 月額6,480円
  • 「スマホベーシックプランL」:基本使用料 月額8,480円

 

非常に高額なので、100%2年契約タイプを選ぶことになります。

月額1980円〜なので、非常に安いのですが、2年縛りが発生する点ではデメリットとなります。

データ容量に対して厳しい

  • 低速の切り替え不可(バーストモードなし)
  • 余ったデータ容量の繰越なし

他の格安SIMの場合は、データ容量の高速通信・低速通信の切り替えが可能でデータ容量の節約が可能です。

余ったデータ容量は翌月に繰越したり、寄付したり、余った分だけ料金割引したり…と何らかのお得なサービスを適用しています。

切り替えも不可なので大手キャリアと同様の方法で高速通信を使い切ったら128Kbspという超低速が待ち受けています。

データ容量をきっちり使い切りたい!と考える方には向いていません。他社方が良いです。

参考バースト機能(転送)のあるMVNO・格安SIMを徹底比較

 

ソフトバンクからのMNPに対しては割引が適用されない。

新規契約 または、Docomo、auからのMNPで割引がされますが、同グループのSoftBankからの乗り換えは積極的ではありません。

逆にY!MobileからSoftBankへのMNPは大歓迎で常に乗り換えキャンペーンを行なっています。

以前は1年目1000円値引きする「ワンキュッパ割」もソフトバンクからのMNP利用者に対してキャンペーンを適用させていなかったです。

しかし、格安スマホ市場のシェア争いの結果?この割引に関しては適用されるようになりました。

この辺りは別途乗り換え専門記事にて記載しています。

Y!mobile(ワイモバイル)で使える端末は?

以前の販売していた端末はソフトバンクの型落ち。スペックも低めでなかなかオススメできるような端末がない状況でした。

2015年頃のY!Mobile端末の例

当時の頃に比べるとiPhoneSE・6sと型落ちであるものの、現役で使えるレベルの端末を用意したり、他社でも販売しているSIMフリー機も激安価格で販売するようになりました。

Y!Mobile(ワイモバイル)の販売する端末の一部

この点が大きく改善されたため、現在はY! Mobileをおすすめできます。

最新の機種は以下のページにて解説しています。

参考Y!mobile(ワイモバイル)のスマホでおすすめの最新機種と料金比較

ソフトバンクのiPhoneは使えるのか?

ソフトバンクの回線を使っているから、ソフトバンクのiPhoneは使えるの?このような疑問が浮かびますよね。

結論は使えません。

SoftBankのiPhoneはSoftBankのみでしか使えないようにSIMロックをかけているので通信ができません。

参考Y!mobile(ワイモバイル)とソフトバンクの違いは何?

iPhoneを使いたい場合は、SIMフリーのものでしか対応できないことになります。

しかし、面倒なことにSIMフリーのiPhoneでもいくつか注意点あります。基本的にはiPhoneSEをセットスマホとして使うことをおすすめします。

参考Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneを使う場合に知っておくべきことと利用開始までの手順

Y!mobile(ワイモバイル)の評判・口コミ

Y!モバイルの速度は大手キャリアを含めてもトップクラスの速度です。

Y!モバイル速度

また、顧客満足度も2014年〜の調査でも良い結果になっています。

2年縛りがあったとしても

  1. 料金プランがわかりやすいこと
  2. かけ放題プランがあること
  3. 混雑する平日昼でも動画をスムーズに見れる回線速度

などの理由から、2016年、2017年の格安スマホ総合満足度で1位を獲得しています。

参考格安スマホランキング、総合1位はワイモバイル(日本経済新聞)

Y!mobile(ワイモバイル)にしたほうがいい人はどんな人

Y! Mobileは他社と比較するとデメリットも目だりますが、充実したサポート体制、スピードなどの評価が高いです。

他社ではなくY! Mobileにした方が良いの人…

  • 格安スマホがよく分からないけど、安くスマホを使いたい
  • 電話し放題を使いたい
  • 通信速度にこだわりたい
  • 設定や使い方を窓口で相談をしたい
  • 大手キャリアと同じようにスマホを使いたい
  • Yahooショッピングをよく使う

どれかに該当する方はY! Mobileがおすすめです。

公式サイトY!mobileオンラインストア

大手キャリアと同じような使い方で安くしたい人向けのサービスですね。

「無料通話付き、速度も安定している、窓口がある」のは現状でもY! Mobileだけです。

他社でもサポートを行っていますが、対面で行える点ではY! Mobileが強いです。

申し込みはショップよりもオンラインショップの方がお得ですので、具体的な申し込み方法を知りたい方は次のページを参考にしてくださいね。

-Y!mobile

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.