格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

データ通信量の目安

10GB/月はどのくらい通信を使えるの?選び方の注意点とは

投稿日:2015年11月18日 更新日:

10GB以上の大容量のプランであれば、動画も、大きなファイルの送受信、パソコンのテザリングなど多彩な用途での活用ができるため、Wi-Fiのないユーザーもヘビーユーザーも満足することでしょう。

しかし、通信量10GBとは具体的に何ができるのでしょうか?

10GB以上のプランをどう言った基準で選ぶのか?詳しく見ていきましょう。

10GB/月でできること

10GB/月以上のデータ通信量であれば、メール、IP電話、LINE(テキスト、スタンプのみ)であれば、ほぼ無限に使えます。

困るのはインターネット・動画・ストリーミング配信の音楽・ゲーム・SNSです。

最近の傾向としてネットは画像を多く使われていて重たいです。ヤフートップページで900KB程度。他のサイトでも500KB前後です。10GBで考えると20,000回(666回/日)は表示できます。

動画は画質によって通信量が決定します。画質ごとの表をみてください。

いくつか動画を見た平均値を出しています。

画質 画質の評価 消費量 1GBあたり
144p 120MB/h 約8時間
240p 180MB/h 約5.5時間
360p 標準 240MB/h 約4時間
480p 標準(自動選択) 420MB/h 約2時間
720p 高画質 720MB/h 約1.2時間
1080p 高画質 1260MB/h 約40分

動画視聴の途中で広告(5秒~30秒の動画)が追加されたりしているので差が出ると思いますが、目安としてはいいかと思います。

参考:格安SIMのデータ通信量の目安。動画・ゲーム・音楽・ネットなどの使用例

360p(標準)程度であれば、1日1時間程度見れます。

ゲームは、アプリダウンロード自体は100MBくらい。しかし、初回はアップデートやチュートリアルで800MB程度持って行かれる場合もあります。

ここまではモバイル通信(月の決められた通信量)でも通信ができますが、かなり通信量を消費するものばかりです。

なので、自宅のWi-Fiか公共Wi-Fi(できればセキュリティの高い)でダウンロードをしておくのがいいです。

SNSはFacebook・インスタグラムの読み込みで500KBくらい。Twitterは1ツイート100KB程度。ただし、こちらもタイムライン上の画像や動画(広告を含む)が多いので、読み込みだけで通信量を使います。

動画・ゲームはある程度制限できるけど、TwitterなどのSNSができないのは辛いですよ。

これらを総合的に見て使いすぎる傾向であればWi-Fiなどを上手く活用するのがいいです。

10GB以上のプランで気をつける点

10GB/月で何ができるか?を確認しましたが、重要なのは通信制限です。7GBの通信制限で馴染みがあると思います。10GB以上のデータ通信量でも制限はあります。

大手3社の規制条件を確認すると

  • Docomo:FOMA(3G)は300万パケットで規制
  • au:3日で3GB規制
  • SoftBank:3日で3GB規制

規制されると低速(128Kbps)とTwitterの読み込みもまともにできないレベル。

いわゆる3日で3GBの規制です。

格安SIM業者では、これがまちまちで、10GBまでは高速通信可能なところもあれば、3日で3GB規制する業者もあります。月を合計して10GBなら良いでしょうが、特定の1日だけ動画を見続けるといった場合は制限があるので注意が必要です。

10GBの格安SIMで3日間の規制をしていないのは、

  • mineo
  • BIGLOBE SIM(12GBプラン)
  • DMMモバイル、エキサイトモバイルなどのIIJmio回線

10GBの月額料金はどのくらい?

10GBの通信量を使いたい場合は大手キャリアよりも格安SIMを使ったほうがお得です。

大手3社(データ通信量のみ)

  • ドコモ:9,500円(シェアプランのみ)
  • au:8,000円
  • ソフトバンク:8,000円

10GB以上のプランのある格安SIM(データプランのみ)

全て2000円台で使えます。

10GBプランを選ぶ上での注意点

格安SIMを選ぶポイントは料金プラン・速度・キャンペーンです。

格安SIM業者では、ほとんどのところでデータ繰越に対応しています。競争が激化しており、独自のキャンペーンやサービスを出してきているので料金で考えると格安SIM単体であれば大きな差はありません。

しかし、スマホと格安SIMをセットにするとキャンペーンで2〜3万は差がつきます

キャンペーンで選ぶなら楽天モバイルです。ここが一番キャンペーンを多く行っているので端末をセットで購入を考えているならこちらにしておきましょう。

月7GB以上の通信量でスマホを使うなら通信速度の安定性が大切です。

2016年7月時点
スピードランキング 業者一覧
★★★★★ UQ mobile
★★★★☆ BIGLOBE SIM NifMo FREETEL
★★★☆☆ OCNモバイルONE IIJmio(IIJ系回線)
★★☆☆☆ mineo,楽天モバイル,TONE,DTI SIM
★☆☆☆☆ ぷららモバイルLTE

10GB以上におすすめの格安SIM

NifMo

コストパフォーマンス部門1位! 2015年の通信速度ランキングも2位でドコモ系格安SIMではNo.1。音声通話SIMは1,600円〜。 9月30日まで最大20,000円のキャッシュバック実施中!端末セット割・キャッシュバックで大幅値引き!最新端末を安く購入するならNifMoが一番!

他社と比べると高めの10GB2,800円〜。

8月31日までの申し込みで最大20,000円のキャッシュバックを実施中!大容量使うならNifMoが一番おすすめ!

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは6GB,12GBプランから、セキュリティの高いWi-Fiサービスを無料で使えます。月額650円で60分の通話が無料になる通話パック60を提供しています。 データSIMは口座振替可能。 毎月30分以上の通話、6GB以上データ量を使うひとにおすすめ!

BIGLOBE SIMは12GB 2,700円〜がおすすめ!10月2日までの申し込みで最大7,200円値引きキャンペーンを実施中!10GB以上の大容量を使うとWi-Fiなどの特典もあります。

DMM mobile

DMM mobileは月額440円〜使える格安SIMで月額料金は業界最安値価格帯! 通信品質も高く、速度も速く、バースト転送などの機能が付いています。 月の途中でプラン変更も可能!豊富なプランを揃えており、月額料金を重視する方におすすめ!

DMMモバイルは業界最安値価格帯で10GB 2,190円〜がおすすめです。

通信データも高速通信OFFで節約可能!

アドセンス

アドセンス

-データ通信量の目安

Copyright© かくすま , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.