格安スマホ・格安SIM比較サイト【MVNOを使ってスマホ代を節約】選び方や評判をわかりやすく解説!

かくすま

mineo

ソフトバンクからmineoへのMNP(乗り換え)の手順・ポイントと注意点

更新日:

ソフトバンクからmineo(マイネオ)へMNP(乗り換え)する方法や注意点を解説していきます。

docomoからmineo(マイネオ)にMNPの大まかな流れは

  1. ソフトバンクからMNP予約番号をもらう
  2. mineoへ申し込む
  3. mineoのMNP転出手続きを行う
  4. 初期設定を行う

mineoでは、ドコモの端末に対応しており、自宅でMNP転入手続きが可能。

簡単に見えますが、各項目でポイントや注意点がありますので、これからのmineoへの切り替えで失敗しないように読んでください。

ソフトバンクから乗り換える場合はSIMフリー化をしよう

ソフトバンクから販売されているスマートフォンは、通常mineo(マイネオ)では利用できません。SIMロックと言ってソフトバンクのSIMカードでしか使えないように端末側にロックがかけられています。

しかし、2015年5月以降に発売された端末であれば、SIMロック解除が可能になり、mineo(マイネオ)でも利用できるようになります。

ソフトバンクのSIMフリー化の条件

  • 2015年5月以降に販売された端末である
  • 契約から180日以上経過している(今後の経過によっては90日に短縮します)

2つの条件がOKなら、SIMロックを解除できます。

iPhoneシリーズでは、iPhone7,iPhoneSE,iPhone6sがSIMロック解除可能です。

ソフトバンクのSIMロック解除の方法と注意点

SIMロック解除は、

  • ソフトバンクショップ:3,000円必要
  • MY SoftBank:無料

の2通り。

基本的にMY SoftBankで申し込みを行えばいいです。

MY SoftBankにログイン

MY SoftBankのホーム画面>契約・オプション管理>その他のお手続き【SIMロック解除対象機種の手続き(リンク先になっています)】にアクセスする。

下の方にスクロールして製造番号(IMEI番号)を入力。

製造番号(IMEI番号)は、

  • iPhone:設定>一般>情報から「IMEI」が見れます
  • Android:設定>端末情報から「IMEI」が見れます

製造番号(IMEI番号)と機種名を確認し、「解除キーを発行する」を選択し、SIMロック解除が完了となります。(Androidの場合はSIMロック解除キーをメモに控えてください。

その後のSIMロック解除の手順は

  1. 電源を切りSoftBankのSIMカードを抜く
  2. SoftBank以外のSIMカードを挿入し電源を入れる
  3. iPhoneの場合はここで完了
  4. (Androidのみ)SIMロック解除キーを入力し完了

というわけで、SIMロック解除には他社のSIMカードが必要です。

なので、mineoへMNP(乗り換え)する際の、SoftBankのSIMロック解除手順は以下の通りです。

  1. SIMロック解除可能か確認する
  2. mineoに申し込む
  3. mineoのSIMカードが届く
  4. MY SoftBankでSIMロック解除の手続きをする
  5. mineoのSIMカードを入れて、SIMロック解除を完了させる
  6. mineoのMNP転入切り替え設定を行う
  7. 自動的にSoftBank解約

SoftBankの解約は、mineoのMNP転入切り替え手続きを行ったタイミングです。

SIMロック解除を行う際はこの点に注意しておきましょう。

SoftBankのmnp予約番号を取得する

mineoへのMNP(乗り換え)は事前にソフトバンクからMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号をもらう方法は3通り

  1. ソフトバンクショップに行く
    受付時間を確認してからソフトバンクショップに行きましょう。本人確認があるので必ず契約者本人が身分証明書を持っていくのを忘れないようにしましょう。
  2. 電話をする場合(←おすすめの方法)
    ソフトバンク携帯電話からは*5533
    一般電話からは、 0800-100-5533
    受付時間は9;00~20:00で行っています。
  3. パソコンから
    My SoftBankからの申し込み。
    ただし、iPhone、スマートフォン、AQUOSケータイでは申し込みができません。
    (このあたりが悪質に感じますけどね…。)

