データ通信量の目安

20GB/月はどのくらい通信を使えるの?選び方の注意点とは

投稿日:

20GB以上の大容量プランは、iPhone7発売と同時にソフトバンクがギガモンスターとして発表し、au・ドコモ。格安SIMでも展開するようになりました。

大きなファイルの送受信、パソコンのテザリングなど多彩な用途での活用ができ、Wi-Fi環境のないユーザーもヘビーユーザーも満足できます。

大手キャリアは、5GBプランに1,000円加えることで利用可能になるため、よく通信をされる方は20GBも視野に入れているかと思います。では、20GB以上のプランは具体的に何ができるのでしょうか?

実際に3ヶ月ほど20GB/月を使って見たのでレビューもかねてできることをお伝えします。

20GB/月でできること

20GB/月を使い出すと、データ容量のことを一切気にしなくなります。

インターネット・動画・ストリーミング配信の音楽・ゲーム・SNS。全て使い放題に近い感覚です。

ネットやSNSなどの消費量は気にしないと思います。問題となるのは動画鑑賞かと思います。

動画は画質によって通信量が決定します。画質ごとの表をみてください。

いくつか動画を見た平均値を出しています。

画質 画質の評価 消費量 1GBあたり
144p 120MB/h 約8時間
240p 180MB/h 約5.5時間
360p 標準 240MB/h 約4時間
480p 標準(自動選択) 420MB/h 約2時間
720p 高画質 720MB/h 約1.2時間
1080p 高画質 1260MB/h 約40分

動画視聴の途中で広告(5秒~30秒の動画)が追加されたりしているので差が出ると思いますが、目安としてはいいかと思います。

参考:格安SIMのデータ通信量の目安。動画・ゲーム・音楽・ネットなどの使用例

360p(標準)程度であれば、1日1時間程度見れます。

ゲームは、アプリダウンロード自体は100MBくらい。しかし、初回はアップデートやチュートリアルで800MB程度持って行かれる場合もあります。

ここまではモバイル通信(月の決められた通信量)でも通信ができますが、かなり通信量を消費するものばかりです。

なので、自宅のWi-Fiか公共Wi-Fi(できればセキュリティの高い)でダウンロードをしておくのがいいです。

SNSはFacebook・インスタグラムの読み込みで500KBくらい。Twitterは1ツイート100KB程度。ただし、こちらもタイムライン上の画像や動画(広告を含む)が多いので、読み込みだけで通信量を使います。

20GB以上のプランのメリットは通信制限がない

主に大手キャリアですが、20GB/月以上のプランだと3日で3GBの通信制限がなくなります。

過去の10GBプランまでだと、この通信制限がありました。

外出中に1日2時間程度YOUTUBEを見ていましたが、極端に遅くなることなく使えました。

20GB/月の具体的な使い方を紹介

では、私が実際に使っていた内容を紹介すると

  • YOUTUBE:2時間
  • テザリングをしてPCでネット:2時間
  • Apple Music:3時間
  • SNS:1時間

ついつい外出先で使いすぎると月末近くに通信制限になりましたが、本当に快適でした。

音楽を聴くにしてもライブ音源はApple Musicにはないので、YOUTUBEで鑑賞するという方法も気にせずできました。アプリダンロード、Kindleのダウンロードも外出先でできますし、すぐに欲しいと思えば我慢しなくても良い点が良かったです。

20GBの月額料金はどのくらい?

20GBの通信量は、大手キャリアで6000円程度。30GBで8000円程度です。

基本料金を全て含めると9,000円〜です。大手キャリアの場合は光回線とセットで最大2,000円の割引が受けれるので、かけ放題+20GB/月なら7000円〜。

大手キャリアであれば定額5GBに加入するよりも光回線の割引を含めて大容量プランを使った方がメリットがあります。

参考ソフトバンク光のおうち割で携帯料金は安くなるの?条件や注意点まとめ

 

格安SIMの場合は20GBプランで3980円〜4500円くらいが相場です。

20GBプランを選ぶ上での注意点

20GBプランの格安SIMを選ぶ前に確認して起きたいことは用途です。

格安SIMの料金プランに関しては、20GBであれば4,000円程度と横並びです。料金で選ぶならどこにしても変わりません。

しかし、本当に重要なのは用途なのです。

格安SIMでは、特定のアプリ利用時に高速通信データを消費しないカウントフリーという機能が存在します。

参考カウントフリー機能のある格安SIM比較

これを使えば極端な例だと3GBあっても高速データ通信を使い切ることがなくなってしまいます。

なので、料金で見るよりも用途で見た方がお得ということになります。

高速通信で動画・テザリングが目的ならWiMAX

高速通信で動画鑑賞やテザリングでPC・タブレットを使いたいなら、WIMAXとの組み合わせが最も良いです。

一例として業界最安値のDMMモバイルで比較して見ましょう。

WIMAX
+DMM Mobile
DMM Mobile
音声通話あり 1,140円
(0GB)
4,680円
(20GB)
WIMAX 3,411円
(使い放題)
-
月額料金 4,551円 4,680円

通信品質で比較してもWIMAX+格安SIMの組み合わせが最強なので低価格かつ高速通信を求めている方はこの組み合わせにて契約をして見てください。

BroadWiMAX

  • 最大3ヶ月:2,726円
  • 3ヶ月以降:3,411円
  • 契約更新:2年
  • 初期費用18.857円が無料

20GB以上におすすめの格安SIM

20GB/月のプランのある格安SIMを紹介します。

DMMモバイル

DMM mobileは月額440円〜使える格安SIMで月額料金は業界最安値価格帯!

通信品質も高く、速度も速く、バースト転送などの機能が付いています。

月の途中でプラン変更も可能!豊富なプランを揃えており、月額料金を重視する方におすすめ!

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは10段階以上に細かく分けれた段階性プランで最適な料金にしてくれます。

格安SIM業界で最も安くシェアプランを使うことが可能!

データ通信量を無駄なく使いたい方におすすめ!

楽天モバイル

セット端末の販売数NO.1!
音声通話付きプランは1,600円〜。どのプランも初月無料、格安スマホのスタートを低コスト実現
端末の支払いに楽天ポイントが使えます。今後、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるように準備中!

音声通話付きで使うなら当サイトオススメNO.1の楽天モバイル!

アドセンス

アドセンス

-データ通信量の目安

Copyright© かくすま , 2018 All Rights Reserved.