SIM 4GB/月のプランは、どのくらいデータ通信ができるの?

4GBのデータ通信量は、どんな使い方が最適なのでしょうか。

格安SIMのプラン選びにデータ容量を決めるのは必須。

4GBのデータ通信量プランについて調べてみました。これから格安SIMに切り替える方や、格安SIMでのプラン変更をする方は参考にしてみてください。

\4GBならこれ!/

4GBプランでどのくらい使えるの?

b-Mobileでは1GBのデータ通信量の目安を紹介しています。

b-mobile1GB

参考:データ通信専用SIM 1GBプランは、どのくらいの人が使っているの?実際使えるの?

Yahoo!トップページを約4338回。300文字程度のテキストメールなら5KB、YOUTUBEは500分、地図は1398回、Skypeなどのインターネット電話は1852分使えるそうです。使える計算になります。

やや甘めに付けているので実際の使用量は以下の通りです。(4GBに直しています)

1ヶ月(4GB) 1日当たり
Web(Yahoo!トップページ) 4,500回 37回
動画(YOUTUBE 480p) 8時間 16分
地図(Googleマップ) 5,500回 186回
IP電話(スカイプ) 7,408分 246分

4GBは動画はそこまで見ないけど、ネットサーフィンをしたい人向けです。

一般的な使い方であれば3GBで足りますが、よく外でスマホを使う人であれば3GB以上を選んでおいて損はしないです。

4GBプランに適した方

  • 3GBで規制がかかってきた方
  • 5GBを使ってきた方

過去大手3キャリアで提供しているデータ容量

キャリア Docomo au SoftBank
1GB - - -
2GB 3,500円 3,500円 3,500円
3GB - 4,200円 -
5GB 5,000円 5,000円 5,000円
7GB - - -
月額料金合計 6,500円〜 6,500円〜 6,500円〜

ほとんどの会社が3GB、4GBのデータ容量を用意していませんでした。

過去のプランです

格安SIMでは、細かいデータ容量のプランを提供しており、最適なプランを提供しています。

価格差もキャリアでは1000円近く。この価格差で規制を我慢するか、料金を我慢してきたのではないでしょうか。

4GBプランを選ぶ上での注意点

格安SIMを選ぶポイントは料金プラン・速度・キャンペーンです。

格安SIM業者では、ほとんどのところでデータ繰越に対応しています。競争が激化しており、独自のキャンペーンやサービスを出してきているので料金で考えると格安SIM単体であれば大きな差はありません。

しかし、スマホと格安SIMをセットにするとキャンペーンで2〜3万は差がつきます

キャンペーンで選ぶなら楽天モバイルです。ここが一番キャンペーンを多く行っているので端末をセットで購入を考えているならこちらにしておきましょう。

月4GB以上の通信量でスマホを使うなら通信速度の安定性が大切です。

2016年7月時点

スピードランキング 業者一覧
★★★★★ UQ mobile
★★★★☆ BIGLOBE SIM
NifMo
FREETEL
★★★☆☆ OCNモバイルONE
IIJmio(IIJ系回線)
★★☆☆☆ mineo,楽天モバイル,TONE,DTI SIM
★☆☆☆☆ ぷららモバイルLTE

総合的に考えて購入するようにしましょう。

月4GB以上使える おすすめの格安SIM

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

2015年9月から日本初トリプルキャリア。利用満足度は81%。
au、Docomo、SoftBankの端末で利用可能!

iPhoneを使うなら最新のiOSの動作確認を行っているmineoがおすすめ!

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは7段階に細かく分けれた段階性プランで最適な料金にしてくれます。

格安SIM業界で最も安くシェアプランを使うことが可能!

データ通信量を無駄なく使いたい方におすすめ!

楽天モバイル

データ1GBまでは0円と驚異的なプランが登場!

  • 1GBまで:0円
  • 3GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 無制限:3,278円

低価格でスマホを使いたい方におすすめ!

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)は大手キャリアと同じ通信品質と全国1,000店舗以上のショップが強み。10分以内の通話、電話し放題がオプションで追加。

シンプルな料金で3GB、15GB、25GBの3種類から最安990円〜利用できます。

-データ通信量の目安

© 2021 かくすま