MNP前に確認したい注意点

MNP予約番号の有効期限はもらってから15日間。15日を過ぎると無効になります。

格安SIMへのMNP(乗り換え)は有効期限が7日〜10日前でないと受け付けてもらえないので、できるだけ早く手続きをしましょう。

MNPでの解約日はSIMの切り替えの日になります。更新月の方は計画的に手続きをしましょう。

格安SIMヘMNP(乗り換え)に必要な費用

ソフトバンク 格安SIM
転出費用 3,000円 事務手数料(SIM代) 3,000円
違約金(更新月は不要) 9,500円 端末代 (一括 or 分割) 必要な方のみ
月賦支払い途中の端末代 必要な方のみ

ソフトバンクポイントは解約後に失効。

ソフトバンクポイントは解約後に、失効してしまいます。

ポイントは、通信料にも利用可能(1ポイント=1円)なので解約前に「MY SoftBank」から申請をしておきましょう。

ソフトバンクポイント

また、大量にポイントがある場合は、YAHOO JAPANのIDと連携してTカードに貯めることができます。すぐに使いたくない場合は、Tカードにポイントを移行しておきましょう。

ソフトバンク(Tポイント提携先でポイントを貯める・使う)

電話でMNP予約をするとY!mobile(ワイモバイル)をおすすめされる

電話でMNP予約番号を予約すると、どちらに乗り換えをしますか?と決まれます。ここでどこの会社を答えても格安SIMならY!mobile(ワイモバイル)をおすすめされます。

伝えられた内容は以下の通り

電話・ネット・スマホ料金が含まれて月々1,980円で利用できます。

2年目に2,980円になることや、端末が限られていること、iPhone7などの最新端末を持ちこみ利用できないことは教えてもらえません。いいところだけ紹介されるので「いらない」ですと答えておきましょう。

注意!

ソフトバンクの端末はY!mobileでは使えません

mineoで契約手続きを行う

次にmineoに契約を申し込みます。

MNP予約番号の有効期限は15日に対して、mineo(マイネオ)へのMNP(乗り換え)は、有効期限が10日以上残っていることが条件となっています。

そのため、予約番号取得と同時にmineo(マイネオ)への申し込みが必要となります。

公式サイトにアクセスします:mineo

Webでカンタン申し込みをクリックします。

mineo(マイネオ)の契約方法

mineo(マイネオ)の公式サイトの申し込み内容を沿って入力を進めていけば終わりなので10分程度で完了します。

どのプランにすればいいかわからない方は、おすすめの申し込み内容・プランを参考にしてくださいね。

mineoのおすすめプラン

  • プランを選ぶ:Dプラン
  • タイプを選ぶ:デュアルタイプ(データ通信+音声通話)
  • コースを選ぶ:3GB
  • 端末購入有無:SIMカード + 端末
  • 端末:ZenFone 3 (au/docomoに対応しているため)

通話定額30/60は申し込まないでOKです。

SIMロック解除できる端末を持っている場合はそのまま契約を進めていきましょう。

申し込み方法を具体的に進めていくと長くなるので割愛させていただきます。

あとは、SIMカードが届いたらMNP転入手続きを行うだけです。

mineoへのMNPまとめ

ここまでの内容でmineoのMNP申し込みは完了します。

後は、mineo(マイネオ)のSIMカードと(申し込みをした方のみ)セット端末が届いたら初期設定をすればOKです。

初期設定・MNP転入設定に関しては説明書が同封されているのでそちらを参考してくださいね。

すでに50万件以上の契約者のmineo(マイネオ)では多くの方が大手キャリアからの切り替えを済ませています

SoftBankの電話番号はそのままで、料金を安くできるmineo(マイネオ)を始めましょう!

mineo

mineo

-mineo

Copyright© かくすま , 2017 AllRights Reserved.